2017・09
<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/03 (Sun) 水無月

六月、水無月となりました。
一年も半分たちましたね。早い、早い!!
みなさん、いかがお過ごしですか?

今日まで実は仕事が山積みでとても忙しいのですが、こんなときこそ、私の心にも潤いが必要。
私の栄養補給は、優しい人の心と、踊りと、本と、音楽と、そして大好きな花の写真・・・。
それらがいつも身近にあることが嬉しい。
ということで、かの有名な(?笑)S病院のバラを載せますね。
よかったらどうぞ、ご覧下さいね。

ここに向かう時間・・・。
ほっと一息の時間です。
六月なので、ブログも衣替えしてみました。いかがでしょう?

昨日も、スタジオの仲間(これ見てくれてるカナ~?)が、
「携帯の小さい画面で、必死にmarさんのバラを見ています!」
と言ってくれたので、照れつつも嬉しくなってしまいました。
最近スタジオに行くと、仲間が、
「marさんのバラを見てますよ。癒されます!」
と声をかけてくれます。
私は、本当にそのような優しい言葉にすぐに感激して、さらに調子に乗ってしまうのです。

これを今見て下さっている方、みなさん。
いつも、貴重な時間を割いて、写真を見て下さって本当にありがとう!!

人生が思うようにいかないときも。
迷って悩んでいるときも。
会いたい人に会えなくても。
未来が不安でも・・・。
それでも毎日朝が来て、かならず太陽が昇り、風が吹き、花が咲く。
「すべてを信じ、すべてを忍び、すべてを望み、すべてに耐える。」
みなさんの心に、たくさん美しい花が届きますように…と、祈りつつ。
感謝を込めて。



20070603104749.jpg


20070603104842.jpg


20070603104919.jpg


20070603105231.jpg

今日はオレンジ~ピンクのグラデーションの美しいバラです。
透きとおるような花びらが、温かい光のようです。
名前は不明。
(もしくは図鑑で見ると、「ふれ太鼓」かもしれません。「ふれ太鼓」とはあの、おすもうが始まるときのテンテテンテン…という太鼓のことらしい。なぜそれがバラの名前になったの!?バラのネーミングって本当におもしろい。)


 

スポンサーサイト

comment

本当にいつも綺麗なお花達・・・・うっとりです!!
あたしのブログのバカらしさに・・自分でショック!!

ああ~人格の差が出るのですね~~

maruさん・・・癒しと優しさをありがとう!
2007/06/03 12:55 | さるしおん [ 編集 ]

オレンジのバラ、華やかですね~!!

思わずフラメンコの衣装を連想してしまいました。
現実にオレンジ色の衣装なんてあるかどうか知りませんけれど…
2007/06/03 16:53 | ♪あし♪ [ 編集 ]

「ちいさくな~れ、小~さくなーれ」
おまじないで数ミリの私になり、つぼみの中に入ってしまいたいでーす。
2007/06/03 18:54 | もなか [ 編集 ]

いい意味で曖昧さを感じてしまいました。
心地よい曖昧さです・・。
カーニバルのような、踊り出しそうな・・。
それでいて可憐な感じがする淡いグラデーション・・。
不思議な曖昧さがとても魅力的で
心が引き込まれます・。

それでいて「ふれ太鼓」・・。
う~ん、不思議だらけです・・!
でも心地よい・・!!!!

花って、なんなんでしょう・・!!
心を潤し、癒やし、そして
澄んだ気持ちにさせてくれたり、
心を洗ってくれたり、明るくしてくれる・・。
一生懸命咲いて、ただただ100%
喜びを与えてくれる人生・・。
与えっきりの生き方・・。
すごいですね・・・。

お仕事、お疲れ様でした・・。
大変だったですね・・。

「ここに向かう時間・・・。
ほっと一息の時間です。」と聞いて
僕もほっとします・・。
こんなにも、こんなにも、癒やし、そして
安らぎを与えてくれるmarさんの
日記は、「ほっとする時間」の中で
生まれてくるのですね・・。
それを聞いてうれしいです・・。

マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグは
良かったですね!見終わった後に
ほんわかしました・・。
お母様と観に行かれたのですね。
このような淡々としたストーリーの中に
なんともいえない味わいがあるような
映画をお母様と行かれるなんて・・。
素敵なお母様ですね!!
感激です!!
ぜひお母様に「感激しました!」と
お伝えください・・!!!!!

marさんが言うように
この映画は
苦しいときに「~よりは自分のほうがマシだ。」と
言うことの繰り返しですが、
僕は人と比べるというよりも
自分の過去と比べることが多いです・・。
「あの頃に比べたら今のこんなことくらい・・」と
いった具合に・・。
そう思うと気が楽になるし、
前向きに「よ~しがんばるぞ!」って、
そんな気持ちになります。
そう思わせてくれることに
とてもありがたいっていつも感じてます・・。

この映画の監督のラッセ・ハレストレムの作品では
「サイダー・ハウス・ルール」と「ショコラ」も
好きですね・・。
この監督さんだからこその
味わいがあります・・。
最近はこんな淡々と過ぎていく映画が
大好きです・・。
見終わっても、しばらくしても余韻が残ります。
うまく説明できないのですが、
そんな「なんかうまく説明できないんだけど、
なんかいいんだよな~」っていう
映画が好きです・・。

またこれからも見た映画やDVDなどがありましたら
僕にもぜひぜひ教えてくださいね!
楽しみにしています。
ぼくもまたDVDなどを観たら
書いていこうと思います・・。
といってもすでに今月になって
3本もDVDを買ってしまいました・・。
久しぶりに買ったのですが
ちょっと衝動買い・・!
武士の一分」「リトルミスサンシャシン」
「眺めのいい部屋」です。
「武士の一分」はときどき
marさんの夢に出てくる木村くん主演ですね!(笑)
昨年末に映画館で観たのですが
木村くんは
すごい熱演で引き込まれました。
ボロボロ泣いてしまいました・・。
また泣きたくて買ってしまいました・・。

さて、今日はどんな夢を見るでしょうか・・。
おやすみなさい・・。
2007/06/03 21:27 | takashi [ 編集 ]

ブログも衣替えされて
蓮の花を連想させるようで
実は月下美人ですよね~。
これから開花の時期…。
私も一度観た事があります。
夜中に予告無しに一日だけ真っ白く光り輝いて咲くのは幻想的で感動します。
この画像はmarさんが撮影されたのを加工したのですか?
それにしても雰囲気がとてもよく表現されてます。
とても和みますよ!!

薔薇も綺麗ですね~っ!!
今回のオレンジの薔薇は、微妙な濃淡でグラデーションがついてて、なんともゴージャスな風格が出ている。
ピンクの方は、フリルみたいにとっても派手やかに。私も一瞬フラメンコの衣装を思い浮かべましたよ。

薔薇は育てるのは難しいと聞きます
手入れが行きとどかないとすぐ枯れてしまうと。
それだけ愛情が必要な植物なのですね。
その、育てて頂いた愛情をいっぱいに受けて
そして、つぼみから開花し見る人々の心を癒し
そして散って行く。
こんなに種類が多く、こんなに綺麗に咲いているS病院の薔薇は
皆さんに愛されて精一杯咲いてるのが伝わって来ます。
そして、それを見つけて自分たちに見せてくれたmarさんに感謝です。
毎回、心の奥底から癒されます。
そして、自分の怠けに渇を入れて人の為に頑張れる事をしなければと思うのです。

ありがとうございます。
また、今度はどんな花が自分たちを癒してくれるのか楽しみにしています。
2007/06/04 01:18 | ドッシャン [ 編集 ]

週末はバタバタしていて久しぶりに日記を見ました。
marさんもお忙しかったようで、そんなに日記が溜まってなくて安心しました。ほっ。

突然ですが、
私、バラをテーマにした衣装を創ります。
marさんの写真を見るたびに想像力をかき立てられるのです。
前に見た、薄ピンク~フューシャピンクのグラデーションはイメージできてるのです。
今回の、イエロー~オレンジ~フューシャピンクも大胆で舞台映えしそう。
もしも、これから梅雨になってアジサイの写真が登場したら
ブルー~パープル~ピンクのグラデーションになるのかしら?

今から楽しみです。
2007/06/04 19:52 | erte [ 編集 ]

バラって なんだか大人なお花で
トゲトゲした所があるなぁ。。と子供感覚の私は思っておりましたが。。。
この写真を見る限り トゲトゲ感がちっともありませんねっ  やはり撮る人の心を表すものなのでしょうか?? 素敵な写真に心を癒されました
2007/06/04 21:45 | momoigogo [ 編集 ]

☆さるしおんさん

そんなことないですよ~!!
伸びやかで明るく元気なさるしおんさんのブログ、楽しみに拝見させていただいています!
こちらこそ、ありがとうございます♪

季節の変わり目は体調に影響が大きいですよね。
息子さんのぜんそく、楽になるようにお祈りしています!!

実は、この場は、特別に大事にしたいので、あまりマイナスなことは書かないようにしているんです。
あとで読み返したときに、幸せな気持ちになれる場にしておきたいなぁと。
だから、実は・・・・・・・(笑)。
2007/06/04 22:55 | mar(マル) [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

フラメンコとバラは一緒にイメージされることがすごく多いですね。
ビゼーのオペラ『カルメン』で、ヒロインのカルメンはまさに真っ赤なバラのイメージですものね。(メリメの原作もそうなのかしら?)
華やかで美人、めっぽう気が強くて、人を魅了してやまない恋多き女の人・・・。
フラメンコをやっている方には、そのようなタイプが多いかもしれません。(私は違うかも・・・。)
オレンジの衣装、ありますよ!私も一着もっています。
いつか見ていただけますように・・・。
2007/06/04 23:00 | mar(マル) [ 編集 ]

☆もなかさんへ

ふふふ・・・。
。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
親指姫、もなかさんのかわいらしい姿を想像してしまいました。
いい香りにつつまれて、柔らかい花びらの中で、良い夢を見られそう・・・。
2007/06/04 23:03 | mar(マル) [ 編集 ]

☆takashiさんへ

曖昧さ、という意味、分かる気がします。
やわらかさ、と言ってもいいかもしれないですね。
この写真では、花びらの質感が上手くお伝えできないのが残念なのですが、実はとっても、透明感があるんですよ。
透きとおるような・・・。
本当に美しかったです。

ときどき、考え事をしていると、つい「辛口批評家」になっている自分に気付くときがあります。
フラメンコのこと。
文学のこと。
仕事のこと。
周りの人のこと・・・。
頭が先行して、シビアに冷淡に、高みに立って何かを裁いてしまっている自分がいます。
それに気付くと、
「ああ、いけない、いけない」
と思い、
そして、厳しく冷たい目で物事を見ていた自分に、自分自身で傷つきます。
自己嫌悪、ですね。
でも、不思議と、花に対峙するときは、かならず素直で優しい気持ちでいられるように思います。
「ああ、きれいだなぁ、かわいいなぁ・・・」
と、ただただ良い想いが込み上げてきます。
そんなとき、自分のその心の良い状態に、自分自身で癒されます。
赤ちゃんや小さな子や動物に対するときも、同じです。
私は命そのままで精一杯生きているようなものに美を感じ、深く強く感動するようです。
わたしの心を優しく素直にしてくれて、優しい私を目一杯引き出してくれるそれらが、だから好きなのかもしれません。

ここ(Wonderful World)を書きはじめた最初の第一回目の記事に、このように書きました。

<必ず守ること>
・書く文章によって私自身の人間性が問われていることを胸に刻むこと
・「心」と「成長」の記録の場にすること
・自分自身の心に深くもぐり、それをいつも真っ直ぐに見つめること
・匿名性と安全が完全に守られ重んじられるよう気をつけること
・ひとにやさしく!
・目指す方向が「真善美」であることを決して見失わないこと

今あらためて読み返してみて、やはりこれらの心構えは私にとってとても大事なことだなぁと感じています。
匿名性に関してはやや危ない(笑)、というか、実際に日々私に接してくれているや、舞台を見て下さった方も見てくれているので微妙ですが・・・。
(過去にちょっとストーカーまがいの嫌な思いをしたことがあるので、慎重になっています。ネットは恐い部分もあるのは事実だと、冷静に意識しています。)

これを書いた頃は、花の写真がこんなにたくさんになることは想像していなかったのですが、でも、今、花がたくさんのブログになっていることをとても喜んでいます。
花が、私の心に潤いと優しさを与えてくれるから・・・。
厳しい批評家にならずに済んで、助かっています。


さて、「ショコラ」も、「サイダーハウスルール」も、どちらもいい映画でした。
同じ監督の作品なのですね!
「ショコラ」は、私にとっては、一番好きな女優、ジュリエット・ビノシュが主演しているという点で、それだけで◎です。
彼女の映画、
「存在の耐えられない軽さ」
「汚れた血」
「ポンヌフの恋人」
「イングリッシュ・ペイシェント」
「嵐が丘」
大好きです!!
右のプロフィールに書いた好きな映画ベスト15に、彼女の作品が5つも入っています。
もし見ていないものがあれば、ぜひぜひ!!
そうそう、「ショコラ」では、今は海賊ジャック・スパロウのイメージが強い(笑)ジョニー・デップも、好演していましたね。
実は、私の大好きな映画「存在の耐えられない軽さ」でビノシュと共演していたレナ・オリンが、ここでふたたび共演しているのもファンとしては嬉しいところです。
「サイダー・・・」も、これまた今は売れっ子蜘蛛男のイメージが強い(笑)トビー・マグワイヤが、繊細な青年をピュアに演じていて良かったです。

木村君(笑)が主演している「武士の一分」、私も映画館で見ました。
その時の感想をこちらに書きましたので、もし良かったらお時間のあるときにでも見て下さいね。
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/blog-entry-51.html

それでは、またぜひ映画のお話うかがわせてくださいね。








2007/06/04 23:45 | mar(マル) [ 編集 ]

☆ドッシャンさんへ

あれ?
これは睡蓮ではなく月下美人なのですね!?
わかっていませんでした。(笑)

じつは、このブログの背景も写真も、用意されたたくさんのテンプレートの中から選んでいます。
ここしばらくは、あまりイメージが変わらないように、同じ作者の方が作ったテンプレートを、季節に合わせて選んでいます。
自分でそこまで作れるようになれればすばらしいと思うのですが、ダメなんです。
パソコンは、最低限の機能しか使いこなせていないような・・・。
いえ、最低限すら使えていないような・・・。
(;´ー`)ハッハ・・・。

私はとってもナマケモノで困ってしまいます
(まぁ、仕事に踊りにけっこう忙しいから・・・と言うのを言い訳にしていますが。)
花の写真を撮るのは、花を育てることよりずっと楽で、おいしいどこ取りで、ときどき申し訳なくなります。
だから、心を込めて手入れして育てていらっしゃる方には、尊敬の念を抱きます!
それから、さらにナマケモノっぷりとしては、絵を描くのはとても好きなのですが、今はその時間をなかなか取れない。
だから、一瞬で撮れる写真・・・となってしまうのです。
本当に時間にゆとりができたら、植物を育てたい、そして絵を描きたい、と思っています。
今はそのどちらもできないので、つい写真、となります。
愛情を込めて自分が手入れをして、長い時間かけて育ててきた花が咲いたときは、どんなに嬉しいことでしょうね!!
そういう思いを味わえたら、やみつきになりそうな気がします。

私の両親は、私が言うのも何ですが、植物を育てるのがとても上手。
そして、好きなのです。
家庭菜園で、かなりの野菜を作っています。
ブロッコリー、スナックエンドウ、アスパラガス、タマネギ、じゃがいも、いちご、春菊、カリフラワー、ゴーヤ、にんじん、などなど・・・。
そしてもちろん、私はモリモリ食べるだけ。(笑)
感謝の心は忘れずにいようと思います。
2007/06/05 00:03 | mar(マル) [ 編集 ]

☆erteさんへ

そうそう、ちょっと仕事が立て込んでしまって。
なかなか思うように時間が取れなくて・・・。
まだまだバラの写真を載せたいのですが・・・。

バラのイメージの衣装、とっても素敵ですね!
花は、見事な色の組み合わせと、美しい形を持っていますものね。
きっと、素敵な衣装になるのでしょうね・・・。
ぜひぜひ、拝見したいです!!

イメージ造りのお役に立てていると聞けて、とっても光栄です!
そして、さすがerteさん、
「次はアジサイの季節だな~」
と思っていたところです。

また色々と取っていこうと思いますので、ぜひぜひ花のように美しい衣装、作ってくださいね!
応援して、いつか着させていただくのを楽しみにしています。
2007/06/05 00:07 | mar(マル) [ 編集 ]

☆momoigogoさんへ

そそ、なんだか、バラってゴージャスで派手で豪華すぎて近寄りがたいようなイメージでしたが。
でも、実際に咲いているのを見ると、多くは素朴でかわいらしいと感じましたよ。
むしろ私の心のトゲトゲを、取り去って優しくしてくれるような、花びらのやわらかさや、美しい色や、ふんわりふわふわとしたバラが多かったです。

中には、あまりに濃厚で妖艶な花もありました。
つい、撮るときにそういうものを避けてしまったり・・・。撮っても、なんだか思うように映らなかったり・・・。
紅いバラはフラメンコを踊る女の人のように難しいです。でも、今度載せてみますね。
また良かったら見て下さいね!

2007/06/05 00:13 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/135-15eb873b

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。