FC2ブログ
2007・02
<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ 03 >>
2007/02/19 (Mon) 世界頂点のダンサー

★世界最高峰のダンサーを見てきました!

2911.jpg
世界ラテンチャンピオン、ブライアン・ワトソン&カルメン

「第五回ワールドダンスフェスティバル」
●2007年2月12日(月・祝日)
●於:日本武道館
●ゲストダンサー
・世界ラテンチャンピオン 
「ブライアン・ワトソン&カルメン組」
・全英スタンダードチャンピオン
 「ティモシー・ホーソン&ジョアン・ボルトン組」
・ロンドンインターラテンチャンピオン
「マイケル・マリトゥスキー&ジョアンナ・ルーニス組」 


さて。
もう一週間も経ってしまいましたが、すごいダンサーを見た感想を、忘れないうちに書いておきたいと思います。
普段から何かとお世話になりまくっているダンス用品の最大手・「チャコット」さん。
*チャコット HP http://www.chacott-jp.com/j/index.html
そのチャコットさんのご招待で、先週の月曜日、武道館で上記のフェスティバルを見せて頂きました。
メンバーは、我らが真由美先生&ヒロ君先生、舞踊団のKMちゃんに、346、そして私・marの5人。
5人とも、上に名前を書いた世界チャンピオンたちの踊りに、身を乗り出して釘付け!!

すごい・・・・!!
すごすぎる・・・・・・!!

「身体が動くとは、こういうことなのか!」
と、目から鱗が落ちるような超人的な身体のキレを見せてもらいました。
水揚げされたばかりの活きのいい魚が、ピチピチピチピチッッッッッッ!!!!!と、跳ねまくっているような・・・・生命力のかたまりのようなダンス。
自分がフラメンコをやっているせいかもしれないけれど、やっぱり、ラテンが面白いと思いました。
濃厚な表現力と、身体のうねりやキレ、世界のトップとはこのような素晴らしいものなのか・・・と、もう息を付くのも忘れて見入ってしまいました。
音の動くがままに、自由自在に動く身体・・・。
パソ・ドブレには、「オイオイ・・・・(´ー`;)。」とつっこみを入れたくなるような、インチキ・フラメンコ的な動きも入っていましたが、でも、ダンサーのレベルの高さにはもう、尊敬の念を抱くばかり。

我が師ヒロ君先生も、
「素晴らしいダンサーだね。ちゃんとアルテだね~!感動すると正直言って思ってなかったけれど、これには感動するね!!」
と絶賛。
さらに、346に向かい、
「君への師匠としての最後のアドバイスだ。フラメンコを今日限りやめて、こっちへ転向しろ~~~!!」
と、おっしゃって、みんな大爆笑。
・・・というわけで、346はこれからはラテンキングへの道を歩むことに決定♪
私も、
「・・・3ちゃん、ピッタ
リだよ!頂点目指して頑張ってね!舞台見に行くよ~。」
と、温かい応援コメント。(笑)
さらにヒロ君先生は、
「早くあの踊りを真似したくってしょうがない!・・・けど・・・ここではできない。」
と、会場をあとにする日本中から集まった社交ダンスファンを見渡しながらもどかしそう。(笑)

そんなこんなで、みんなで世界最高峰のダンサーの踊りを見たという幸福な気持ちで、楽しく笑いながら帰路についたのでした・・・。

短い期間に立て続けに見た劇団四季の「キャッツ」にしても、映画「シカゴ」にしても、このラテンチャンピオンの踊りにしても、何か共通なものを感じました。
・・・それは、「超一流のダンサーによる踊り」ということだけではなく・・・何だろう。考えているけれど言葉になりません。
素晴らしい踊りを短期間にたくさん見る機会に偶然に恵まれたことに、不思議な縁を感じています。
これは、何か、アルテ(芸術)の神からの私へのメッセージ?な~んて思っちゃう。

さぁ、素晴らしい踊りを見たことを、その素晴らしさがうまく言葉にならなくても自分の血肉にして、言葉よりも雄弁に踊っていこう。
より濃厚に、そして熱く、見る人の心に届く踊りを踊っていけるように、踊るための身体を造っていきたい。
肉体が語る、その言葉が見る者に届く・・・そこに感動があるのでしょうね。
「私も、もっともっと頑張ろう」と素直に前向きに、感じることのできた時間でした。

チャコットの、ダンディなK社長、ジェントルマンN部長、笑顔の素敵なかけいさん、素敵な踊りを見せて頂いて、本当にありがとうございました!!
影響されたヒロ君先生が「曽根崎」はじめ、これからの私たちの舞台にチャンピオンたちの踊りを見て感じたことを取り入れちゃうかもしれませんよ~。
(あり得るから笑っていられない・・・。いえ、でもそれが楽しいのです!)

スポンサーサイト




2007/02/19 (Mon) 映画「ウォーク・ザ・ライン」

映画「「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」
★★★☆☆

waloktheline3.jpg

☆以下の「作品について」はこちらより引用
http://www.amazon.co.jp/b/ref=gw_br_dvd/503-2585183-7243143?%5Fencoding=UTF8&node=561958

<キャスト&スタッフ>
・ジョニー・キャッシュ…ホアキン・フェニックス
・ジューン・カーター…リーズ・ウィザースプーン

監督・脚本:ジェームズ・マンゴールド

Amazon.co.jp
   アメリカではカリスマ的人気を誇ったカントリー歌手、ジョニー・キャッシュの生涯を描く。一応、「カントリー」とジャンル分けされているが、彼の歌の本質は「反逆」。あくまでもロックの精神だ。演じるホアキン・フェニックスは、本人を彷彿とさせるパワフルな歌唱力で観る者をグイグイと引っ張っていく。同じ歌手で、ジョニーの愛したジューン役、リーズ・ウィザースプーンも同様に、見事なボーカルを披露。ふたりの共演ステージなど、とにかくライブシーンがすばらしい。ジョニーは2003年に亡くなったが、ホアキンが演じることは快諾していたという。
   ミュージシャンの伝記ではあるが、作品の本質は純愛ストーリー。妻子がいるジョニーが、ジューンへの愛をひたすら育む十数年が描かれるのだ。離婚の傷を引きずり、なかなか愛に応じられないジューン。ふたりの愛は、手に入らないからこそ宝石のように輝いていく。ドラッグに溺れ、慰問した刑務所でのライブが話題になるなど、波風の多いジョニーの人生だが、ひとつの愛を貫いた姿に十分共感できる。(斉藤博昭)

<ポイント>
●2006年ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品賞・主演男優賞・主演女優賞の主要3部門受賞!
●本年度アカデミー賞主演女優賞受賞!
●1950年代にプレスリーらと共にロカビリーの黄金時代を築き上げた伝説のシンガー、ジョニー・キャッシュの真実を描く。
●運命の女性ジューン・カーターとのドラマチックな愛の軌跡と、挫折からの奇跡のカムバックを描いた感動のドラマ。
●劇中のジョニーとジューンの歌のシーンはすべて、主演二人による吹き替えなしの迫真の演技。

☆とても簡単な感想

 すごく評価された映画のようだけれど、私にとっては、あまり・・・面白くなかったし、長く感じた。
それは、モデルとなった「ジョニー・キャッシュ」に思い入れがなかったから、という理由だけではないように感じる。子供時代は生き生きと描かれていたのだけれど、大人になってドラッグ中毒になってからウダウダ・・・が長すぎたように思う。

 ヒロイン役を演じたリーズ・ウィザースプーンは、この映画で演技派女優への道を歩みだしたのかもしれないけれど、私にとってはむしろ、B級ラブコメディー映画の「キューティ・ブロンド」(
http://www.foxjapan.com/movies/cutieblonde/)でエルちゃんをやっていたときのほうが何倍もよかった。活き活きとかわいくて魅力的で・・・。(この映画「キューティ・ブロンド」は侮る泣かれ!最高にハッピーな気持ちになれる、ばかばかしいけどすばらしい映画です!)


2007/02/19 (Mon) 映画「シカゴ」

映画「シカゴ」 2002年 アメリカ ★★★☆☆ 

cicago.jpg

★この作品について

監督:ロブ・マーシャル
出演:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア

ボブ・フォッシーのブロードウェイの名作ミュージカルを豪華キャストで映画化。
第75回アカデミー賞で最優秀作品賞ほか6部門を受賞。
スキャンダルを逆手に取りショーダンサーとして人気を得る二人の女性と、その運命を握る敏腕弁護士の、愛と欲望が華麗に交錯する物語。


★とっても簡単な感想

これぞ、ミュージカル!!
これぞ、エンターテイメント!!
ブラボー、ブラボー!!!!
と、文句なしに手放しで言いたくなる映画。

・・・すごく楽しい、歌も踊りも一流!展開も早く、すごくよくできている、面白い!!
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、すごく華があってスタイルが良くて、歌も踊りも抜群、顔も私の好みだし、これは本物のスターだなぁ・・・!!
そして、レニー・ゼルウィガー!私の「ブリジット・ジョーンズ」が実はこんなにほっそりしているなんて!そして、こんなに歌や踊りができるなんて!という楽しい驚き。
ハリソン・フォードのタップもなかなかのもの、敏腕な弁護士役を熱演している。
本当に「映画って、ミュージカルって、楽しい!」と心から思わせてくれる映画。

・・・でも、深く感動はしない。
(そういうことを目的とした映画ではないのだからそれで良いのだろう。)
これは、ストーリーの内容に対する私の好みだから仕方がない。
「生涯の一本」にはなり得ない映画だけれど、でも、人に楽しい時間を確実に与えてくれる、という意味では本当に、良くできた素晴らしい映画だと思う。

この映画を見たのは二度目。一度目は映画館の大きなスクリーンで、だった。
すごく迫力があって、これぞ、アメリカの「ザ・エンターテイメント!」だと思った。
舞台で生でこれを見てみたいなぁ・・・と思った。

239900view007.jpg 
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
女優として神に選ばれた美しい人。
セクシーでかっこよくて、すごく素敵!


カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード