2017・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/02 (Mon) モネ展

ajisai.jpg



20070702212004.jpg



20070702212036.jpg



20070702212330.jpg



20070702212444.jpg



20070702212533.jpg



20070702212614.jpg

7月になりたての月曜日。
梅雨らしく、雨。
以前撮ってあったあじさいを載せました。
花びらの枚数も、色も、形も違うけれど、雨に濡れて咲くあじさいには静かな詩情がありますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆モネ展に行きました!

さて、やっと・・・。
先週末、会期終了の迫った「モネ大回顧展」を見に、一人で六本木の国立心美術館へ行って来ました!
http://www.monet2007.jp/


1 人混みにもまれ・・・。

大好きなモネ・・・♡ ♡ ♡
モネが本当に素晴らしいことは、重々よく分かっています。
あこがれて、愛してやまない画家の一人であります。
好き、好き、好き、大好き~~~!!
でも・・・、私は、今回という今回は自分のこのノンキな性格を反省しましたよ・・・。
どうして、こんなに会期終了ギリギリまで見に来なかったのか!
何でもっと早く、時間を作らなかったんだろう!!
私のバカ、バカ、バカ~・・・・!!!!(笑)

モネ展は、あまりにあまりに混雑していました。
人、人、人、人、人・・・!
会場に入るまでに20分以上待ちました。
みんながモネを好きなのは嬉しいけれど、これではじっくりと絵と対話することができない。
人に揉まれた状態で、どうして絵を落ち着いて見ることができるでしょう。
人混みの熱。
雨に濡れた大量の人間の匂いに満ちた湿気を含んだ空気。
耳に避けようもなく飛び込んでくる、さざめき、会話、くだらない(失礼)感想・・・。
そして、無神経な、傍若無人な、自己中心的な人間の動き。
そういうものに、グ・・・・ッタリ疲労してしまいました・・・。


2 それでもやっぱり!!

それでも!!
やはりモネは素晴らしかった・・・。
大好きな箱根の「ポーラ美術館」や、上野の「国立西洋美術館」で、すでに対面したことのあった大好きな絵たちとの再会も嬉しかった!
先日の「オルセー美術館展」で見た絵もありました。
よくぞ、これだけの素晴らしいモネの作品が一堂にかいしたものだと、主催した人に感謝、心から感動しました。
日傘の女性。
ポプラの並木。
雪景色。
積みわら。
アイリスの咲く庭。
ルーアンの大聖堂の連作。
藤。
そして、睡蓮・・・・!
どれも、実物を間近に見ることのできた喜びを感じさせてくれました。
モネはよく「光の画家」だと言われますが・・・、モネの感じた光を目の当たりにできる幸福は言葉にし尽くせません。
胸の中に、光がさしてきます。
モネの絵には、私を一瞬にして、深呼吸したくなるような葉緑素に満ちた空気の中へと連れ去る力があります。
若い頃の緻密で繊細な絵から、晩年に眼を患い、ほとんど見えない目で描いた強い筆致の燃えるような庭の絵まで、モネの心の中に、自然を愛するピュアな魂を感じます。
雪の白の、なんと優しく美しいこと・・・!!
霧の朝の水面に立ちのぼるマイナスイオンが、鳥のさえずりと共に届いてきます。
美しいものを美しく描く、色を混ぜずにそのまま画布においてゆくことで美しい色を生み出す。
そういう彼の作品を貫く「明るい自然美」が、私を強く惹き付けます。
モネという人がこの世に誕生し、そして多くの絵を残してくれたことに感謝です。


3 同じモチーフを繰り返す、ということ。

そして、今回あらためて思ったことは、同じモチーフを繰り返し描き続ける、ということの意味と価値と魅力のこと。
モネは、同じモチーフを繰り返し、繰り返し絵にします。
睡蓮、積みわら、ルーアンの大聖堂・・・。
魅力を感じたものにどこまでも心を寄せ、情熱と純粋さを失わずに、慣れずに描き続けるモネの姿勢に、打たれる思いでした。
モネ自身、そうせずにはいられなかったのでしょうし、身近な「美」に喜びを感じて向きあったのでしょう。でも、やっぱりすごい。
それを見ながら「狎(な)れない」ということの大切さを学びました。
モネの「睡蓮」の絵は、あれだけたくさんあるけれど、どれもが素晴らしい。
フラメンコで言うなら、
「同じ曲を繰り返し踊ることに飽きたり倦んだりしてはいけない。
『ソレア』なら『ソレア』を、繰り返し繰り返し踊ることが大切。
新鮮さを持ってそのつど新しい一枚の絵を描く情熱と気迫で、『ソレア』に向きあう。
その時の光で新たに照らし出された『ソレア』の魅力をしっかり表現する。
そのことにはかりしれない大きな価値と意味がある。」
そんな風に思ったのでした。
フラメンコだけではなく・・・。
同じ本(いい本)を、繰り返し繰り返し読むこと。
毎年毎年、春が来るたびに新鮮な気持ちで桜の花を撮ること。
同じ人を、新鮮な心で愛し続けること・・・。
そういうことまで考えさせられました。


4 現代アートは邪魔でした。

さて、モネの絵の素晴らしさの一方で、モネの影響を感じられる(?)20世紀の画家たちのモダンアートが展示されていましたが、正直に言ってちっともいいと思えませんでした。
現代美術の、自意識過剰な病的ナルシシズムは、まったく好きになれません。
心がモネの絵から感じ、受け取ることができるたくさんの真善美なるもの。
この現代絵画たちが私に与える、不快なものやゲッソリした気分と、まったく違う。
(毒舌でごめんなさい。)
モネならモネだけでよかったのではないかなぁ・・・。
あのスペースに、もっとモネを集めて展示してくれればよかったのに・・・もったいない。それができなかったから、ああいう余計なものを展示したのかなぁ?
まだまだま~だ、モネの絵はたくさんあるでしょう?
プーシキン美術館展で見た、緑の橋のかかる睡蓮の池の絵を・・・もう一度見たかった。(それとほとんど双子のような絵が、箱根のポーラ美術館にあります!必見!!)
日本国内だけでも、今回展示されなかったモネの作品がいくつあることか・・・。
もっともっとモネを見たかったなぁ・・・。
・・・なんて、まぁ、欲張って贅沢を言ってはいけませんね。


5 モネに見る夢

いつかフランスに行ってみたい・・・と願っています。
そしてジヴェルニーで、緑の日本風な橋が架かり、柳が風に揺れるモネの睡蓮の庭を見る。
それから、オランジュリー美術館で、壁一面の睡蓮の連作を見る。
そして、マルモッタン美術館へ行ってモネの作品をおなかいっぱい見る・・・。
夢は広がっていきます。

実は、私のこのパソコンのデスクトップには、買ってすぐの頃からモネの睡蓮の絵を置いています。毎日パソコンを立ち上げるたびに、静かで美しくうっとりするような清涼感のある睡蓮の絵を見ています。
そして、このブログ「Wonderful World」を始めた最初の日に載せた絵も、その「睡蓮」でした。

大好きなモネの絵。
何とか会期ギリギリでも混雑していても、とにかく見られたことに感謝して、心の糧にしていけたらと思います。
モネ、ありがとう!

スポンサーサイト

comment

ものの表面をたどって ぐるぐるとまわる。真実を見たと思ったのは 実はものの表面の異なる側面でしかなかった、というのが未熟者の発見です。それに 結果の出ない繰り返しには耐えられない。そうやって凡人の私は先を急いで 目の前の歓喜を素通りさせてしまうのです。芸術家は そのとき きちんと何かを感じとって、結晶化させるのでしょう。
それぞれのあじさいに、それぞれのはなびらに カメラを向けさせた何か。写真を通して伝わってきます。
2007/07/03 01:40 | kinokoji [ 編集 ]

あじさい、いつもながらきれいですねー。

モネに寄せる思いもひしひしと伝わってきました。

そう、展覧会はゆっくり見たいものは、会期の前半に行かないとだめですよね。
理想的にはウィークデイを選ぶ。
そして時間は、開場してすぐか、逆に閉館1時間ちょっと前ぐらいに入る。
…これがゆっくり見るコツでしょう。
2007/07/03 07:35 | ♪あし♪ [ 編集 ]

☆kinokojiさんへ

kinokojiさんのお撮りになる「自然の息吹」に、いつもため息が出るような、ハッとする思いを味わいます。
緑とは、こんなにも多彩で深い色であったのか、花とは、このように独特で個性的な形をしているものなのか、と、私には見えない世界を切り開いて見せていただいていると感じます。

モネもそうですが、自然を見つめる人・・・(kinokojiさんもそうであると確信しています!)は、おっしゃるとおり、見つめた何かの中にある「真実」を、結晶化していくのでしょうね・・・。
私は文学少女(?)だったので、ついそこに「言葉」を求めてしまいます。花の声をききたい、というような心。
でも、本当に深い自然の摂理は、言葉などまったく踏み込めない領域ですでに調和しているのかも知れませんね。
その魅力をもっともっと感じ、踏み込みたいと、願わずにはいられません。
木の気持ちを、kinokojiさんの写真を通してまた知っていきたいです!よろしくお願いします♪
2007/07/03 22:17 | mar [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

あじさい、お誉めにあずかり光栄です♪同じような写真が何枚かありますが、モネの睡蓮を描き続けた情熱に
「同じのがたくさんでもいいよ~!」
と言われたように感じて(笑)、載せてしまいました。

本当に、混雑した美術館には参りました。
いつも、行くのが会期終了間際になってしまい遅いので、こんなことを繰り返していますが、次は♪あし♪さんのアドヴァイスに学んで、なるべく混んでいない時をねらいたいと思います。
♪あし♪さんのように、まめに素晴らしい芸術とふれる機会をもっともっと増やして、心の糧にしていきたいと思っています。
2007/07/03 22:22 | mar [ 編集 ]

どれもすべて絵はがきになるような
いい写真ばかり・・。
marさんに撮ってもらうことがうれしくてうれしくて・・っていう
笑顔の花びらたちって感じですよ!
2枚目の淡いブルーと白のグラデーションには
びっくり!!
ホントほのかな素敵な色・・。初めて見ました・・。
これもガクアジサイの一種なのですか・・??
モネ展!!行かれたんですね!
ひとつひとつの素晴らしい絵をじっくりと鑑賞した
あの同じ場所にmarさんもいたのだと思うと、また
あの感動がよみがえってきます。
点描という画法を使って観ている人の視覚の中で
色を混合させるという画期的な描写法には
つくづくすごいな~~~と、ため息が出るばかりです!

「かささぎ」の雪の白い輝きは本当に見事ですよね!
思わず立ち止まってしまうほど・・。
本当に雪が白く光って見えますよね!
僕もすごく感動~~~!!でした!
まさに「光の画家」でしたね!!
でも、あらためてこの絵を見て思いました。
白く光っているのは、なにも白く光る絵の具を使った
せいではない・・。光が輝いて見えるのは影を
うまく表現したからだと・・。
この「かささぎ」の絵は約3分の1が影です。
なのにほとんどの人は光って見える「白」い部分に
目がいってしまう・・。
ジヴェルニーのモネの庭、アイリスにしても
光が当たっている部分は実は影になっている部分の
約半分に過ぎない・・。

光と影のバランス、調和・・。
僕は影の表現が見事だからこそ光が生きているんだと
いうことを改めて、目の当たりにして
「ガ~~ン!」と衝撃のように教えられた気がします。

同じモチーフを繰り返し描き続けることに
本当にmarさんの言うとおり、僕も
そのモネの姿勢に心を打たれた気がします。。
描くと言うよりも、描かずにいられない、という
衝動と情熱はどこから来るものなのか・・。
ホント、marさんと同じことを想いました。
そこにある身近な「美」に喜びを感じて
向きあっていたと・・。
そして僕は同じ絵を描き続けたのは瞬間、瞬間に
移り変わる「光」を捉えたかったのではないかと
感じました。

同じ景色でも同じ光の入り方をする瞬間は、
もう二度とない!
今、このときしかない!、今だ!・・みたいな・・。

写真でもそうですよね・・。同じ花などを撮るにしても角度をちょっとだけ変えて撮ったり、
露出を変えたり、
何回もシャッターを押す・・。
カメラのない時代ではモネは光が変わるたびに
シャッターを何回でも押すのと同じことを「絵」で
していたのではないかと感じました・・。
「瞬間の光」を捉える、その眼と感性に
圧倒的な感動を覚えました・・。
4月にwowowで「若き日のモネ」というタイトルの
ドキュメントドラマ(約3時間)を放映していました。
とってもいいドラマだったですよ。勉強にもなりました。
本当のジヴェルニーの庭も出ていましたからね・・。
目の前にある風景や人物をありのままに描くことは、下品で神への冒涜とさえ
いわれた時代 に、
マネを口火にモネやルノワールは、
どんどんとどん欲なまでに
描いて描き続けた・・。今思えば不思議ですね・・。
目の前にあるものをそのまま描くことが
タブーだなんて・・。
現代アートはホント、邪魔でしたね・・。なぜあのような空間を作ったのか僕も
理解できません!
marさんの毒舌、最高です!!
読んでいてすっきりしました!!
もっと言ってやってください!(笑)
marさんの毒舌、初めて聞いたような気がします!
実にいい!!!爽快です!!(笑)
そのうちポーラ美術館に行ってみたいな・・。
そして10月からの フィラデルフィア美術館展も楽しみです・・。
こうしてmarさんの絵画に対する感性あふれた日記を読むことは
とても勉強になり、うれしい限りです・・。
本当に・・。ありがとうございます・・。 
2007/07/03 22:29 | takashi [ 編集 ]

>自意識過剰な病的ナルシシズム

そうです!!!その通りです!!!!
私もいつも思ってました
「新しければいい、尖ってればいい、目立てばいい」
そんな作品は邪魔なんですよ、モネには!

私、昨年のGWに念願だったフランスのモネの家に行ったんですよ!
睡蓮はまだ咲いてなかったけど
お庭はお花で埋め尽くされてました
感動しました!!

ぜひ行ってみてください!
2007/07/04 00:31 | alex [ 編集 ]

☆takashiさんへ

上から2枚目の星のような形の白とブルーのグラデーション、花びらの重なったあじさいは、
「墨田の花火」
という品種だと思います。(たぶん・・・)
ここ数年、すごく流行っているようで、けっこう近所の庭先でも見かけるようになりました。
七夕の時期に、星の形の「白」が涼しげで、すごくかわいいですよね!
とっても気に入っています。

なんだか、takashiさんのコメントを拝見しながら、
「そうそう、そうなの!そのとおり!!何で私の気持ちが分かるの~?」
と言ってしまいました。
いつもブログを見て下さっているから、私の考えることがだんだん分かっちゃうんですね。
ありがたいことです。ふふふ。
おっしゃるとおり、花が私に
「撮って、撮って~~~!!」
と、話しかけてくるので、どうしても素通りできないのです。
妄想・・・?幻聴・・・?
それで、もう、あまりに呼び止められてしまうものだから、
「かわいいね~!」「きれいだね~!」
と、心の中でいいながら夢中で撮っています。
そしておっしゃるとおり(笑)、
「絵葉書にしたいか、こんな絵葉書だったら欲しいと思うか。」
と、イメージして、たくさんの中から写真を選んでいます。
バレバレだ~~~~!ヽ(*^ー^)ノ♪
嬉しいバレバレですね。

モネ・・・。本当に素晴らしかったです。
「かささぎ」は、わたしもかなり長いこと見つめていました。
よくよく近くに寄ってみると、白と見える画面も、ピンクや、紫や、灰色や、ブルーや、淡い茶や、さまざまな色からなっている。
でも、離れてみると、見事な雪景色、一面の白のまぶしさを感じる・・・。
そして、睡蓮にしても、ほかの絵にしても、モネの絵には、思わず「静けさや・・・・」(?)と言いたくなるような、静寂と清涼感がありますね。
私は特に、何か自然・・・特に植物が描かれたものに心惹かれました。
(自分が花の写真を撮るのが好きだからかも知れませんが・・・)
モネは、花が、花の咲く庭が、庭にある池が、大好きだったんだろうなぁと感じます。
霧の朝の川面を描いた絵も、岸ではなく、水の上に小さな小舟を一艘浮かべて、その景色を見つめている視点が感じられる。
だから、彼の感じている、朝もやの中の緑の空気を一緒に吸うことができるような錯覚を、絵から覚える。

毒舌はダメですよ~。(笑)
私は、言った後に、
「毒舌なことを言ってしまった意地悪な自分であることにへこむ」
というやっかいな性格なので、困っています。
そう、よくよく考えてみると、あの中には2枚くらい、そう不快ではないものもありました。
(あれれ、充分にヒドイ!?笑)
ああ、またモネの作品をみたいな~・・・!!
機会を逃さずに、良いものにたくさん触れていきたいです。

箱根の緑の森の中にある美しい「ポーラ美術館」、そして「彫刻の森」、どちらも本当におすすめです!
ぜひいつか行ってみて下さいね!


2007/07/05 22:35 | mar [ 編集 ]

☆alexさんへ

モネの庭に行ったんですね!!!!!!
。+.。゚:;。+゚( 。・▽・。)゚+。::゚。:.゚。+。
うらやましいですぅ・・・。
さぞきれいだったことでしょうねぇ。

実は、日本にも「モネの庭」があるの、ご存じですか?
私も行ったことないのですが、まずはここから行ってみようかなぁ(笑)。
http://www.kitagawamura.net/monet/
高知県の北川村にあるそうです。
ここで売られている「ゆずぷるゼリー」、食べてみたいなぁ!これにはモネもビックリ、でしょうね♪
2007/07/05 23:08 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/147-b0219ed4

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。