FC2ブログ
2008・12
<< 11 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 01 >>
2008/12/08 (Mon) 祝・1級合格!

2008_1113days0083.jpg 
ユリノキの黄葉。
光を浴びる葉がきれいです。


2008_1113days0094.jpg 
重なり合う部分は影になり・・・。


2008_1113days0088.jpg 
自然の仕事はいつも完璧ですね。

●アロマテラピー検定1級に合格しました!

アロマテラピー検定1級に、無事合格しました。
ヽ( ´ ▽ ` )ノ ♪
以前何度か「検定試験の勉強中」と書きましたが、これでした。
いえ、もったいつける必要も無かったのですが、落ちたら恥ずかしいなぁ、と思って(笑)。受かったので、こうしてここに書けることを嬉しく思います。
試験自体は、必死で勉強した内容に対してすごく易しかったのですが・・・。
でも、「合格」の一言を聞くのは久しぶりなので、やっぱり良い気分ですね♪

興味を持ったきっかけは、妊娠したことです。
5月から7月ぐらいまでのひどい「つわり」の中で、嗅覚が異常発達(?)し、ありとあらゆる香りにたいして堪えがたいほどに敏感になりました。
どんな匂いも今までの何倍もの強さで感じる。
すべてがまるで初めて嗅いだもののように、強烈に私に迫ってきました。
それで、「オエ~~~!!(涙)」の連続だったわけですが・・・。
ある意味、「つわり」での経験が、私の「香り」に対する概念を一変させました。

つわりの症状がおさまってからも、嗅覚がすごく敏感になって人工的な匂いを嫌いになりました。
これまで使ってきた好きだった香水も、今は付ける気になれません。
化粧品の香りも、洗剤の香りも、できるだけ無香料のものを選ぶようになりました。
気にもしなかったような様々なものの「匂い」を、いったんリセットした鼻で、あらためて初めて出逢ったもののように嗅げる・・・というのは、すごく新鮮な体験でした。

「つわり」も一段落して、新たな気持ちで「香り」というものを受けとめはじめたころ、市の主催する文化講座でアロマテラピーを学べることを知り、家の近所だったので、何気なく参加してみたのが始まりです。
たった4回の講座でしたが、すごく奥深くて面白い世界だと感じました。
先生の薦めで、なぜか1ヶ月後に検定を受けることにしてしまい(笑)、あれよ・・・という間にこうなりました。

それから、妊娠で腰痛がひどくなった時、どこの整体や整骨院も「妊婦おことわり」だった!!・・・のに、アロマテラピーによる「マタニティケア」(アロマを使ったマッサージ)だけは受けることができて、すご~く癒されて楽になった体験も、アロマテラピーにさらに惹かれる要因となりました。

受かったからといってどうということもなく、生活ももちろん変わりません。(笑)
でも、日常生活の中で少しずつ活かしていけたらいいなぁと思っています。


●アロマテラピーについて

アロマテラピーで使う精油は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した、100%天然の素材からできています。
それぞれの植物によって、特有の香りと機能を持ちます。
香り、といっても、普段から親しんでいるようなものもたくさんあります。
オレンジや、レモン、グレープフルーツにベルガモットなどの柑橘系の香りは爽やかで、心をリフレッシュさせてくれます。
ラベンダーやカモミールなどのハーブ系の香りは、リラックス・・・。
スッキリとしたペパーミントは、誰にとってもきっとすごく身近な香りですね。
はるか昔から使われてきた白檀(サンダルウッド)や、乳香(フランキンセンス)の甘く深い香り・・・。
ユーカリやティートリーの植物らしい青々した香り・・・。

勉強の範囲は多岐に及び、すごく面白かったです。
まずは、精油について。
イランイラン、オレンジ、ジュニパー、ゼラニウム、ティートリー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー、カモミール、などのそれぞれの精油について、学名や科名、産地に抽出方法、成分に香りの特長、そして心や身体への作用から、言い伝えや注意点までを学びます。
他にも、
・精油の使用方法
・アロマテラピーの歴史(ネアンデルタール人が死者の埋葬にタチアオイを使用していた、とか、紀元前のエジプトでミイラ造りに使用されていた、というはるか昔の時代から、現代まで。)
・脳と嗅覚の仕組み(大脳新皮質、大脳辺縁系・・・なんていう言葉、必死で覚えました。)
・栄養学
・睡眠の仕組み、生活習慣病について、ナドナド・・・。
・精油に関わる法律
などを、勉強して試験に臨むわけです。
新しいことを学ぶのは、すごく楽しかったです♪
ベビィが生まれたらそんなゆとりもなかなか持てないと思うので、私にとってはいいタイミングでした。

●出産とアロマテラピー

先日産院で、助産士さんが、
「好きなアロマオイルを持ってきてくれたら、陣痛中や出産中に使用することができますよ。」
とおっしゃったのを聞いて、
「あら、もうそれほどまでに一般的なのね!」
と驚きました。
医療現場でも、心身のリラックスに取り入れはじめているところも多いとか・・・。

西洋医学も欠かせないものですが、漢方や鍼灸といった東洋医学もすばらしい。
そして、植物のエキスによるアロマテラピーも、その一部になりつつあるのかな。
最近は、末の妹がくれた妊婦さん用のハーブティー(ラズベリーやミントなどが入ったもの)を飲んでリラックスしていますが、これも近いものがあります。

『「妊娠」「出産」「育児」のためのアロマテラピー』
という本も購入しました。

眠れない夜は、枕元にラベンダーオイルを一滴。
これだけでス~っと心がほぐれていきます。

これからも、植物の香りを、気持ちよく楽しんでいけたらいいな、と思っています。

スポンサーサイト




カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード