2017・11
<< 10 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/14 (Mon) 露を宿し・・・。

雨の日に撮った写真です。
水滴がキラキラ・・・。


20070514201953.jpg




20070514202026.jpg




20070514202058.jpg




20070514202125.jpg




20070514202144.jpg




20070514202219.jpg


基本的に、木に咲く花が好きなので・・・。
パンジーはつまらない、
って、思っていました。
(ごめんなさい。)


でも、露を乗せる姿がかわいいと感じました。

我が家の庭の、小さな世界。

スポンサーサイト

comment

今回は花よりも水滴がテーマでしょうが、
目先が変わってこれも面白いですねー。

いつも美しい世界をありがとうございます。
2007/05/15 07:36 | ♪あし♪ [ 編集 ]

水滴が彩る小さな自然の世界・・。
いいですね!草や土のにおいが
香るようです・・。

雨上がりの自然の中では
「ス~!」とマイナスイオンが
入ってくるようで
思いっきり深呼吸がしたくなるほど、
気持ちいいですよね・・。

先日の僕のメッセージに書かれていたように、
今回のmarさんの露を乗せた花や葉を
ソフトフィルターで撮ると、
また優しく幻想的な「wonderful world」が
広がると思いますよ・・。
いつかぜひ試してみてくださいね!!
絶対楽しいですよ!

でも、こうして露を乗せた花などを
撮るということで
改めて本当に、花をはじめとする
自然が「大 大 大好き!!!」って
いうmarさんの気持ちが伝わってきます・・。
ただなんとなくきれいだから花を撮る
というだけの人は
雨に濡れた花を撮らないと思います。。
実はこうした自然の演出に
気付くか、そうでないかは
結局、感性ですよね・・。
こうした、視点を持っている
marさんに、心から
拍手したいです!!
(スタンディングオベーションです!)

そうそう、今度の日曜日に
フラメンコの舞台があるのですよね・・。
僕はフラメンコについては
まったくわからないのですが、
(すいません・・。)
情熱的でカタルシスのままに踊り、
その指先、その視線、その切ないほどの
表情など心を打つものがたくさん
あるような気がします・・。

その分、身体にはかなりの負担が
あると思います。
今までのコメントでも書かれていましたね・・。
腰や背中など痛めることも
多いかと思います。
どうか、いたわってあげてください・・。
僕がmarさんの写真や
心に響くようなあたたかいコメントで
どれだけ、癒やされていることでしょう・・。

それと同じ分だけ、いや、それ以上の
癒しといたわりをmarさん自身に
捧げてあげて欲しいって
心から思います・・。

今ではホントに
かけがいのない存在です・・。
ありがとう・・。
2007/05/15 15:56 | takashi [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

こちらこそ、いつも写真を見て下さり、温かい一言を下さることにとっても感謝しています!
ありがとうございます。
ヾ(*'-'*) ♪

天気のいい日でなければきれいな写真を撮れないような気がしていたのですが、また雨の日も、新しい楽しみを持って写真を撮ることができそうです。
2007/05/15 16:06 | mar(マル) [ 編集 ]

☆takashiさんへ

お忙しい中、メッセージをありがとうございます!
そうですか、ソフトフィルター・・・。
・:*:・( ̄∇ ̄人)。・:*:・
憧れです。

今、新しいカメラを買おうと真剣に検討中なのですが、レンズを付け替えられるような一眼レフはやはり大きさも、値段も、技術も、それなりに一流になってくるのだろうなぁと・・・。
そう考えると、持ち運びが便利な小ぶりのデジカメも最近はすごく進化していると聞いて、そちらに傾きかけています。
富士フイルムのfine pixの新しい良いもの(f31、f40)は、ズームも効いて、花の接写もできるし、色も美しいと薦められました。
どうしようかなぁと、楽しく悩んでいます。
あまりにたくさん種類があるので、迷ってしまいますね。
あまり贅沢は言わないのですが、とにかく、花の写真がきれいに撮れて、背景がまろやかにぼけたり、思う存分接写できたりしたらいいなぁと思っています。
私の今使っているカメラは、一定距離を保たなくては焦点が合わないので、しょっちゅう近寄りすぎては、遠くにピントの合ってしまったボケボケ写真を撮っています。


水滴はきれいですね。
花はやっぱりみずみずしいほど美しいみたいです。
水も滴る・・・とはうまいことをいったものですね。
パンジーは、門の周りにたくさん咲いていて、それまでは毎日見ていたはずなのに目に入っていませんでした。
でも、雨の日に、あまりにたくさんの水滴を載せているのを見て
「はっっっΣ(・ロ・ノ)丿!!」
としました。
花びらがビロードのようになっているから、たくさん露をのせられるみたい。
この「はっっΣ(・ロ・ノ)丿!!」
という思いを大事にしたいです。


フラメンコは、カタルシスまで行くのが大変で、90%くらいは苦行(笑)といった感じです。
と~~~ってもハードです。
とくに今度の公演は、「曽根崎心中」という物語をフラメンコで表現したものなので、対決のシーンなど、命がけです。
青あざが絶えないし、首も痛めるし。
でもとっても楽しいんです!!
いい仲間がいて、支えてくれる人たちがいて、こういう舞台に立たせてもらえることを心から感謝しています。
どうぞ、いつか見にいらして下さいね♪

・・・言って下さったとおり、自分の身体をちゃんといたわってメンテナンスしていきたいと思っています。
そちらの面でも、どうぞアドバイスお願いしますね♪


2007/05/15 17:23 | mar(マル) [ 編集 ]

パンジーの毒毒しい色が、クリスタルのような水滴を通すとこんなに瑞々しくエレガントに生まれ変わるのですね。

私もパンジーにはそれほど思い入れはなかったけれど、イエロー×パープル、ボルドー×ローズ×イエローか‥‥。
ふむふむ、インパクトのある色合わせが新鮮だわぁ。
いただき!!!
2007/05/15 22:54 | erte [ 編集 ]

☆erteさんへ

本当に、「自然」のつくりだすカラーコーディネートにはいつも驚かされます。
微妙で美しいグラデーションや、意外な色の組み合わせ。
花の形、葉の形、どれも個性的でユニークで、でもすべて理にかなっている。
さすがだなぁ、と思います。

「自然」にアイデアを求めていけば、無限大に広がっていきそうですよね。
だから花の写真も、撮ってもちっとも飽きないのかもしれません。
2007/05/16 00:35 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/127-686e7d6e

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。