FC2ブログ
2008・03
<< 02 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 04 >>
2008/03/08 (Sat) 未熟者が幸福になるには

2008_0307days0002.jpg
玄関のすぐ横の沈丁花が咲きました。
甘くて澄んだ良い香り・・・。届くかな?
 


2008_0307days0084.jpg
まだまだつぼみもたくさん。これから開きます。


2008_0307days0007.jpg
春が来つつあることを感じます。


2008_0307days0071.jpg
愛犬ココナッツ、スーパーいやし犬でございます♪


2008_0307days0069.jpg
ミルです。マユミの木でつめとぎ、気持ちい~い!



2008_0307days0070.jpg
「じゃますんにゃ~、オリャ!」猫パンチにはかないません。

発表会のことで頭がいっぱいだった日々も一段落。
日常が、一気に「やること」の津波になって戻ってきます。
忙しい日々。 忙しいと思いたくないし、いつもゆったりした心でいたいなぁと願っているけれど。
それでもつまらないことで、ちょっとイライラしたりしてしまうとき。
私は、未熟な自分自身にたいして傷つきます。

だめだなぁ・・・。
こんなことぐらいで、寛容さを失うなんて、ナンテ未熟なんだろう。
しかも、それを表情に出してしまうだなんて、私という人間の至らなさにガッカリだ。
・・・と感じます。
茨木のり子さんの「自分の感受性ぐらい」という詩の一節、
「何もかも下手だったのは私」
という言葉が胸に立ちのぼってきます。

私をイラッとさせる誰かさんは、きっと神さまからの使者で、私に自分の未熟さや心の狭さ、至らなさを思い知らせる役割をしてくれているのでしょう。
だから、その人にはむしろ感謝しなくてはいけません。
ありがとう、イヤな役目をさせてごめんなさい。
あなたのような優しい人に苛立つなんて、未熟なのは私です・・・。
だれでも、幸福でゆったりとしているときに「いい人」でいるのはたやすいことでしょう。
忙しいとき、やることが山積みな時、ものごとが思うようにはかどっていないとき・・・そんなときこそ、優しく愛のある私でいられるのかどうかを問われているのだと思います。
そして私は、まだダメだということに気づかされて、自分のダメさ加減に傷つくのです。

そんな日が昨日でした・・・・。
そして私は、帰りに美味しいパン屋さんに寄り、アツアツ焼きたてのカレーパンと、ミルククリームの挟まった小さなフランスパンを買いました。かわいいパン屋さんのテラスで、春の陽ざしを感じながらコーヒーと共にゆっくり美味しくいただきました。
家に帰ると、愛犬ココナッツがとびきりの笑顔でしっぽを振りながら迎えてくれます。
猫のミルも、ひなたぼっこしていた縁側から降りてすり寄ってきます。
二匹の頭をなでながら、そのまま縁側に坐ると、沈丁花の甘く爽やかな香りにつつまれました。
しばらくそのままそこに静かに坐って、沈丁花の匂いを胸の奥まで吸い、犬と猫の頭をなでて、ひなたぼっこしました。
カメラを出して、沈丁花をとりました。
撮っているうちに、だんだん夢中になって、たくさん撮りました。
犬とカメラと共に散歩に出かけました。
まだ椿も咲いています。水仙、桜草、馬酔木、春の野の小さな草花・・・。
青い空にはぷっかりと春の雲。
ああ、幸せだなぁ・・・。
ゆったりした心が戻ってきます。
そして帰宅してちょっとめんどくさいけれど美味しいものを作りました。春のキャベツが甘くて美味しいから、タマネギをみじん切り、ひき肉をコネコネ、ロールキャベツです。会心のできばえ。
それから踊りに出かけます。踊ると心の底からスッキリとした幸福感に満たされます。

私が幸福になるのは、こんなにもささやかで簡単なこと。
美味しいもの、温かい陽ざし、カメラ、花、愛犬愛猫、そして踊ること。
そういうものの中にいる内に、たくさんの優しさの中で恵まれて生きていることに対する感謝の心がわき上がってきます。
私を幸福でいさせてくれる小さな優しい物を心にたくさん蓄えて、いつも優しい私のままでいられるようになりたいなぁと思います。

スポンサーサイト




カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード