2017・11
<< 10 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/17 (Tue) 菜の花

☆「菜の花」 お散歩中に。デジタルカメラで。

20070416163011.jpg

「ののはな」
はなのの ののはな はなのな なあに なずな なのはな なもない のばな

谷川俊太郎 『ことばあそびうた』 より

20070416163025.jpg

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなるむぎぶえ
いちめんのなのはな

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
ひばりのおしやべり
いちめんのなのはな

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
やめるはひるのつき
いちめんのなのはな。

-山村暮鳥 「風景」
『聖三稜玻璃』(1915)より 純銀もざいく


今から100年近く前にこんな斬新な詩を詠んだ人がいることに驚きます。
この詩を読むと、おだやかで広々とした優しい菜の花色の景色が心の中に広がります。
どうぞ、声に出して読んでみてください。
まさに「いちめんのなのはな」が心に広がってゆく心地よさを感じると思います。

20070416163002.jpg

 菜の花や 月は東に 日は西に   (与謝蕪村)

そして、菜の花と言えば・・・こんな俳句を風流に思い出したりもします。
広い菜の花畑の東には、夕方の空に白くうっすらと出たばかりの月。西には、今にも沈んでいこうとする太陽。菜の花畑の上にある宇宙を、たった十七文字で表現したこの句にははっとさせられ、そして私たちも宇宙の中、天の下に生きているという神秘を思い出させてくれます。

でもやっぱり、私にとっては菜の花は「美味しい花」(笑)!
両親が趣味で作る家庭菜園に、さまざまな種類の菜っぱがあり、菜っぱに咲く花はすべて「菜の花」というのだ、と知りました。(だから、アブラナなどの黄色だけではなく、実はピンクや白、色々な種類があるようです。)
サッとゆでて、鰹節をかけて・・・または、すりゴマをかけて。
ほぼ毎晩我が家の食卓に並ぶ美味しい菜っぱです。
(こんなに花が開いてしまっては、もう食べるのには遅いのですが・・・。)

春のもっと早い時期から、あちこちで、黄色い菜の花が揺れています。
この黄色、何だかとてもあたたかくて優しい色だと感じるのは、不思議と「故郷」を思わせる花だからでしょうか。実は、私の住む県の花にも定められています。そういえば、子供の頃学校で、ラジオ体操ならぬ「菜の花体操」を教わったなぁ・・・。(笑)

この花を見ていると、ふっと微笑みたくなるような、優しいあたたかい気持ちになります。
幸せの黄色い菜の花、ですね♪

スポンサーサイト

comment

むせかえるような菜の花畑・・・キレイですね~
なのはーな ばたけーに 入日うすれ~♪・・・
子供の頃、一家でお弁当もって行ったピクニック、菜の花に埋もれて歩きましたっけ・・・
マルさんのお花好きもご両親さまの影響なのですね。
菜の花のからしあえも春の味・・・
2007/04/17 01:59 | カルメン [ 編集 ]

風姿花伝はもとより、その時々の話題・写真にふさわしい和歌や俳句などが引用されている日記。

いつも感心しながら読ませていただいています。

ここまで古典をわが物にしている人がいると思うと、大いに励まされます。
2007/04/17 07:49 | ♪あし♪ [ 編集 ]

今日も心が弾むような素敵な写真だね!
菜の花の黄色、本当に温かい気持ちになります・・。
ちなみに僕はカラシ和えが大好きです!
もう10年くらい前かな・・。
千葉県(県の花だよね!)のマザー牧場で
一面の菜の花を見て感動したのを
思い出しました・・。
marさんは本当に花が好きなんですね・・。
花の好きな人は優しくて感受性が豊かなんだなって
思います。
marさんの撮った写真を見ていても、
文章を読んでいても
心がとてもなごみます・・。
おかげでいい一日になりそうです・・。
ありがとう・・。
2007/04/17 12:13 | takashi [ 編集 ]

綺麗・・・黄色、好き
2007/04/17 12:33 | アフリママリ [ 編集 ]

☆カルメンさんへ

コメントありがとうございます!

菜の花畑に入り日薄れ 見渡す山の端かすみ深し
春風そよ吹く空を見れば 夕月かかりて匂い淡し~♪
 (高野辰之 「朧月夜」)

私の心の中にも、カルメンさんと同じく、昔習ったこのきれいな歌が流れていましたよ!だからとっても嬉しかったです。日本には美しい歌がたくさんあるのですね…。
子供の頃のピクニック、かわいい菜の花に埋もれご家族一緒でどんなに楽しかったことでしょう!!子供の頃のカルメンさんも、今と変わらずにさぞべっぴんちゃんだったことでしょうね。

そう、おっしゃるとおり、年々、文化的な好みが父に似てくるようです。…ということは、次は短歌と登山かな~?
2007/04/17 18:04 | mar(マル) [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

ありがとうございます!!もともと子供の頃から本を読むのは好きだったのですが、古典のおもしろさ美しさにようやく目覚めたのは大学を出てからです。
たいした知識もないのですが、やはり花を見てふと百人一首の歌がわいて出ていたりするとき、いにしえ人の心と一瞬心がつながったような、そんな喜びを感じます。
どうぞ、これからもぜひ色々教えていただければ嬉しいです!

調子に乗ってほかにも菜の花をうたったものがないか、探してみました。
与謝蕪村はほかにも菜の花を好んで詠んだようですね。
*「菜の花や 鯨もよらず 海暮ぬ」-与謝蕪村
*「菜の花や 摩耶を下れば 日の暮るる」-与謝蕪村
*「菜の花を 墓に手向けん 金福寺」 -与謝蕪村

また、山村暮鳥の「いちめんのなのはな」という詩も見つけました。音読してみるとよりいっそう、言葉の持つ命に打たれます。この暮鳥の詩はあまりにすごいので・・・上の私の「菜の花」の記事に書き加えてみました。良いきっかけをありがとうございます。
2007/04/17 19:38 | mar(マル) [ 編集 ]

☆takashiさんへ

こんな私の素人写真で心が和むといっていただいて、本当にありがとうございます。
ただただ花の写真を撮ることが楽しくて、花の美しさに感動しながら撮っているだけなのですが、そういっていただけるとますます調子に乗りそうです♪
本当は、人間やうちの愛犬、愛猫も撮ってみたいのですが、まだ動くものを上手に撮ることができないのです。猫のように動きの早いものは特にぶれてばかり・・・。唯一撮れるのは眠っているとき、ということで、寝顔ばかりです。(涙)

マザー牧場に一面の菜の花畑があるのですね!知りませんでした。千葉県民としてはいつか行ってみなくてはなりませんね~(*'ー'*)♪

花は本当に好きです。年々好きになるようです。
寝るとき、枕元に桜の図鑑とオールドローズの写真がきれいな本を置いているので、よく眺めています。
良い夢が見れそうでしょ?
2007/04/17 19:58 | mar(マル) [ 編集 ]

☆アフリママリさんへ

アフリママリさんのお撮りになる写真には、ほんとうに鮮やかで美しい「色」があって、ドキッとします。
その短いお言葉にも、鮮やかさがあって、さすがアフリママリさん、なんだか胸がドキっとときめく感じです。
アフリママリさんのお撮りになった黄色、拝見したいなぁ・・・。
2007/04/17 20:00 | mar(マル) [ 編集 ]

ステキな黄色!
谷川俊太郎の「ののはな」では、心地よい懐かしさに浸れました。ありがとう。

 
2007/04/19 07:48 | リベロ [ 編集 ]

☆リベロちゃん♪

ありがとう!リベロちゃんと一緒におでかけした日の花の写真、またアップするから待っていてね!

はなのの ののはな はなのな なあに なずな なのはな なもない のばな
・・・谷川俊太郎のこの詩、はじめは意味がつかめないんだけれど、繰り返し読むと見えてきて、春の優しい花野の風景が目の前に広がるようね。
「花野の 野の花 花の名 なあに なずな 菜の花 名もない 野花」
なんてかわいいんでしょう!!
あらためて感激しちゃうね♪
2007/04/21 22:54 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/113-de725535

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。