FC2ブログ
2007・10
<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
2007/10/18 (Thu) 収穫祭

2007_1013days0186.jpg
金木犀。一つずつの花のかたちがとっても可愛いのですね。


2007_1013days0192.jpg

甘~い香りを今年はずいぶん楽しむことが出来ました。


2007_1013days0190.jpg
まるで金木犀で出来た、大きな壁のよう!!
高~く、広~く、そびえていました。

☆収穫祭のこと

少し前の秋晴れの週末・・・。
祖母の入居する施設での、「収穫祭」に両親と空と参加しました。
「収穫祭」とは、秋の実りを青空の下でみんなで食べましょう!!・・・という楽しい会。
満開の金木犀の木に囲まれた広い芝生の庭は、金木犀の甘い香りと、美味しいものの香りが混ざり合って、何だか笑顔になってしまうような静かな明るさに満ちていました。

メインメニューは炭火で焼いた秋刀魚(さんま)!
栗の入った炊き込みご飯、高野豆腐の煮物、てんぷら、すいとん、チヂミ、漬け物・・・デザートは、ホクホク焼き芋に、あま~い柿に、みかん!
食事にテーブルに、用意する側の施設のスタッフは、どれほど準備が大変だったことでしょう。
でもみんな気持ちよく働いてくださって、家族の思い出に残るようなこういう時間を用意してくれていることに、とても感謝しました。

私の大好きなおばあちゃんも車いすに乗って、一緒に外へ。
おばあちゃんはつい先日、9月26日に何度目かの脳梗塞で倒れて入院、それ以来、この収穫祭の日までに退院することを目標にリハビリを頑張ってきたので、その願いが叶ったことを嬉しく思いました。
ただ、まだ足が思うように動かず、今まではトイレぐらいまでは何とか手押し車に捕まって行けていたのですが、今は完全に車いすになってしまいました。
祖母自身がそのことをとてもショックに思っているだろうと思うと、私も切なくなります。
記憶力も頭も耳も、私がかなわないほどしっかりしているのに、ただ身体だけはなかなか思うようには動かせなくなっていきます。
どこか悟って、どこかあきらめて、あるがままに老いを受け入れていくように見えます。
そのせいでしょうか?
会うたびに、肌が白く、なんだか透きとおるようで、ピンクの唇と頬、シワも少なく、不思議に美しくなっていくように感じます・・・。
私の両親が、リハビリへの送り迎えをはじめ、週に二回ほどせいいっぱい通っているとはいえ、今年は六月に祖母にとって末息子である叔父の死があり、初ひ孫のかわいいヒロ君の病気があり、おばあちゃんにとっても、色々とつらいことの重なった年でした。
(今まさに入院しているかわいいヒロ君のことを話ながら、涙を浮かべていたおばあちゃん・・・。)
だからこそ、こうして一緒に笑顔で食事が出来ることが嬉しいと、あらためて心から思えます。

会場となった施設の庭ではそれぞれに家族ごとにテーブルがもうけられ、子供たちが走り回ったり、談笑したり。
施設全体が木々に囲まれたのどかな環境で、美味しいものをおなかいっぱいいただいて、気持ちよく秋の一日を過ごせました。

その後、車いすを押して、施設の近くをお散歩。
父と私は(さすが親子!?)立ち止まっては咲いている花を夢中になって撮影します。
(この時撮った写真は、また別の時に載せますね♪)
祖母はとても花に詳しく、花の名前を良く知っていて教えてくれます。
「おばあちゃんが子供の頃、家には、アンズの木が三本あってね。
種類が違うから、花の咲く時期も実の成る時期も少しずつ違っていて・・・。
柿も三本あったのよ。」
と、話してくれます。

家族とのんびり秋を楽しむことの出来た、とても嬉しい、楽しい一日。
祖母も喜んでくれて、それがなにより良かった・・・。
おばあちゃん、またすぐに会いに行くからね。

みなさんも、おいしい秋を過ごしていますか・・・・?


2007_1013days0286.jpg
これが施設の庭、収穫祭の会場です。広々とした芝生で和やかに、にぎやかに・・・。


2007_1013days0293.jpg
炭で焼いてくれた大きな美味しい秋刀魚。施設スタッフの方が、朝から市場に買いに行ってくださったとか。
うしろに写っているのは栗の炊き込みご飯と、すいとん。
青い空の下で食べる食事は特別おいしく感じますね。


スポンサーサイト




カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード