2017・08
<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/12 (Sat) いたいけな命

20070512121756.jpg本当に小さなスズメの赤ちゃん。まだ羽も生えそろわず・・・。



ドアを開けたすきに、ヒョイと外に出てしまったうちの猫ナラが、
しばらくしてからものすごい勢いで駆け込んできた。
けたたましく興奮している。
口に何かをくわえている。

スズメの赤ちゃんだった。

口から離させて・・・でも、もう命はないだろうと思った。
小さな体。手のひらにすっぽり収まりそれよりなお小さい。
羽もまだ生えそろいきっていないし、足など、爪楊枝よりずっと細い。
ずいぶんと弱っている様子で、ほとんど動かない。
でも、かすかに心臓が鼓動しているのが感じられる。
生きていてくれた!!

家族は、
「親から離れた小スズメは、もう助からないよ。あきらめるしかない。」
と言う。
「でも、今生きているのに、このまま見殺しには出来ないよ。」
と言った。

とりあえず、カメのえさを水でふやかし、割り箸の先につけて口に入れてみると食べる。
「食事を取れるなら、生きられるかもしれない!!」
希望がわいた。
それから私の、にわか育児が始まる。

20070512122950.jpg
ピイピイ!もっと!もっと!うまく口に入らなかったエサでお顔が汚れています・・・。

インターネットで保護の仕方、育て方を見て・・・。
(このサイトの、レスキューのページ参照。
http://asterisk-web.com/sparrow_club/
まず保温、そして食事だ、と思った。
スタンドの電球を、まぶしくないように黒い布で覆い、その熱で温める。
根気よく、時間をかけて口元にくり返しエサを運ぶ。
驚くほどよく食べてくれる。

夜中にも、何度も何度も起きて、エサをあげる。
見るたびに、
「生きているだろうか・・・。」
と、どきどきする。
カサコソと、仮の巣箱に敷き詰めた新聞紙の音がすると、ほっとする。

翌日、獣医さんに連れて行き、
(「野鳥だから代金はいらない。」と言ってくれた。優しい先生・・・。ありがとう!)、
先生のアドヴァイスで市役所に電話してみる。
市役所は、驚いたことに(?)すぐに対応してくれ、
「明日朝一番でご自宅まで迎えに行きます。そのスズメを鳥獣保護のボランティアのところに届けますので、それまで頑張って保護していてください。」
と言ってくれた。
明日まで何とか頑張って、か細い命をつなごう、と、固く決意する。

そして、また、エサやりが始まる。
一回食べさせるのに、一時間近くかかる。
それでも、つぶらな瞳で「ピイ」と鳴き、大きく口を開ける姿がいとおしくて、ちっとも苦にならない。
だんだん体力が回復してきたようで、食べても食べても
「もっと、もっと!」
と口を開ける。
だんだんお互いに息も合ってきて、スムーズに食べ物を口に入れてあげられるようになる。
時々羽をばたつかせ、だいぶ元気になってきた様子。
食べるとすぐに眠たそうにまぶたを閉じる。
かわいくて仕方がない。

ほとんど眠らずに二晩目が過ぎ・・・。
次の朝、市役所の人が来た。
「すみません。もう一度だけエサを食べさせたいので、少しだけ待ってください。」
と頼む。
別れるのがつらい。
でも、猫2匹と犬のいる我が家では、育ててあげられない。
野鳥を死なせず無事に育てることは、プロでも難しいそうだ。
この子は専門家のところでちゃんと世話をしてもらえるのだから、その方がいいのだ。
・・・と、自分に言い聞かせながら、お菓子のきれいな箱に、ふわふわにちぎった新聞紙をしきつめ、寒くないようにと箱の外側にカイロをはって、エサとともにお渡しする。
「くれぐれも、どうぞよろしくお願いします!」
と頭を下げた時、不覚にも涙がこぼれた。
そして、二日間ともに過ごした、ちいさなかわいいい赤ちゃんスズメを見送った。
無事に育ってね、と祈りながら。



20070512121826.jpg 
いたいけな、いとしい命。

野鳥を保護することに対しては、様々な考えの人がいるだろう。
生きる運命ではなかったかもしれない命を、無理に人間が守って育てるのはいかがなものかとお思いになる人も、中にはいるかもしれない。
でも私は、自分の元へと飛び込んできた小さな命を、見殺しにすることは断じて出来ない。
だって、まだ温かく、生きているのだから・・・。
私が世話をしなければ、確実に死んでしまうのだから・・・。
なんとしても助けたい、絶対に死なせない、と、強く強く思った。
私は、助けることができたこと、かわいい小さな赤ちゃんスズメの世話をさせてもらえたことを、とても感謝している。

縁あって出逢った、小さな、いたいけな命。
どうぞ無事に、育ちきることが出来ますようにと、心から祈る。
繰り返し祈る。

nara.jpg
この子がスズメ誘拐の犯人です。
「あああ~・・・あんなに小さいスズメの子を、親から奪ってくるなんて。
私はいったいなんてことをしてしまったの!!
本当にごめんなさい!!反省しています。」

・・・なぁんてことは、ちっとも思っていないのでしょうね・・・。


スポンサーサイト

comment

ここのところ慌ただしく、
なかなかコメント欄に書くことができなくて
すいませんでした・・。
でも時間を見つけてはmarさんの日記を読んでいましたよ!みなさんのコメントも・・。
marさんのメッセージももちろんですが、
みなさんのコメントも読んでいて
本当に心に染みてきます。
心のこもったメッセージを皆さんが寄せてくれるのはmarさんの人柄ですね・・。
marさんの心のこもったメッセージに
共感が共感を呼び、
僕も含めてたくさんの人の心に
とてもとても大きな「癒し」を与えているのですね・。
これってすごいことですよね・・。
ホント、脱帽です!

さてさてこの二日間、本当にお疲れ様でした。
フラメンコの稽古で疲れているのに
さらに寝不足でかなりお疲れだと思います。
どうか身体を大事に、大事にいたわって
あげてください・・。

二日間、小さなスズメの子に
こんなにも優しく包んであげたのは、
marさんの中に、
女性としての
母性がわき出ていたんでしょうね!
「いとおしくて、苦にならない・・」
そうですよね・・。
可愛くて可愛くて本当に可愛くて
仕方がないって気持ちがわいてきますよね・・。
子育ても全く同じですよ・・。

うちの奥さんは産後体調が悪いときが何度か
あって、代わりに僕が
夜中に2時間おきに起きては
ミルクをあげたことが何度もあります・・。
泣いて起こされてミルクをあげて
1時間くらいしてまた寝てくれて・・。
そしてまた2時間後に起こされて・・。
チュパチュパと吸うその口元・・。
飲みながらだんだん寝てしまう
その寝顔・・。本当にいとおしい・。
眠かったけど、marさんの言うとおり、
苦にはならなかった・・。

なぜだろう?って考えたこともあります。

「それは父親だから?血のつながった
この子の親だから?」

いや、そうじゃない・・。
「愛さずにいられないからだ」と
感じました・・。
だたそれだけなんです・・。

とはいっても、今では子供を時には
叱って、あとで反省する日々ですが・・。

いつかmarさんがお母さんになったとき、
そして夜中におっぱいをあげているとき、
この気持ち、きっと
わかると思います・・。
こんなに優しく愛のあるmarさんですから
なおさらです・・。
女性の持つ母性というのは
理屈を超えたものがあると思います。
marさんの中にある母性は
きっと優しさと強さと、慈しみに
あふれているんでしょうね・・。
いつか生まれくるmarさんのお子さんは
必ず、必ず、こう感じることでしょう・・。
「私のお母さんがこのお母さんで本当に
良かった!ありがとう!」ってね!

それにしてもナラちゃんの写真!
本当に反省しているかどうかわからなけど、
確かに反省しているように見えますね!
すっごいお茶目でかわいい・・。

心温まる命の物語ですね・・。

2007/05/12 23:13 | takashi [ 編集 ]

このスズメの赤ちゃんは、よい人に出会いましたね~。

記憶があれば、一生marさんのことを忘れないだろうと思います。

この先、無事に野に戻れることを祈るだけです。
2007/05/13 08:06 | ♪あし♪ [ 編集 ]

チュンチュン。雀の親でございます。mar様、お世話くださり感謝しております。実ははずみで巣から落としてしまい、難渋しているところ、猫様が駆けつけられました。口にくわえ巣に戻そうと尽くされましたが、かないません。私の方をいちべつしますとご自宅に連れてくださりました。心配であとをつけ、mar様の手に委ねられ安心した次第でございました。猫様は恩人です。お責めにならぬように願います。
突然の別離でございますが、「必然」や「思し召し」か単なる「偶然」かわかりません。結局、私どもの「解釈」の範疇かと存じております。
mar様、猫様ありがとうございました。窓から見える電線より失礼しました。
2007/05/13 12:44 | ちゅんたろう [ 編集 ]

☆takashiさんへ

コメントをありがとうございます!!
お忙しいときは、どうぞ無理をなさらずにいらしてくださいね。
私も、なかなか皆さんのところにコメントを書けないのですが、読むのはとても楽しいのです。
様々な人の心にふれることが出来て、それぞれに感じたことや考えたこと・・・。
新たな発見を与えてもらったり、ほほえませてもらったり、考えるきっかけをもらったり、時には大爆笑したり・・・。
私には、なんだか「渡る世間に鬼はない」というような、なんだか優しい人ばかりのように感じられます。


さて。
いまだに2晩の「我が子」のことを思い出すと、なんだか胸の奥がキュン・・・とします。
どうしているだろう。
寒くないかしら。
エサをしっかり食べているかしら。
元気に成長しているかしら・・・。
そして、鳥を愛する飼育のプロの方に預かっていただいたのだからきっと大丈夫、と、自分に言い聞かせています。
これからは、街にいるスズメを見る目が変わりそうです。
「もしかしたらあの子かな、あの子の兄弟かな」って。
様々な経験が、私に新しいことを教えてくれます。

先日、2人の子供を持つ高校からの友人のところに遊びに行きました。
2才の女の子と、まだ生まれて数ヶ月の男の子。
私はかわいくて仕方なくて、だっこしたり、一緒に遊んだりしていました。
すると友人が、
「marが人の子供をこんなにかわいがる大人になるって思わなかったよ。高校生の頃は、『私、子供ってキライ。』なんて言ってたのに・・・。」
と言うのです。
私は、すっかり自分は子供好きのつもりでいたので、自分の過去の暴言(?)(笑)に驚きました。
高校生の頃は、まだ自分自身が子供だから、そんなふざけたことを言っていたのでしょうね。
人間はやはり成長しますね。

妹も、お母さんになってまだ8ヶ月ですが、日に日にお母さんらしくなっていきます。
生んでから、子供によってだんだんと「母」にならせてもらっていくのでしょうね。
我が家の猫は、5匹の子供を産みました。産んだ瞬間から、体をなめ、おっぱいをやり、誰にも教わらないのに一生懸命に子猫を育てていました。

毎日のニュースを見れば、育児放棄や幼児虐待・・・胸が痛くなる事件が後を絶たずに続いています。
でも、小さなもの、か弱いものを慈しみ愛する心・・・。
それは、絶対に失ってはいけない大事な心だと思います。
男の人にも女の人にも、「母性」はあるのでしょう。
小さなものを、温かい心で無条件に絶対的に愛する心、それが人間の本能に備わっているということを信じたいです。
愛する本能の一方で、人間の心には恐ろしいものも秘められてある。
でも、それでも、「母性」は「愛」だと、信じたい、と、まだ母になれていない私は希望を込めて願っています。

takashiさんも、お子さんを愛する優しく美しい心をお持ちですね。
その心が写す写真にあふれています。
それを通して、わたしもたくさんの温かい幸福にふれさせていただいています。
ありがとうございます!
2007/05/14 19:59 | mar(マル) [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

そう言ってくださってうれしいです。
でも、もとはと言えば、うちの猫のせいなので、本当に申し訳ないことをしてしまったと、かわいそうに思います。
一度人間の手に育てられてしまった野鳥が、野生に戻るのはとても難しいそうです。
私のベイビーを受け取ってくださった方に、ゆだねてお任せするのみです。
無事に育って欲しいです・・・。
2007/05/14 20:02 | mar(マル) [ 編集 ]

☆ちゅんたろうさんへ

ああ、嬉しいです。
(*ノノ)シクシク・・・。
本当にありがとう。

スズメの子に外傷がなかったのはそのようなわけだったのですね。
それではナラちゃんをしかるのはやめておきましょう。
私のところに届けてくれてありがとう、と、言いますね。
運命・・・偶然・・・必然・・・。
ショーペンハワーの言う「意志」かもしれないですね。
大いなるものの計画の中に、小さなスズメの生涯も入っているのでしょう。
2007/05/14 20:06 | mar(マル) [ 編集 ]

ほろり(涙)。

marさまのお人柄が浮かびます。

このスズメちゃんは、marさまに出会えて、たった2日とはいえ、ホントに幸せだったと感じてくれているはず。

動物って、分かるんですよね。

母性。家にもワンコがいるし、子供も大好きなので、色々思いながら読ませていただきました。


ステキなお話、ありがとうございました。
2007/05/15 00:16 | エロミ [ 編集 ]

☆エロミさん

温かいコメントをありがとうございます。
私は、もう、ヒナが小さすぎて、なんとか生きて貰わねばと、必死で口に食べ物を押し込んでいました。
上手く口に入らないものはこぼれたり、顔についてしまったり・・・。
もっと上手にできたのではないかと、今はかわいそうに思っています。
今も、窓の外でスズメの声がしています。
今までよりずっと、スズメを身近に感じるようになりましたよ。

当たり前のように飛んでいるスズメたちも、ヒナの頃は何度も何度も親が口にエサを運んで一生懸命育てたから、大人になれたのでしょうね。
そう考えると、無事に育つというのは決して当たり前のことではないですね。

私たちも、何度も夜中にミルクをもらい、おしめを買えてもらいながら大きくなった。同じですね。
母の日のプレゼント、一週間前から母に
「何がいい?考えておいてね。」
と言っていたのに、母が迷っている間に過ぎてしまい、今だに
「何がいいの?そろそろ決めてよ~。」
と言っているダメ娘の私です。
エロミさんは、いい母の日を過ごされましたか?
2007/05/15 15:56 | mar(マル) [ 編集 ]

がんばったねえ、すごいことだよ~
わたしも子供のころは、巣から落ちた小鳥や、
虫かごに入れられたまま捨てられた、ねずみかモグラの子供とか、まあ拾ってきては育てて、そして死なれて・・・。うちの庭は墓だらけになっちゃってたな。
でも、こうして大人になっちゃうと、自分のことと身近な命の世話にばかり気が行って。
「明日早起きしなきゃだもん、世話できないわ」なんてあきらめちゃいそう。
あなたのその愛の深さと行動する勇気に、いつも、いやますます、感じ入るばかりです。

コメントにウチノ話がでてきてニマリ。
今日は娘が早々に寝てくれ、旦那も帰ってきてくれたので、こうしてPCに向かえています。ありがたや。数ヶ月に一度です・・・

あなたの撮る花の写真も大好き!!ただひたすらに、正面から真ん中にすえる撮り方、強いのにやわらかなたたずまい。あなたらしくて・・・。

長くなりました、めったにかけないから~
公演おつかれさま!
またゆっくり、子供抜きでのんびり話がしたいなあ・・・
2007/05/20 00:04 | あやむつまま [ 編集 ]

☆あやむつままちゃんへ

わぁぁぁぁぁ~~~~~~~!!!
:*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*:
コメントくれてとっても嬉しいよ。
初めてだね!!感激だぁ。
一年生の熊プー(別名なおくん)のままも、これ見てたらコメント下さい!(笑)

そうそう、ここ何度か立てつづけに、あなたのことをコメントの中で話題にしていたね。
特に、「花のたましい」のところに書いた、「子供は親を選んで生まれてくる」というところで、この間会ったときに聞いた言葉を思い出していました。
「未熟な自分のために、特別にいい子が生まれて来てくれたと感じている。」
という言葉。
すっかりお母さんになって頑張っている日々の中でそう実感できるのはすごいことだなぁって、とっても感激して聞いていたよ。
そのこと書いたの、見てくれていたんだねぇ。嬉しいよ。
あ~ちゃん、む~くん、元気ですか?
かわいい二人にまた会いに行きたいです。

そういえば、あやむつままちゃんも、昨年末だったかな、偶然に野良猫が産んでしまった子猫の引き取り手を一生懸命捜して、無事に全員里子にするところまで頑張ったよね。
お互い、やっぱりいたいけな命は見捨てられない性分だね。
だから、人生の半分以上親友で来られたんだなぁって。
これからも、末永く仲良くしてね。

花の写真も、誉めてくれて嬉しかったよ。

映画の話、色んな話、また会ってゆっくりしたいよ。また遊びに行くね!!
2007/05/22 23:20 | mar(マル) [ 編集 ]

かわいいですね。marさんの優しさとヒナのかわいさに、読んでて、泣かされました。
どうして、涙がでるのでしょう~~
2007/05/27 11:49 | みるく [ 編集 ]

☆みるくさんへ

優しいみるくさん、ありがとうございます。
小さな命を2日間必死で世話させてもらえたことは、私にとっても大きな経験でしたよ。

小さなものを愛すること・・・。
ただただ生きて欲しいと、必死で願うとき、こんな私の中でも大きな「愛」が働いていたような気がします。
もしかしたら、地球を動かしているのは、そういうエネルギーのかたまりなのかもしれない、などと思うときがありますよ。

私たちも、スズメの赤ちゃんのように、大きな保護と愛の中にいるのかもしれませんね。そうなら嬉しいなぁ。
2007/05/27 21:35 | mar(マル) [ 編集 ]

実は実は。。この記事を読んで、写真も見て、ずいぶんと泣きました。
手がつけられないほど、こころが揺れました。

自分の中の封印された思いが、出始めているこの頃ですので、泣ける時はすごいチャンスです。
それで、泣けるだけ泣いて、自分の中の思いを引っ張り出してみました。

そして、気付いたのは、
もっともっと、と全身全霊で餌をねだるヒナと。
最初、それが足りなくて死にかけていたヒナ。
そのどちらもを、自分の中に見たのだということでした。

自分がほんとうは、あのヒナのように、誰かに包まれたいのだと。ほんとうは、あのヒナのように、うるさいくらいに大きな口をあけて、もっと、もっと、と、餌をねだりたいのだと。
その思いがあまりに強過ぎて具合が悪くて、押し殺してきたのだと。。

それがわかった時に、もう、耐え切れなくなって
ずいぶんと泣きました。

「母」を、求めているのでしょうね。


でも、ほんとうは、このmarさんのように、
たった一羽の死にかけたすずめのヒナですらも愛情深く見守り、面倒を見てくれている大きな存在があって、
たとえ、1度に満たされることがないとしても、確かに、たくさんの人の愛が少しずつ寄せ集まって今の自分を生かしてくれているのだとも気付いて。。


まだまだ、自分の中に、見るまいと目を背けてしまいこんでいる悲しみや飢えがあるようです。

もっともっとそれらに整理がついて、
もっともっと泣いて、
もっともっと、自分を癒せたら
もっともっと、素敵に笑うことのできる自分になれると思う。

そのときは、東京にいけたらいいな。
大好きなマイミクさん達に会いたいなと思います。

まだ、しばらくは
この写真で泣けそうです。。。

でてこいでてこい、わたしのひな鳥。
でてこないと、餌もあげられない。
大きな口開いて、わがままなくらいに鳴いてごらん。
もっと、もっと。。と。
2007/05/28 13:17 | みるく [ 編集 ]

もうひとつだけ、、書かせてくださいね。

marさんのとっても素敵なところは。。

すずめのヒナをこれほどに愛されて、しかも
猫ちゃんをも、愛されているところ。。。


うがった解釈をしてしまいました。

たとえばヒナがわたしであるというならば、
ヒナを愛されるmarさんは
わたしを傷つけたものをも、きっと
愛することをご存知なのだろうなと。。。

そう、責めるべき人もものも、本当はないのです。

何もかもが、ありのままでそのままで良いのですよね。

たとえ不完全でも、たとえ、傷つけあうことがあっても。。。


marさんから、そのような素敵な空気が流れてきます。癒しをありがとうございます。

まるで曽根崎のラストのひかりと花びらのよう。。。^^
死んでなお、癒されるひかり。。。
2007/05/28 13:25 | みるく [ 編集 ]

☆みるくさんへ

なんだか、そんな風に言っていただいて、もったいないようです。
みるくさんに優しい人間だと思っていただくと、本当は自分勝手でワガママな私ですが、なんだか優しい私に少しずつなっていけるような幸福を感じます。
本当にありがとうございます。

それで、ふと思ったのは・・・。
このブログで私が優しい心でいられるならば、それは、コメントをくださる優しいみなさんが、私の中の優しい面を上手に引き出してくださっているからだろうと・・・。
人間は立体的だから、光の当てられる面によって見え方が変わってくるのですね。
人間同士の相性というのは不思議なものですね。
そして、こうして温かい気持ちで心を通わせあえるというのはとても嬉しいことですね。

みるくさんに見える私は、みるくさんの持つ優しいひかりが照らし出してくれた私の一面なのでしょうね・・・。
つまり、みるくさんご自身の光の輝きのおかげだと、そのように思っています。

ある人といると、素直で優しい私でいられる。別の人といると、なぜか小意地悪な冗談ばかり言ってしまう。ある人といると落ち着いて深く考えることができたり、またある人といると調子に乗ってふざけて笑ってばかりいたり・・・。
どれも私だけれど、でも、何だか違う。
人がいて、色んな光に照らされて、はじめて自分が立体的に見えてくる。
それは、楽しい発見、そして時にはつらい発見ですね。
でも、目をそらさずに自分の中のヒナを見つめ、自由にしてあげようとしていらっしゃるみるくさんのまっすぐなお心に打たれます。
私も、自分の好きなところも嫌なところも、ヒナを愛したように、ヒナを誘拐してきた猫を責める心無く完全に最初から許していたように、愛し、許していきたいなぁと思っています。

私も最近泣きました。
こんな脳天気な私でも、時には涙を流します。
でも、涙には、浄化作用があるのですね。
たましいがふるえて、涙が出るとき・・・・その時は、自分の心が大きく動いているとき。
感受性が楽器のように響いているときなのですよね。
みるくさんのおかげで、それはきっといいことなのだ、と思うことができました。

重くどんよりした曇り空が、蓄えた雨をたっぷり降らせきったあとにはスッキリ晴れてゆくように、涙のあとには心も軽くなっているのでしょうね。

雨上がりの心に美しい虹が架かったら嬉しいですね!
2007/05/28 21:10 | mar(マル) [ 編集 ]

ああ 私も思います。
2007/06/17 11:14 | おいしい [ 編集 ]

☆おいしいさんへ

ありがとうございます!
時々、今どうしているかなぁと考えます。
無事な成長を願っています。
2007/06/25 09:00 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/126-a69ea583

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。