2017・10
<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/29 (Thu) エランヴィタール

★エランヴィタール・フラメンコライブ 2007年3月28日(水)

エランヴィタール(ELAN VITAL)・・・とは、「生命の躍動」のこと。
生物が内的衝動によって進化する生命の躍進力をあらわす言葉だそうだ。
昨日(3月28日wed)は、その「生命の躍動」の名をかかげる碇山奈奈先生のフラメンコスタジオ「エランヴィタール」の舞踊団の方たちのライブを新宿エル・フラメンコに見に行ってきた。
http://www.flamenco-elanvital.com/ スタジオ・エランヴィタールのHP
「エランヴィタール」といえば、森田志保さん、長竿会美さん、箆津弘順さん、宮野ひろみさん、浅見純子さんをはじめ、今をときめく数多くの素晴らしい踊り手さんたちがそこで学び、踊り、巣立っていった場所。
今のスタジオに来る前に私が師事していた上里ユミ先生と、碇山奈奈先生が仲が良かった関係で、私はフラメンコを始めたばかりの頃からよく、奈奈先生の踊りを拝見してきた。
マノレーテとのプーロ・フラメンコの舞台。
フラメンコの「忠臣蔵」・・・。
どれを見ても、碇山先生はとても粋でかっこよくて素敵で、憧れの存在だった。
奈奈先生が招へいして行った、アンヘリータ・バルガスの公演にも感動した。

今回は、舞踊団のリーダーでもある素晴らしい踊り手さんの斉藤尚子さんにライブのお知らせをいただいて、我がスタジオのジェントルマン・コンコン氏(このブログにもときどき登場してくださる紳士。)と空と、3人で新宿伊勢丹会館へ。
ギターは山崎まさしさん、今田央さん。おひげを生やし、優しげな目もと・・・。まるで熊さん兄弟のようだ。包容力のある繊細で美しいギターをお二人ともお弾きになる。私の好きな二人♪
バイオリンの平松加奈さん、情熱的でとっても素晴らしかった!!
*平松さんのプロフィール発見
http://www.spanishconnection.jp/profile/kana/index.html

プログラムは、
1,群舞(4人)ソレア・ポル・ブレリア…マントンに白いフリルが何段も重なったファルダ。
2,ソレア…情感と落ち着きとどっしり感があり、体格も良く素敵だった。
3,アレグリアス…独特の個性がコケティッシュなイメージで魅力的。
4,ファルーカ…無駄のないキレのあるシャープな動き、媚びのない実直な踊り。
5,群舞(全員)シギリージャ…全員のレベルの高さにため息!
6,フィン・デ・フィエスタ
という構成。
どれもそれぞれにも見応えがあって、とても素敵で、楽しめて、満足だった。
そして、楽しむだけではなく、自分たちには欠けている踊りの基礎的な力…回転のキレや美しさ、足の精確さや早さ、そういうものを目の当たりにして、「ますます頑張らなくてはなぁ。」と、とてもいい刺激をいただいた。

そして、最後には私服で、麗人・奈奈先生登場!
焦げ茶の革のパンツにベージュのジャケットをサッと羽織って、髪はショートカット。
まるで女心をくすぐってやまない宝塚の男役のような、かっこよく華のある爽やかな笑顔。ただそこに立っているだけで目を引きつけ、輝きを放つような魅力がある。本当に素敵な人だなぁ…と、胸がときめく。
その奈奈先生のちょこっと踊ったブレリアの、粋でかっこよくて華のあることったらない。
あああ・・・かっこいい!!女性だけど、恋してしまう~・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・♡
舞踊団のみなさんのハイレベルな踊り、そして奈奈先生のカリスマ性に魅了され、とても楽しく素敵な夜を過ごすことができた。

実は余談だけど・・・。
奈奈先生は、私のスタジオのめめ★さん(このブログにもいつもコメントをいただきありがとうございます!これ見てくれているかな…。)にとても似ているのだ。(ん?めめ★さんが奈奈先生に似ているのかな?)
フラメンコの新人公演を見に行ってめめ★さんに話しかけられたとき、一瞬「あれ?もしかして奈奈先生かな?」と、どきまぎしてしまった私・・・。
どちらもただ者ではない華のある強いフラメンカなオーラを発していらっしゃる美人である。
「・・・もしかして、奈奈先生、あまりにめめ★さんに間違われるので、見分けがつきやすいように髪を切ってしまわれたのかしら・・・?」
な~んて考えて、一人でクスリと笑ってしまった・・・。
いつか二人の夢の共演を見たいなぁ………なんて♪

もう一つ、この会場で、久しぶりの嬉しい再会があった。
以前通っていたスタジオで一緒だった、ミワちゃん。再開は七年ぶりぐらいかな?今も、上里先生のところで頑張って続けていると聞いて嬉しかった。そして、気軽に声をかけてくれて嬉しかった~。

そして、終わってからコンコンと空と、下の喫茶店でお茶をして、コンコンのお仕事時代のお話や、踊りを始めたきっかけなどをうかがえて楽しいひとときを過ごせた。プライベートでこのような尊敬・信頼のできる人生の先輩を持ていることは幸福なことだ、とあらためて思った。その時コンコンの言ってくれた言葉の中で、心に残ったものはこのような主旨。
「(モダンバレエの舞踊家でいらっしゃる奥様は)賞を取ろうと思って踊ったことは一度もないと思う。そんなことは関係なく意識せずにやってきて、たまたま機が熟したときに、立て続けに賞という形で評価された、ということなのだと思う。だから、賞云々ではなく、とにかく精一杯いい踊りを踊る、という挑戦を続けてみたらいいよ。」
コンコンありがとう!

スポンサーサイト

comment

うぷぷぷ・・・名前まで出していただいて光栄でございます。私が奈奈さんに似ているなどと、嬉しい偶然です。あのお方に踊りやアイレも似ることが出来るよう、がんばりまっす。笑
2007/04/01 11:38 | めめ★ [ 編集 ]

☆ めめ★さんへ

ほんと、めめ★さんに初めてあったときにまず思ったのは「奈奈先生に似ている!」ということでした。すばらしいバイラオーラに似ているだなんて、いいですねぇ。あ、でももちろん、めめ★さんは世界に唯一無二の存在ですけれどね♪
奈奈先生とマノレーテでおこなった、その名も「プーロフラメンコ」というビデオ、もしまだごらんになっていなかったらぜひぜひ見てください。とにかく、しぶく深く熱く粋な奈奈先生の踊りに魅了されますよ。そして、とっても豪華なことに、森田志保さんやノツさんや長竿さんが群舞で踊っている~!!

私も・・・だれかすばらしい踊り手に似てる、なんて、一度でいいから言われてみたいものでございます。ハイ。(-_-;)
2007/04/01 14:59 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/102-ebd425d1

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。