FC2ブログ
2007・06
<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
2007/06/05 (Tue) 美しい人と人

20070605013020.jpg


20070605013232.jpg


忙しさの余波がまだ続いています。
大好きな三浦綾子さんの本に、
「『忙しい』とは、心を亡くす、と書く。」
とあり、ハッとしたことがあります。
(今まで何度書いた言葉かわからないけれど。)
心を亡くすのはいやですよね。
だから、どんな状態の時でも、
なるべく「忙しい」という言葉は使いたくない、と思ってきました。

レッスンも休みたくない。
仕事もみっちり充実させたい。
欲張りな私の日々は、ときどきあふれて洪水になります。

でも、もう、山の頂上は越えたみたい。
もう少しで達成感と爽快感を持って、乗り越えることができそう。
ゆったりのびのびした気分で、
「落ち着いたらあれも書きたい、これも書きたい」
と思っていたことを、思う存分書けたらいいなぁと思っています。

静かな夜。
心地よい一日の疲れと充実感の中で、
こうしてここに座り、
これを見て下さるみなさんのことを想いながら、
「どれを載せようかなぁ・・・。」
と、ゆったりバラの写真を選ぶひとときが、
私にとってはとても大切な、心安らぐたのしい時間。

今日もまた、来てくださってありがとう。
大好きな詩人・茨木のり子さんの、この季節にぴったりな詩を贈ります。
気に入ってくれたらうれしいです。

六月」

どこかに美しい村はないか
一日の仕事の終わりには一杯の黒麦酒
鍬を立てかけ 籠を置き
男も女も大きなジョッキをかたむける

どこかに美しい街はないか
食べられる実をつけた街路樹が
どこまでも続き すみれいろした夕暮は
若者のやさしいさざめきで満ち満ちる

どこかに美しい人と人との力はないか
同じ時代をともに生きる
したしさとおかしさとそうして怒りが
鋭い力となって たちあらわれる

(茨木のり子・詩集「見えない配達夫」より)

20070605003035.jpg




20070605013918.jpg




20070605011156.jpg




20070605013721.jpg



20070605013423.jpg


バラはもちろん(?)S病院のバラ園で撮影したものです。
深いグリーンの葉とピンクの組み合わせが美しいですね。


スポンサーサイト




カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード