FC2ブログ
2007・02
<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ 03 >>
2007/02/07 (Wed) のぼれ・私。

人生には、「良いこと・プラスなこと・幸福なこと」と「悪いこと・マイナスなこと・不幸なこと」、どちらが多くあるのだろう。

何だか今日は、自分にとってマイナスに感じてしまうことがいくつか重なって起こって、私にしては珍しく、今、ちょっと機嫌が悪い状態から立ち直れないでいる。
そんな時は、「人生には悪いことの方が多いのではないか」と思ってしまったりする。

でも、そんな状況にとどまっていたくはないし、私もいつまでもお子ちゃまなままでは困るので、乗り越えようとさっきから心の中でさまざまに考えている。
気持ちは、考える方向にしたがって、絶え間なく刻々と変化している。
ちょっとした嫌なことを、こんなに強く感じるというのはむしろ、日々恵まれて幸福に生きられているからかもしれない。
そう、今日も、良いこともたくさんあったのだ。

怒り・・・落ち込み・・・不当で不条理だという感じ・・・。
そんな中にいつまでもいたくない。
精神的な向上心を持って、乗り越えられる私でいたい。
(本当は、もっと、「マイナスを感じて怒ったり落ち込んだりしている自分」をありのままで肯定しても良いのかもしれない。それができないのはむしろ、無理して気持ちをねじ曲げて強引にプラスにしようとしているのかなぁ・・・。でもしかたない、それが私だから。)

さて。
聖書の言う「主の山に備えあり」、を信じて、枕元にたまたまあった本を開いてみるとこうあった。

「あなたは、人生は複雑だと思いますか?
この世界は不公平だと感じていますか?

あなたは利己的な競争社会に身を置いて、苦い経験をしてきたかもしれません。
すでに、今の現実にうんざりしているかもしれません。
でも、その経験は、より良い世界を知るために必要だったのです。

現実の中で経験する厳しさや痛みは、成長するための通過点に過ぎません。
人生の苦しい経験は、最終的に、知識の果実をより豊かに実らせることになります。
自分の中に宿る魂と協調するように、意識を持つ自分自身をコントロールし、調整していくことが、魂が求める自分自身の運命を生きることになります。
それが、この世に生を受け、人生を創り続ける者の使命です。

人の本質である「魂」(心)を表すのは、人格です。
人生は、その人格を表して、創られていくものです。
そして幸せは、魂(心)としての存在、人格を高めていくことで築いていけるものなのです。
高い山に登った人に、低い谷間で起こる出来事の騒々しさは届きません。
山から見下ろす眼下に、雲は雨を降らせ、雷を転がし、稲妻をとどろかせます。
しかし、立ちこめる霧も、荒れ狂うハリケーンも、穏やかな場所に立つ人をとらえることはできません。
太陽が輝く穏やかな場所には、何の被害も及びません。」
(イギリスの哲学者、ジェームズ・アレン(1864~1912)著の『人生はすべてのことに意味がある』より)
ジェームズ・アレンとは?
http://www.adamski.jp/philosophy/stardust/mrallen.html
ジェームズ・アレン ネット
http://james-allen.kotono8.com/

ふう・・・・。
本日の写経(?)終わり。

何だかスッキリ・・・したような・・・・。(苦笑)

まあ、つまり、とにかく、自分を成長させて、人格を高めていくことで穏やかな境地にいける・・・、ということ・・・ですね。

いかなる時も、真善美という山の頂上へ続く道を、グングンのぼっていくしかない。
がんばれ私。

スポンサーサイト




カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード