2008・11
<< 10 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/09 (Sun) 9ヶ月目!

2008_1002days0008.jpg 
すごく香りのいい花。
南の島の花のような、甘~い香りがしていました。

●9ヶ月目

いよいよ、妊娠生活9ヶ月目に突入です!!
(何度か書いてきたように、実際に妊娠する前・最終月経の始まりの日からカウントは始まり、妊娠期の日数の数え方は「4週で1ヶ月」なので、実感よりもアッという間に9ヶ月目になってしまいました。)

おなかは、見事にパンパンです!!
はち切れそうです。
針でつついたら、風船のようにはじけてしまいそう。
もう大きめのビーチボールサイズです。
出産まであと2ヶ月、私のおなかはどこまで大きくなっていくの!?
寒くなってきたこの季節に、着られる服があまり無いのは悩みですが、あと2ヶ月だけのためにマタニティ服をこれ以上増やしたくはないなぁ・・・。
おしゃれはもうしばらくガマン、ですね。
夫の冬用パジャマのズボンのウエストゴムを抜いて、私のパジャマがわりにしました。

この、残り2ヶ月(の予定)となった、「妊娠」という人生の中での貴重な時間。
できるだけ楽しんで、愛おしんで、大切に過ごしたいと思っています。

ベビィへの愛は、日に日に強くなります。
丸いおなかを見つめると、心の中に「愛する心」がわき上がってきます。
その気持ちに応えてくれるかのように、おなかのベビィは力強く動きます。
おなかの上からでも、ベビィの手足の動きが見て取れるほどになりました。
一日に何度も、おなかの中で、しゃっくりをしています。
肺呼吸の練習(?)だそうです。
かわいいなぁ・・・。
ベビィを思うと、口元、目元が緩みます。
毎日おなかをナデナデして話しかけています。


●おなかの「張り」

おなかがとても頻繁に張ってしまって困っています。
「張り」、という症状があることを、妊娠するまで知りませんでした。
でも、とても一般的なのですね。
おなかが、一瞬にして、空気を入れすぎたボールのように固くなります。
おなかがキュッと引きつれて、痛い。
張ると、歩くのも大変です。
身体をなるべく動かしたいと思ってきたけれど、ドクターの指示で、なるべく安静に・・・に変更です。
車に乗ると振動で張る。歩くと張る。階段の昇り降りで張る。立ち上がった瞬間に張る。
少し横になって休むと、楽になります。

・・・あまり頻繁に張りすぎると、規則的な張りは陣痛につながり、切迫早産などの危険もあり得ると知り、大事にしなくてはいけないと思うようになりました。
立ち仕事だし、家でも、職場でも、階段は避けられない。

友人の薦めにしたがって、次回の検診の時に、張り止めの薬を処方してもらおうと思います。
おなかがギュッと固まっていたら、その中にいるベビィも苦しいですものね。
ノビノビできるおなかでいてあげたいと思います。


●体重200キロ!?の私

身体をとても重~く感じます。
お風呂に浸かっていたり、床に座っていたりすると、立ち上がるのが大変。
横になって寝ている状態から、身体を起こすのはさらに大変なこと。
いったん横向きになり、四つんばいになり、しゃがんで、何かにつかまって・・・。
ソファから立つ時も、空(夫)に
「引っ張って立たせて~・・・。」
と頼む始末。
まるで自分の身体じゃないみたい。
靴下をはくこと。爪を切ること。
そんなささやかな日常の動作すら、大変だと感じます。
夜中に足がつって、
「いたーーーーーい!!!」
と叫んで飛び起きてしまうことも増えました。こんなの初めて・・・。

超肥満の人・・・テレビで見た、アメリカなどでベットからおりることもできなくなったほど太ってしまった人・・・そんな自分になってしまったような。
空(夫)に、
「ねぇ、私を、体重200キロの老人だと思って介護してね。」
と言ったら笑っていましたが、本当に、そんな風に感じます。
家中に手すりが欲しい。
あんなに踊っていた頃の身体はもう、はるか遠い夢のようです。
体が重いし、腰は痛いし、おなかが張るので、家事も困難になってきました。
これまで身体は普通の人よりも動かしてきた方だと思うけれど、そんな私でもこんな状態ですから、妊婦さんたち、みんな大変な思いをしているんだろうなぁ・・・。

それから、最近は動悸・息切れに困っています。
妊婦の血液量は、平常時の1,5倍になるのだとか。
ベビィに血を送ろうと、心臓が頑張っているのでしょうね。
高血圧ではないのに、脈拍は、ときに1分間に100回近くも・・・!!
初恋のような胸のときめき(!?)が続きます。
いや、激しく踊った時のような心臓・・・?


つわり。
体型の変化。
腰痛。
重さ・・・。
おなかの張りに、足のつり。
動悸、息切れ、貧血・・・。
妊娠によって、短期間に起こる身体の変化に調和するのは、女性にとって大変なことだとあらためて思います。
みんな、これをはるか昔からこなしているだなんて。
本当にすごいなぁ・・・。

赤ちゃんが生まれてしばらくは、買い物も困難だろうと思い、パルシステム(宅配の生協)に入ることにしました。

出産まで残り二ヶ月。
ベビィが無事に産まれてきてくれることが、何よりの望みです。
とにかく身体を最優先に、大事に過ごそうと思います。



スポンサーサイト

2008/11/08 (Sat) うれしい再会

2008_1002days0027.jpg  
さくらの葉も、すっかり秋色になりました。

●うれしい再会

うれしいことがありました。
高校からの友人・登山家のケイちゃんに、急に、久しぶりに会えたのです。
仕事を終えてからの平日の夕方のひと時を、彼女とともに過ごせたことは、私にとってすごく元気になれる出来事でした。

以前、このブログの「ボラーレ」という記事
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/blog-entry-224.html
でも、彼女のことを書いたことがありました。
今をときめく登山家であるけいちゃんは、世界中の山を登り歩いていて、日本にいないことも多い。
いつも「会いたい会いたい」と思いつつ、私も踊っていた昨春までは多忙だったりして、なかなか会えずにいました。

やっと数年ぶりに会えたケイちゃんは、ナント、前日に南米のペルーの山から帰ったばかり。
「時差ぼけで寝てないよ。」
と笑っていました。
(その前は、インドの山に行っていたとか・・・。スゴイ!!)
日に焼けて、大きな目がきらきらしてて、相変わらずの懐かしい笑顔なんだけど、フレッシュでまぶしくて、わが友ながら素敵なケイちゃんです。

久々のケイちゃんは、こんな風に言ってくれました。
「marちゃんのブログに『赤ちゃんが生まれる』って書いてあるの見てね。
びっくりして、すごくうれしくて、『これはすぐ会わなきゃなぁ!』って思ってさ~。」
ああ。
ブログって、書いておくものだなぁ・・・(笑)!
書いててよかった~!!

・・・山は、命の危険と常に隣り合わせ。
ケイちゃんも、大事な仲間を数人、山で亡くした経験があるそうです。
目の前で愛する人を亡くすという、大きな耐え難い苦痛を味わった女性の話。
残されたものの心の傷、それを見守る周りの人々の苦しさ・・・。
大きな自然と、小さな人間、でも、かけがえのないいのちの尊さ・・・。
そういうものを、山は、厳しく、容赦なく、人間に突きつけてくるのでしょう。
ケイちゃんは、
「だからこそ、新たな命の誕生がうれしくてたまらないと感じる。
赤ちゃんが生まれるって、本当にすごいことだよ。」
と言ってくれました。

人は生まれたら、必ずみんな、いつかは亡くなっていく。
でも、一方で、どこかで新しい命が誕生している。
私もあらためて、そのことを大切に思い、おなかのべビィが私の中に宿ってくれたことはとてもうれしいことだと、しみじみ思いました。

途中からは、同じく高校からの親友あむあむちゃんも、急な無理な誘いにもかかわらず飛んできて参加してくれて。
女三人寄れば何とやら!?
懐かしい話。
今の自分たちの話。
会話は一
瞬もとどまることなく・・・。
短かったけれど本当に楽しいひと時を過ごすことができました。

けいちゃんは、
「marちゃんの赤ちゃんが生まれたら、また会いに来るよ~!」
って、笑顔。
握手して別れました。
そのときまでに、ケイちゃんは、どんな山に登り、どんな景色を見るんだろう・・・。
べビィに会いにきてくれるときを、また楽しみに・・・。

ケイちゃん、会えて本当によかったよ!
ありがとう。


2008/11/02 (Sun) 上を向いて

2008_1024days0005.jpg 
上を向いて咲こう。
ミントの香りのする花。

「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑みを忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

右のプロフィールにも書いたこの座右の銘を、繰り返し心に言い聞かせる日々。

今この瞬間も、たくさんの優しさやめぐみの中に自分が生きていることを、忘れずにいたいものです。

笑顔で。
上を向いて。
人生に起こるすべてを苦しみも含め愛すること。

「上を向いて歩こ~う♪
涙がこぼれないように・・・」
って、本当にいい歌だな・・・・。
でも、私は、嬉しいことに、この歌とは違い、いつも「ひとりぼっち」じゃない。
愛する人たちがいつもそばにいるからこそ、悲しいことも嬉しいこともたくさん。


・・・・・・・・。


今日は午後から勉強してきた資格試験の日。
ひさびさの勉強はとっても楽しくて、できること、かなり目一杯しました。
ガリ勉もたまにはいいな。
一発合格・・・どころか、満点合格を目指し、がんばってきたいと思います。
おなかのベビィも一緒に、受験会場に行ってくれるのが嬉しいし、心強いです。
合格発表は12月上旬。
受かったらお知らせします。

うまくいくよう、どうぞ、祈っていてくださいね。

元気に行ってきます!!



カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。