2017・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/15 (Tue) 花のたましい

20070515163243.jpg
緑の中に赤の対比が美しい。


20070515162456.jpg
新緑の中に見える祈りの姿。


20070515162517.jpg
やさしい顔のお地蔵さんがずらり。
その一つ一つに、置いた人の祈りが込められている。



20070515162553.jpg
大きなお地蔵さんの両脇に、小さなお地蔵さんずらり。
みんなみんなやさしい顔をして。


20070515162623.jpg
石楠花(しゃくなげ)の花。
花びらが光を透かし、美しく咲いていました。


最近、身近な人から立てつづけに「残念ながら流産をした」という話を聞きました。
生まれてくる子供を待ち望む幸福の中にいた人たち。
「どれほど大きな悲しみだろう…」と、本当に胸が痛みます。
小さな命が無事に生まれてくるまでには、大変な道のりがあるのですね。
命を身体に宿すこと。
それをこの世に産み出すこと。
簡単なことではないのだとあらためて思います。
命………。
赤ちゃん……………。

昔、学校の授業で、生命が誕生するまでの体内を撮った映像を見たことがあります。
それはもう、見たことのない神秘的な映像でした。
人体の中には、私たちのはかりしれない宇宙空間が広がっているのですね。
数億個とも言われる精子が熾烈な旅をして、その中から一番生命力を持った、たった一つの精子だけが卵子と結合することができる。
その受精の瞬間、受精卵は一瞬だけ発光するそうです。
新たな命の誕生の瞬間に、それを宿す女性の体の中には、光が灯るのです!
そのことに、心から、とてもとても感動しました。
大げさでなく、奇跡がたくさん積み重なって、やっと、一人の人間の誕生にいたるのだと知りました。
自分や、まわりの人の命が、数億個の中から生き残ってさらに段階を経てようやく生まれることのできた、かけがえのない貴重なものなのだと思いました。

先日テレビでこんな話を聞きました。
「赤ちゃんのたましいは、
『あの人のところに生まれよう。』
と、両親を選んで宿るのです。
だから、生まれずに亡くなってしまった子のたましいも、
まだ近くにいて、
『やっぱりあの人たちがいいな。』
と思えば、
またおなじ両親の元へと生まれてきてくれるのですよ。」

これが本当なのかどうか私には分かりませんが・・・。
でも、もしそうだったら、どんなに嬉しいでしょう!!
いったん「亡くしてしまった、もう会えない」と思っていた小さな命に、ふたたび出会えるのだとしたら・・・。
悲しむ人の心は、どんなに慰められるでしょう。

残酷で辛いことの多い人生だから・・・。
そんな夢を見ることも、許されていいのではないでしょうか。
亡くしてしまった小さな命。
その子のたましいが、また同じ母の胎内へと宿ってくれたら・・・。
そして、その子を無事に産み、抱きしめることができたなら・・・。
どんなに嬉しいことでしょう。

小さな命を失って、悲しんでいる大切な人たちに・・・。
「きっとまた、同じたましいを持つ赤ちゃんに出会えるよ!」
そう言ってあげたい、と思っています。


この文章を書きながら、心に浮かんできた金子みすゞの詩と聖書の言葉を紹介します。


*「花のたましい」(金子みすゞ)

ちったお花のたましいは、
みほとけさまの花ぞのに、
ひとつのこらずうまれるの。 
だって、お花はやさしくて、
おてんとさまがよぶときに、
ぱっとひらいて、ほほえんで、
ちょうちょにあまいみつをやり、
人にゃにおいをみなくれて、
風がおいでとよぶときに、
やはりすなおについてゆき、
なきがらさえも、ままごとの
ごはんになってくれるから。

金子みすゞ記念館HP
http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/misuzu/index.html


*「さいわいなるかな、かなしむ者。
  その人は、なぐさめられん。」
新約聖書 マタイ伝 山上の垂訓より


 

スポンサーサイト

comment

今、6ヶ月になる孫を連れて娘が遊びにきていますが、
その孫の成長してゆくありさまを見るにつけ、
本当に生命の不思議を感じますね。

この先も無事に育っていってくれることを
願わずにはいられません。


金子みすゞや八木重吉の詩は、いいですよね。
2007/05/16 07:20 | ♪あし♪ [ 編集 ]

こんばんは!
金子みすゞの詩、かわいらしい中に
強いメッセージがあるような気がします・・。
まさか26歳で生涯を終えた人の
詩とは思えないほどですね・・。
「金子みすゞ」の名は初めて知りました。
また、marさんの日記から
心の勉強ができました・・。
ありがたいです・・。

お地蔵さんにしても
しゃくなげにしても
写真のアングルがいいですね・・。
緑と鳥居の赤をいいアングルで
撮っているな~って感じました。
身の回りや自然に、
常にアンテナを向けているからこそ
気持ちが写真に現れていますね・・。

『やっぱりあの人たちがいいな。』
と思えば、
またおなじ両親の元へと生まれてきてくれる
のですよ。」

僕もそう思います。
そうであって欲しい・・。

子供が生まれくるときに
親を選んでこの世に舞い降りてくるというのは
僕も何の疑いもなくそう信じています。
受精の瞬間、受精卵は一瞬だけ発光するのは
きっとあの世からの魂が宿った瞬間なのかも
しれませんね・。

誕生は本当に奇跡の積み重ねですよね・・。
僕はふたりの男の子の出産に立ち会いました。
それは、本当に素晴らしい瞬間です。
今、思い出しても涙が出るくらいです。
思わず「選んでくれてありがとう!」と
叫んだほどです・・。
長男が3歳くらいの時に
「どうしてこのお父さんとお母さんを
選んだの?」って聞いてみたことがあります・・。
「う~~ん、わかんない・・」って
答えが返ってきましたが・・。(笑)
来年くらいに次男にも同じ質問をしてみようと
思います。
子供がいるせいか、誕生の神秘には
とても関心があります・・。
3歳を過ぎるとこの世の情報があまりも多すぎて、
前世のことやお母さんのおなかの中にいたときの
記憶は忘れてしまうんだそうです・・。

中には、おなかの中にいたときのことや
前世のことまで語る子供がいるそうです。
「ママのおなかの中、気持ちよかったよ!」
「生まれるときね、光が差してすっごくうれしかった」などなど・・。
神秘的ですよね・・。
奇跡の積み重ねによって
生まれてきて、この世の修行を終えて
あの世に帰るとき
「お疲れ様、世の人の喜びやしあわせのために
よくがばりましたね・・。ず~と見守って
いましたよ・・。さぁ、一緒に・・」と
守護霊やお導きの魂が浄土に案内してくれると
聴きました・・。

この世には修行に来ているんですね・・。

寿命の長さではなく、
どれだけ他人のために業をなしたか、
どれだけの人の笑顔やしあわせのために
尽くし、生きたか、
どれだけの人の心を打つようなことを
成したか・・、それが
修行なのだと思っています・。

marさんはこの日記を通して
たくさんの人の心にあたたかな
メッセージを送られていますよね・・。
これも偶然ではなく
marさんの素敵な素敵な業の一つだと
僕は思います。

流産された方は本当につらい想いをしたと
思います・・。
でも命は、そして魂は、また
生まれくるとしたら、また出会えるとしたら
きっと前向きな気持ちになれますよね・・。
そうあって欲しいと心から思います。

そしていつかこの世での修行を
終えたときにあの世に持って帰れる
唯一のものも魂だけですからね・・。

いつもいつも
心からのメッセージをありがとうございます。
marさん、ホントにありがとう・・。

2007/05/16 23:44 | takashi [ 編集 ]

私の周りでもちょっと前まで、残念なお知らせが続いていました。
あまりの多さに本当に悲しかったです。
それが、ここ最近は「妊娠して安定期に入ったよ」「産まれたよ」という幸せのお知らせが増えています。
うれしいものですね。

その中には戻って来てくれた子供もいるのかもしれませんね。
marさんの日記を読んでそんな気がしました。

つい最近、私のとっても身近な友達も妊娠が発覚。
すでに7歳と9歳の男の子がいたので、本人も周りも驚いてしまいました。
旦那様が一回りも年上の方なので、将来を考え夫婦でかなり迷ったようですが、彼女は産む事を決意しました。
目先の苦労よりも「自分を選んでくれた」という喜びが勝ったんだと思います。
その勇気を心から尊敬します。

子供の命を宿し、五体満足に産む事は、本当に奇跡ですね。
そして、子供を育てる事の大変さは計り知れないものがあります。
経済的にも精神的にも日々の苦労はたくさんたくさんあるのだと思います。

それでも、大きな幸せを感じる事ができるんですよね。

私はまだ経験がないのでわかりませんが・・・。

命の神秘。
不思議です。

私もいつか子供を産みたい。
親になって、ちゃんとした一人前の人間になりたい。
まだまだ自分の事しか考えられない小さなヤツなので、
子供に育ててもらいたい。

「○○してもらいたい」なんて言ってるようじゃダメですね。
こんな私を選んで、いつか来てくれるかな。
2007/05/17 01:16 | erte [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

六ヶ月の赤ちゃん、さぞかわいらしいことでしょうね。
私にも、もうすぐ九ヶ月になるかわいい甥っ子、ヒロ君がいるんですよ。
赤ちゃんは六ヶ月前まで、まだこの世界を知らずに、お母さんのおなかの中にいたのですね。
そしてその前は、いったいどこにいたの?
何だか不思議な気がします。

私も、♪あし♪さんのお孫さんの健やかな成長を、心から祈っていますね!!

金子みすゞの詩には、独特の視点があってハッとさせられることが多いです。
八木重吉の詩、名前だけは知っていてもあまり読んだことがなかったので読んでみますね!
教えてくださってありがとうございます。
2007/05/17 17:56 | mar(マル) [ 編集 ]

☆takashiさんへ

じつはこれ、3回目のお返事です・・・。
今まで2回、一時間近くかけて書いたお返事が消えてしまうという、不思議な悲しい(?)出来事があり、かなりへこんでいました。
( ̄― ̄°)ぐすっ
パソコンがゴキゲンななめ!?
それとも、なにかこの出来事にメッセージがあるのかな?
さぁ、3度目の正直にチャレンジです!
お待たせしてごめんなさいね。

お子さんに聞いてみたんですね♪
私も以前、2~3才の子は、胎内にいたときの記憶を語ることがあるということをどこかで読んで、自分の子供をいつか持つことができたら、必ず聞いてみよう、と楽しみにしていたんです。

自分自身のことを考えても、いったい母の胎内に宿る前の自分はどこにいたんだろう、と、不思議になります。
でも、そんな大きな不思議を対して不思議とも思わずに生きているのですけれどね。
完全な「無」から、いきなり生命体が誕生したのか・・・。
それとも、この今の肉体はたましいの仮の住みかであって、肉体に寿命が来たらたましいはまた肉体を離れて旅を続けるのか・・・。
実際には、何も解明されていないことばかりですね。
もしかすると、前世や来世、輪廻転生や、宿命、天国も地獄も、人間の心がつくりだした幻想かもしれませんね。
でも、その幻想によって、日々をより良く生きることができるなら、いいのかもしれません。

「この世には修業に来ている」
というtakashiさんのお言葉の意図、よく分かるつもりです。
毎日を大切に生きて、様々な経験から学び、心が動く思いを丁寧に重ねていくことによって、少しずつ成長していくことが大事なのですよね。
国籍、時代、性別、家族、名前、容姿、自分では選べないものばかり。
でも、偶然に与えられたそれらには、きっと自分にとって重要な意味がある。
生きていく上で、克服しなければならない課題だったり、教科書だったりするのでしょうね。
やはり、一人一人に、その人ならではの備えられた道、役割が、用意されているように思います。
一生懸命に生きないといけませんね。


私の友人は、
「うちの子(2才、0才)はとってもいい子。
きっと、こんなダメな私でも無事に育てることができるように、特別にいい子が私のもとに生まれてきてくれたような気がする。
『このお母さんには、私たちがいないとダメなのね。」
って言って、私を選んでくれたように思う。」
と言っていました。
それを聞いて、感動しました。
「私を選んで生まれてきてくれてありがとう」、
という感謝を持って子供を育てることができたら、素敵だなぁと思います。
takashiさんのお子さんも、takashiさん夫妻のことを選んで生まれてきたのだと思いますよ。
「わかんない」
の言葉の後に、
「わかんないけど、でも、何だか好きになったんだよ。」
っていう気持ちがあるように思いますよ。
愛のある家庭・・・、とっても素敵です!
。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・

そう思うにつれ、日々報道される幼児虐待や育児放棄に、本当に憤りとやるせなさを感じます。
さまざまな奇跡の果てに、宇宙にたった一つしかないかけがえのない命が、自分を選んで生まれてきてくれた。
もっともっとその意味を、みんなで重く受けとめていかなくてはならないと思います。

どんな子も、健やかにたくさんの愛の中で育つことを祈ってやみません。
みんなみんな、元気に大きくなって欲しいです。


2007/05/17 23:07 | mar(マル) [ 編集 ]

☆erteさんへ

erteさんは、もうちゃんとした一人前の人間ですよ~!
ヽ( ´ ▽ ` )ノ ♪
それも、とっても素敵な・・・。
親になってもならなくても、それは変わらないように思いますよ。

親になる喜びを持つ人が多数いるのと同時に、なりたくてもなれなくて苦しんでいる人がいて、そして、ならないという道を選択する人もいる。
どの人生にも、やはり変わらぬ価値があると思います。

私自身も、子供もいないし結婚すらしていないので、ときどき肩身の狭い思いをするように感じることもありますが、これはこれでいいのだと思っています。
(負け惜しみ?笑)

でも、私も、将来的には結婚して子供を持って、たくさん家族を愛して生きたい、と思っています。

子供がいることで、はじめて得られる喜びがあり、いるからこその悩み苦しみがあり、また失うものがあり・・・。
子供を望んでも持てないことで、感じる苦しみやつらさ、でもその経験から学んだり成長できたり、人の心の痛みがわかるようになったり、忍耐強くなれたり、夫婦のきずなが見えてきたり・・・。
子供を持たないことで、持っている人のような子供ゆえの幸福は得られなくても、自由な自分のための時間があり・・・私のように、親に甘えながら踊り続けることができたり、こうしてブログに時間を割けたり、ね(笑)。

色んな人、色んな人生。
引用した詩人の金子みすゞも、
「みんなちがって みんないい」という詩を書いています。
どれか一つの道だけがすばらしいということはきっと無くて、どれもそれぞれに一長一短。
自分は何を選ぶのか、ということなのでしょうね。

ただ、私が唯一(?)恐いのは、いったん親になってしまったら、もう二度と、親ではない自分には戻れない、ということです。
その重責を、ちゃんと担えるような自分かどうか、ちょっと不安に思いもします。
友人が、
「食事、入浴、睡眠。この、当たり前なことをただやりたいだけなのに、赤ちゃんがいるとどれも満足にできない。」
という話に驚愕!
自分の時間をすべて捧げなくては子育てってできないのかも…とビビリました。
フラメンコなんて、当分無理、ですよね~。
いったん産んでも、カンガルーみたいに、おなかにしまったり出したり自由にできればいいのになぁ…なんて、バカなこと思ったりします。

でも、きっとerteさんの言うとおり、子供が私を一人前のお母さんへと育てていってくれるのでしょうね。
育児は育自、なんて言ったりしますものね。

それはそうと・・・。
私たちの子供になろうと、待ちかまえてくれているかわいいたましいが、いてくれたら嬉しいですね♪
ヽ(*^ー^)人(^ー^*)ノ

もし私を選んでくれるなら、どんな子でも愛し受け入れたいと願っています。
以前、『五体不満足』という本を読んだときに、作者の乙武さんのお母さんは、重い身体障害を持って生まれた我が子を見て、
「天使のようにかわいい!」
と無条件に思ったそうです。
私もそうなれたらいいなぁと思っています。
あくまで理想、ですが。(笑)
2007/05/17 23:26 | mar(マル) [ 編集 ]

言葉の意味で
子どもは親から生まれるけど 子どもがいなければ親とは呼ばれない。このことは 人との関係を思うとき なにかを示してくれるヒントだと思っています。
私は親になったのではなく、させられたと言う方が正しいダメ親です。
2007/05/18 23:16 | kinokoji [ 編集 ]

☆kinokojiさんへ

kinokojiさんのブログの、すごい勢いで口を開けているツバメの赤ちゃんを拝見しながら、さまざまな感慨がありました。
ヒナの生命力に、ご自身のお子さんを重ねて書かれた短い文章に、たくさんのお父さんの愛情、熱い想いが凝縮しているように感じましたよ。
私も最近、たった2日ですが、赤ちゃんスズメのお母さんになったので、これまでとは少し気持ちが違っています。

自分が頑張らなければ、生きていくことのできない小さな命…。それが、人間を「親」にしてくれるのですね。
私もいつか…と願っています。
2007/05/23 22:07 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/128-e0e8fda2

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。