FC2ブログ
2008・02
<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/ 03 >>
2008/02/07 (Thu) earth

2008_0204days0035.jpg
2月最初の日曜日に降った雪。
ベランダの手すりにも、こんなに雪が積もりました。


2008_0204days0033.jpg
私の部屋から見える景色。
木々にびっしりと雪がついて・・・まるで樹氷のようでした。

2008_0204days0067.jpg
雪の翌日は青い空。
雪が光を反射して、いつもより世界がまぶしく見えました。

★映画「アースearth」

昨日、このブログのコメント欄でnishiちゃんが薦めてくれた映画「アースearth」を見てきました。
公式HP http://earth.gyao.jp/
yahoo映画 http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/earth/main_logo.jpg

*ストーリー
50万年前、まだ若い地球に巨大な隕石が衝突した。
その影響は大きく、地球の地軸は23.5度も傾いてしまう。
しかしこの傾きがあったからこそ、地球には四季のうつろい、寒暖の差、
そして生命が生み出されることになったのだ。
そんな傾きと太陽の光が作り上げた地球の姿を、
北極から南極へと旅をしながら見ていこう。
まずは北極に住むホッキョクグマの親子の様子から……。

*簡単な感想

もう、この壮大な美しい映像を前に、言葉などは吹き飛んでしまいます。
圧倒的な映像美。
私たちの生きる地球とは、水と緑と光の星。
生命を育む美しい星なのだということをしみじみと見せてくれます。
そして、今、深刻な危機に陥っているのだということもまた、突きつけられます。

すべては現実の映像、ドキュメンタリーです。
2匹の子供を連れたホッキョクグマのおかあさんのエサを求めての命がけの歩み。
どこまでも拡がる雪に覆われた針葉樹林の森。
大地を覆い尽くすほどのトナカイの群れを追いかける白いおおかみ。
ヒマラヤ山脈を越えようとするアネハヅルの必死の羽ばたき。
雪が溶け、大地から小さな緑が芽吹き、スズランが咲き、水仙が咲き、紫の花が咲く・・・。咲いては朽ちていく花々の生命。
桜の花のつぼみの開花する瞬間、それが緑になり紅葉し、落ち葉する・・・。時の流れ。
巣から飛び立とうとするおしどりのヒナたちの愛らしさは格別!
落ちたヒナを受けとめる広葉樹林の森のフカフカとした落ち葉。
美しい極楽鳥のユニークな求愛ダンスに思わず拍手と笑い声。
豊かな水をあふれさせる巨大な滝、熱帯雨林のジャングル。
一方で、砂漠は地表の3分の1を越え、年々拡がり続ける。
その中で乾きに苦しみながら水を求めて長い旅をする象の列。
子供の象は乾いた砂嵐に襲われ続け目も見えなくなり、木にぶつかり、時に倒れながら、それでも母象について体力の限界を超えて歩いてゆく。
その果てに辿り着く、砂漠のオアシス!!
ザトウクジラの親子もまた、エサを求めてはるかはるか南極近くまで、遠い遠い旅を続けていく。
南極の夜空を
、美しいオーロラが幻想的に彩ります。
そして、もう餓死寸前まで追いつめられたオスのホッキョクグマは、エサをとることに失敗した果てに、命の限界を悟り、静かに氷の上に横たわり、目を閉じてゆく・・・。

とにかく、もう、言葉が出てこない。
自分の生きている日々の世界を越えて、地球という大きな生命体が大きな宇宙の中で、息づいて日々生きているのだということを感じます。
太陽、そして水。
そこに緑が生まれ、生命が育まれる。
・・・自分の視野がいかに狭くなってしまっていたかということに気付きました。

映画の持つテーマが大きすぎて、すべてをダイジェストで見ているような歯がゆさはあります。
もっと、もっと、見ていたい。
ホッキョクグマのことだけでも、象のことだけでも、どの場面ひとつ取ってもそれだけで、きっとひとつの映画になるでしょう。
どの動物も、幼い子供の命を守ることに必死でした。
どの場面も、一瞬でも、圧倒的な迫力といのちの真剣さと美しさに満ちています。
主人公はまさに、タイトルの通り、「地球」です。

アムールヒョウは、もうすでに40頭しかいない。
象も、大地の乾きに苦しみ、死んでいく。
そしてこのままいけば、2030年にはホッキョクグマは温暖化によって溶けた氷のために、エサ場を失い死滅してしまうそうです。
さまざまに考えさせられます。

このままいけば、遠くない未来に、人間の愚かさを主な原因として生物は次々に死滅してゆくのでしょう。
そして、暴力を武器に生きた恐竜のように・・・絶滅していくのかもしれません。
人間は自業自得であるにしろ、映画で見た動物たちがまず第一の被害者になっていくことが苦しくてつらい。
ホッキョクグマは、なんだか、私の愛犬ココに似ていました。

この映画が私たちに訴えているのはまず、
「この豊かな生命の息づく美しい地球環境をまもっていこう!!」
ということでしょう。
それは確かに伝わり、責任の重さを痛感し、自分のできることは何だろうと考えました。

でも、それと同時に、なぜでしょう、すごく、癒されるのです。
自分自身の悩みなど、地球の生命の息吹の流れ全体の中で見たらちっぽけなものだと。
自分の命も、どこかでこの瞬間もひらいて朽ちる花のように、生まれて死んでゆく動物のように、大きな大きなものの一部なのだと、そんなことを感じられたからでしょうか…。

もしよかったら、ぜひ、オススメします!
どうぞ見て下さいね!
そして、この映画を薦めてくれたnishiちゃんに、あらためて感謝です!

スポンサーサイト




カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード