FC2ブログ
2007・03
<< 02 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 04 >>
2007/03/26 (Mon) 1111ライブ

*2007年3月24日(土)19:00~、21:00~
*1111(ノヴェンバー・イレブンス)にて。

土曜日の赤坂、1111にてライブを行いました。
始めての完全入れ替え制ということで心配したのです・・・。が、そんな危惧もどこへやら、Ⅰ部もⅡ部もたくさんのお客さんが見て下さって、客席からの熱気を身近に感じながら踊ることができました。本当にありがとうございました。
踊り終えた今、「楽しかったぁ…」という言葉が心の底からじわりと湧き上がってきます。
やはり、一週間前(たった一週間!?もうはるか昔のよう・・・。)の発表会の大舞台で踊ったときとは、舞台の大きさも、客席の近さも、ミュージシャンもすべて違っていて、まったく違う新鮮な緊張感を持って臨むことができました。
今まではオープニングや曲間やフィナーレにちょっと歌って踊って盛り上がって・・・というようなことをしていましたが、今回は「とにかくお互いに充実した一曲ずつをしっかり踊ろう。」と話し合い、一切そのような華やかなことをせずに、重いヌメロ(曲種)のみを、ずっしり並べてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<プログラム>
1、シギリージャ・イ・マルティネーテ(KT、346、mar)
 なんでこんな不思議な取り合わせの三人組でのミニ群舞になったか・・・というと、本当は出演する五人全員で踊るつもりだったのですが、この三人以外は練習時間が落ち着いてとれない、と、単にそのような理由なんです。でも、もう、この三人で踊る、ということはないかもしれないので、楽しかったし良い経験になりました。でも、あのせま~い舞台で三人で完全に一曲踊るのは日々一緒に踊っていたから何とかできたことで、ふつうは無理でしょうね・・・(笑)。

2、ソレア(JJ)
 心の友JJは、様々な事情で今回は出演できないかもしれないというギリギリで、一緒に出られることになり、私は本当~~~~に嬉しかったです。パワフルで、どっしりとしたJJの踊り、爆弾のよう、機関車のよう、野性味があり力強くて色っぽい。見ているとあまりの足の見事な動きっぷりに、うらやましさを越えて思わず笑顔になってしまいます。私と同じ曲を踊ってもこれほど違う魅力的な個性。ずっと一緒に頑張ってきた大切なJJと、こうしてまた一緒の舞台に立てたことが嬉しかった・・・。

3、ティエント(AZ)
 かわいいAZの、「けなげな踊り」(これは、うちのスタジオの仲間コンコンがおっしゃって下さった言葉。まさにその通りだなぁっておもって・・・。)を見ていると、愛おしくなります。踊るたびに良くなっていくので、「これからも、しばらくこのティエントを踊り込んでいったらいいよ。すごく良い振りだし・・・。」と話すと、ちょうど本人もそうしようと思っていたとのこと。忙しい仕事と踊りの狭間で辛いときも多いだろうけれど、これからもぜひ一緒に踊っていきたい、かわいいAZです。

4、ソレア(mar)
 今回、ギターを弾いてくれた「御大・T師匠」の提案で、私はギターとカンテサリーダのあと、完全に音のない無音の中をゆ~・・・・・っくり歩いて、舞台まで出ていくことになりました。たったそれだけのことがすごく大きな挑戦となりました。それこそ何というか・・・能舞台で幕が開き、橋掛かりを渡って舞台に出ていくような・・・。一歩ずつに全神経を研ぎ澄ませて集中してぐぅっっと、水のように重い空気の揺れを静かにかき分けてゆくような意識。そしてだまってただ舞台に立つ。
・・・踊りが始まれば、あとは、見ていただいたとおり・・・・語りすぎるのは止しましょう。
今の自分の精一杯・・・でした。
また踊る機会を与えてもらえたことに心から感謝です。また踊りたい・・・♪

5、カーニャ(KT、346)
 このナイスカップル(死語?)のパレハを、私たちは、別名「徒競走パレハ」と呼んでいました。同じ方向目指してまっしぐらの全力疾走、良い意味でお互いがお互いを刺激しあって、「負けるものか!!」と鼻息荒く踊っている。ほんと、いいカップルです。 なぜか見ていると、二人の日常の関係性がかいま見られて笑ってしまう・・・。御大・Tさんのギターの、出だしの部分の「ジャッ・ジャッ・ジャッ・ジャッ・ジャ~♪」という部分や途中の高い転がるような音での「ティロリロ・ティロリロ・リンロンロ~ン♪」(分かりづらいですね、スミマセン・・・。)っていう部分が、本当に本当に素晴らしくて、「そういうの弾いて下さい!!」といった346もお手柄でした。

6、フィン・デ・フィエスタ
 まずは温かい拍手につつまれてご挨拶。そのあと、346がメンバー紹介。
「今までは、ハイテンション・フラメンコと銘打ってやってきたこのライブ、今回は重くて暗くてスミマセン(笑)!ヘビー・フラメンコのゆうべでした。」
(でも、あとで「やっぱり充分に、ハイテンション・フラメンコだったよ!」と、キリコさんが言ってくれて・・・(´ー`;)ハッハ。いつも熱苦しい私たち。)
そして、楽しいブレリアのひととき。温かいお客さん、素晴らしいミュージシャン(御大Tさん、モレナ西さん)、熱いパルマとハレオで踊っているあいだ私たちを支え励まし続けてくれたクヘイジ、一緒に踊ったメンバー、・・・いい仲間がいるという幸福感の中で舞台を終えることができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<舞台を終えて・・・>

見てくれたみなさん、本当にありがとう!!

スタジオの仲間たちの笑顔、嬉しかったです。みんな、発表会から一週間だというのに、わざわざ足を運んでくれて本当にありがとう。ミセス軍団の麗しいみなさまの粋なハレオには励まされました。コメント送って下さったコンコン。舞踊団の敬愛するKMちゃん、心の友SKちゃん、そして、大好きなトモちゃんも!!名前を挙げきれないくらい大勢の仲間の親しい顔・顔・顔に囲まれて、嬉しかったです。
尊敬する「目利き・はらりん」も忙しい中来てくださいました。
私がまだヘタッピな頃から、ず~っと応援し続けてくださっているI先生、S先生たち。
かわいいお花を届けて下さった素敵なyoshikoさん、この場を通じて知り合えたまだ見ぬ素敵な方々。
阿木さん・宇崎さん、橋爪さん、ふくちゃん、かわいいなべちゃん(ドア係と美味しいチョコをありがとう!)、伊達男アサノさんはじめノヴェンバーのみなさん、ありがとうございました。
そして空、ありがとう!!
・・・あの場に来てくれて、温かい心で舞台を見つめてくれた人すべてに、感謝です。

これにて私の、「曽根崎in堺」「発表会」「1111」と続いた怒濤の3月舞台ラッシュが一段落。
堺で「曽根崎」を公演したのは、はるか、はるか昔のよう・・・・・・・。
充実した濃密な時間が流れていて、忙しかったけれど幸せでした。
今月立て続けに舞台に立たせてもらうことで味わった、様々な思いや経験が、私をまた少し成長させてくれました。(・・・と信じたい。)
心の中で、「どんな時間を過ごしたのか、何を得たのか。」を考察し、総括し、理解するまでには、まだ少しかかるかなぁ・・・かかるだろうなぁ・・・。
でも、なんだか、心に色んな種を、たくさん蒔くことのできた日々でした。
この種の中から、今後どんな芽が出てどんな花を咲かせてくれうるのかを楽しみに、これからのんびり水をやり陽を照らすような日々を過ごしていこうと思います。

とりあえずの予定は・・・、整体、髪を切る、部屋片づけ、コンタクト新調、からスタート。
そして、心の春休み中にやりたいことは、本を読む、映画を見る、音楽を聴く、桜の写真を撮る、美術館に行く、バレエに行く・・・できたら小さな旅をする、です♪
ウキウキウキ・・・♪♪

Σ(・ロ・ノ)丿・・・・!!
フラメンコの練習は・・・!?




・・・しますよ、もちろん(´ー`)ハッハ!

スポンサーサイト




カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード