FC2ブログ
2008・12
<< 11 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 01 >>
2008/12/18 (Thu) 偶然=奇跡!?

2008_1215days0010.jpg 
実家の近くに住む「ご近所さん」にいただいた、手造りのクリスマスリース。



2008_1215days0015.jpg  
ナチュラルで素朴な素材や色がとっても可愛い!
・・・ので、実家からこちらに引っ越す時にもらってきました。
大のお気に入りです。



2008_1215days0013.jpg
雪をかぶったような松ぼっくり。
いつもみどりのもみの葉、茶色の実も。
12月の森からの贈り物、といったところですね。  
 


2008_1215days0016.jpg
これが全体像。
けっこう大きいのです。
下さった方に、心から「ありがとう!!」です。

●偶然=奇跡!?

先日のブログを書いたあとのこと・・・。
夜中ふと思い出して、半分寝かけている空(夫)に暗闇の中、声をかけました。

「ねぇ、私たちの結婚記念日、4月8日って、何の日か知ってる?」

「ん・・・?花祭りの日、ブッダの誕生日でしょ?」

「そう!しかも、赤ちゃんがクリスマス生まれになるんだよ・・・。
ブッダの誕生日に夫婦になった二人から、イエス・キリストの誕生日に赤ちゃんが産まれてくるなんて、なんだかすごいことだと思わない?」

この発見にちょっと得意げな私。
すると空は笑って、それからビックリするようなことを言いました。

「marは忘れているね。
オレが、marにプロポーズしたのは、2年前の12月25日、クリスマスだったんだよ。」

え!?
ええ!!??
えええええ~~~~~~~!?!?!?!?!?

ごめんなさい、ほんと、忘れていました。
そう言われて、すぐに思い出しました。そういえばそうだった・・・。
ビックリしました。
その時のこと、このブログにも書いていたのを思い出しました。
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/blog-entry-54.html

そうでした・・・。
2年前の2006年12月25日・・・。
merveille(メルヴェイユ)」というフレンチレストランで食事をし、指輪をもらったのでした。
フランス語で「merveille(メルヴェイユ)」とは、
「奇跡・驚異・何か良いこと・素敵なこと」。
あのときの私たち二人は、まさかそのちょうど二年後に、かわいい女の子が誕生することを想像できるはずもなく・・・。
「奇跡はあの時が始まりで、そして今も続いているんだなぁ・・・。」
と、なんだか不思議な幸福感に包まれて、ほわ~・・・っと感動しながら、色々なことに思いを馳せつつ眠りに就きました。



●この二年・・・。

空にプロポーズされてから、べビィが生まれるまでの、この二年。
私の人生においては本当に様々なことがあったことを、今しみじみ振り返りながら思い出します。
もちろん、誰の人生にとっても、二年というのは決して短い時間ではなく、かけがえのない重さを持った濃厚な日々だとは思うのですが・・・。
「偶然」に思えるような様々なできごとも、やはり「偶然」ではなく、大きな流れの中で起こるべくして起こってきたことなのだろう、と、考えます。

「なぜ?」
「何がどうなるために、その出来事は起きたの?」
・・・その答えは、人生が終わるまで出せないかもしれないけれど。
でも、どんなことにも深い意味があるのだと思って受けとめたいと思います。

今は、私の身(人生)に起こってきた流れは、苦難も含め、ベビィがこの世に誕生するためには必要不可欠な「奇跡」のつながりであったのだろうと、肯定して受けとめることができます。
ひとつの命の誕生は大きな「奇跡」で、それは、これまでの人生のすべてに「YES!」を言わせるだけの力を持った、力強いできごとであることを、身をもって感じます。

二年間・・・。
二年前の、
父の入院。
その半年あとで、家族に起きた予想もできなかった大きな大きな事件・・・。
その後も、それに関する、色々と大変な出来事は続き・・・。
かわいいおいっ子のヒロ君の初めての発作や、それからの様々・・・。
(前も今も、ヒロ君が家族にとって幸福をたくさん与えてくれるかけがえのない天使であることは、一瞬も変わりませんが。)
空の会社・仕事のこと・・・。
空と結婚するまでにも、私たちの意志や力ではどうにもならないような、家族のことや不況な社会情勢といった、様々な困難がありました。
この二年、たくさんの悲しみや苦しさに出会い、涙を見たり、涙を流したり・・・。
でも、それらもすべて、受け入れて、乗り越えて、今こうして大きなおなかを抱え小さな命の誕生を待ち望みながら、笑顔でいられることを、ありがたく思います。

二年間・・・。
たくさん踊った楽しい時間。
花の写真を撮るのが本当に好きになったのも、この二年のことでした。
季節ごとの花に、心から感動させてもらいました。
たくさんの本や映画や美しい音楽や舞台、素晴らしい美術との出会いもありました。
職場でも仲間に恵まれて・・・。
友人や家族との
、楽しい時間がたくさんたくさんありました。

今年三月スタジオを離れ、四月にやっと空と結婚でき、ささやかで慎ましい新生活をスタート。
すぐに赤ちゃんができて、つわりや体調の変化を経験し、そしてもうすぐ出産・・・!
この一年は、私にとって人生の大きな
転換期でした。
空とすごしてきた時間は、私たちに降りかかる苦難も含め、いつも幸福でした・・・。
結婚してから、そして、妊娠してから、空をますます好きになりました。
(完全にのろけですね。スミマセン・・・。)

二年間・・・。
どんな大変なときもいつでも、たくさんの人の優しさや、温かさに包まれて生きてきたことを思い、感謝の思いがわき上がります。

「ブログに書くのは、なるべく明るいことだけにしたい」
という思いや、書くことのできないような様々なこともあり・・・。
でも、他の人には分からなくても、自分自身が振り返れば、このブログという場の中に、過ごしてきた日々がちゃんと刻まれていることを思います。
・・・書いた文章の中にはもちろん、撮った写真の中にも、そのブログを書いていた時の自分の素直な心情や、抱えていた問題や、実際に起きたできごとなどがよみがえります。

たとえ書くことがたわいのないことであっても、なかなか更新できない時期があっても・・・。
でも、細く長く、この場を大事にしていけたらなぁ、と、あらためて思います。

きっとこのブログ、これからは、ベビィのことで埋めつくされていくんだろうなぁ・・・。
間違いなく、「親ばか日記」になりそう・・・。(笑)
それがまた、楽しみでもあります。


出産の日に向けて、空にカメラの使い方を伝授しています。
「私の顔がどんなにメチャクチャでも、髪がグシャグシャでも、泣いていても、ゆがんでボロボロでも、何でも良いから、とにかく赤ちゃんと私の出産の日の写真、記念にたくさん撮っておいてね。」
と、お願いしました。
でも、空も、きっと自分の娘との初対面に手一杯で、それどころではないかも。
もう一人、私の父という、心強い名カメラマンも来てくれる予定。
ビデオとカメラを手に、手術室前で待機してくれることになっています。
それに期待をかけています。
(いえ・・・空の写真に期待していない、とか、そういうことではないのですが・・・笑。)

その時の写真やべビィの写真、来年、みなさんにも、見ていただけたらいいなぁ。
出産後、いつブログを再開できるか分からないけれど・・・。
これからも気負わず楽しんで、細く長く、私の心と人生の記録を、ささやかに刻んでいきたいと思います。

出産まであと一週間!
それまで、まめに書いておこうと思います。

スポンサーサイト




カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード