FC2ブログ
2007・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
2007/05/10 (Thu) リラと富弘さんの言葉

20070509234603.jpg
「ライラック(リラの花)」
英名:ライラック 仏名:リラ 和名:紫丁香花(むらさきはしどい)
モクセイ科の落葉低木。ヨーロッパ原産。寒冷な風土によく育ち、芳香を放つ。


 20070509234921.jpg

「美しさに感動できる心さえあれば、
私にも絵が描けるのではないかと思った。」
(星野富弘)

写真を撮るときに、
最近よく心に思い出すのは、星野富弘さんのこの言葉。
「美しさに感動できる心さえあれば・・・」
この言葉を思うとき、
技術はなくとも写真を撮りたくてたまらない私の心に、
希望がふわぁっと立ちのぼってくる。
「美しさに感動できる心さえあれば・・・。」
私にも、写真が撮れるかもしれない。
そして踊りも、同じこと。

富弘さんは、首から下が動かない。
でも、口に筆をくわえて、美しい花の絵を描く。
富弘さんの絵や詩を載せた本や、群馬にある富弘美術館。
私のとても大好きで、大切なものだ。
闘病生活の中で、
富弘さんは神を信じクリスチャンになり、
そして口にくわえた筆で、美しい花の絵と詩を描くようになった。
想像を絶する絶望の日々の果てに、
美しいものを生みだし、人を感動させ、励ます人となった。

http://www.tomihiro.jp/profile/index.htm
(富弘さんプロフィール)

富弘さんが健康な体育の先生だったとき。
富弘さんが、怪我をして生死の境をさまよったとき。
いったい誰が、今の富弘さんを想像できただろう。

苦しみの果てに何が待っているのかは、誰にも分からない。
でも、何か、自分のための道が備えられている。

神様の計画って、奥が深い。

「最初に引いた線は、聖書の一節を思いながら引いた。
『すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行いなさい。』
苦しいときに踏み出す一歩は心細いものだけれど、
その一歩のところに、
くよくよしていたときには想像もつかなかった新しい世界が
広がっていることがある。
私の口の筆もその一歩に似ていたと思う。」
(星野富弘)

さぁ。
すべてのことを、つぶやかず、疑わず、
明日も一歩、踏み出していこう。

新しい世界が待っている。

20070509235452.jpg


 



20070509235605.jpg

☆おまけ
ライラック(リラの花)を詠み込んだ俳句
(『季語の花』という花の写真集を図書館で借りたので、さっそく・・・。)

* 舞姫は リラの花よりも 濃くにほふ  (山口青邨)

* 邂逅や リラの香に添ひ 香に離れ  (稲畑汀子)

* ライラック 天使に石の 翼あり  (皆吉 司)

* リラ咲いて 月の満ちゆく 日数あり  (鈴木多江子)

スポンサーサイト




カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード