2017・08
<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/03 (Tue) 特別な子供

0.hiro.jpgMy sweet angel☆ヒロ

私の妹のもとに生まれてきてくれた、10ヶ月になるかわい~い、かわいい赤ちゃん、その名もヒロ君。
私にとって、世界にたった一人の、かわいい甥っ子です。
そのプックリしたほっぺ、愛らしい仕草に、私はメロメロ。

ヒロ君が生まれた日は、家族みんなで病院の廊下をウロウロウロウロ・・・。
ようやくこの世に誕生してくれた時の感動と喜びは、世界中に「バンザイ!」と大声で伝えたいくらいでしたよ。
その日、私はブログにこんな文章を書いたのでした。
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html

私の両親にとっては初孫であるヒロ君。二人とも、ヒロ君がかわいくてかわいくてたまりません。母はいつも写真を持ち歩き、人に見せてまわっています。
私たちにとって、大きな幸福を、いつも、たくさん、たくさんくれるヒロ君。
私たちの家族のもとに、生まれてきてくれて本当にありがとう!!!

そのヒロ君のことを書いた妹の文章と、引用していた詩に、とても感動したので、ここでも紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★私の妹の日記より・・・。

うちのベビーは周りの子と比べると、
発達がちょっぴりゆっくりです。
それは、おっとりマイペースな性格のせいかもしれません。
または、6ヶ月半の頃に起こした痙攣のせいかもしれません。
もしかしたら、もっと大きな原因があるのかもしれません。

ベビーだけ見ても、子供の成長ってなんて早いのだろうと思います。
周りと比べて遅くても早くても、
ベビーは変わらず愛しくかわいい私達のベビーなので、
私達にできることがあるならば、
何でもしてあげたいと思ってはいますが、
今は焦る気持ちはありません。
そのまますべてを受け入れ、見守り、愛するだけです。

もちろん、心配なことはたくさんあります。
でも、初めて痙攣を起こしてなかなかとまらなかった時も、
頑張って乗り越えて元気になってくれました。
痙攣で死んでしまうことはないと言いますが、
重積になると、呼吸ができなくなって、
亡くなってしまう事も少なくないそうです。

それを知った時、
毎日ベビーがいて笑ってくれる、
それがどんなに幸せなことかに気がつきました。
明日のことは誰にも解らない。
だから、今を大切に毎日楽しく一生懸命に生きようと思います。

昨日、こんな詩を読みました↓


「天国の特別な子ども」
Heaven’s Very Special Child

Edna Massimilla 
(大江祐子訳)

会議が開かれました。
地球からはるか遠くで

“また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ”
天においでになる神様に向かって 天使たちは言いました。

“この子は特別の赤ちゃんで たくさんの愛情が必要でしょう。

この子の成長は とてもゆっくりに見えるかもしれません。
もしかして 一人前になれないかもしれません。

だから この子は下界で会う人々に
とくに気をつけてもらわなければならないのです。

もしかして この子の思うことは
なかなか分かってもらえないかもしれません。
何をやっても うまくいかないかもしれません。

ですから私たちは この子がどこに生まれるか
注意深く選ばなければならないのです。
この子の生涯が しあわせなものとなるように

どうぞ神様 この子のためにすばらしい両親をさがしてあげてください。
神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。

その二人は すぐには気がつかないかもしれません。
彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。

けれども 天から授けられたこの子によって
ますます強い信仰を より豊かな愛をいだくようになることでしょう。

やがて二人は 自分たちに与えられた特別の
神の思し召しをさとるようになるでしょう。
神からおくられたこの子を育てることによって。

柔和でおだやかな二人の尊い授かりものこそ
天から授かった特別な子どもなのです”

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヒロ君。
ヒロ君は世界にたった一人の、特別な赤ちゃん。
大切な、かわいいかわいいヒロ君なんだよ。
あせらずに、ゆっくりゆ~っくり、自分のペースで成長していってね。
何にも心配いらないよ。
たくさんの愛につつまれているんだよ。

そして、「スペシャルな赤ちゃん」を育てる任務を神さまから仰せつかった妹よ。
天使を育てる役目にふさわしい人間だと、選ばれたんだね。
ヒロ君を生んでくれてありがとう!!
私たち、みんなにとってヒロ君は「スペシャルベビー」だよ。
大変なときもたくさんあると思うけれど、私にも、ときどきその「天使を育てる」というすごい役目を分けてください。


スポンサーサイト

comment

すばらしい詩ですね。その通りだと思います。
娘の障害がわかったのは、娘が1歳の時でした。
生後1ヶ月の時から入退院を繰り返し
いろんな検査をする度に娘は大泣きし
胸が張り裂ける思いを何度もして
検査の結果、障害がわかったんですけど
障害がわかる前も、わかった後も
今でも娘は、私にとって天使です(*´v`*)
詩にもあるように、私の元に選ばれて
生まれて来てくれたと思っています。
今も、成長は人よりも遅いけど
娘なりのペースで育ってってくれて、娘が幸せなら
母として、こんな素晴らしい事は無いと思います。
marさんの妹さんも、天使に出会えて良かったですね♪

2007/07/04 00:02 | keriko [ 編集 ]

ぼくのところにももうすぐ8か月になる初孫がいるので、
実感としてよく分かります。

たまーに娘が連れて遊びに来たりすると、
もう仕事そっちのけで相手をしてしまいます。
2007/07/04 13:31 | ♪あし♪ [ 編集 ]

涙が出ちゃいました・・・一人にひとつずつ・・大切な命を授かっているんですよね。あたしは、ヒスばかり起こす子育てで・・・反省です!!中1になる我が可愛いバカ息子・・・やっぱり、彼は天使です!!皆世界に一人の大切な命ですもんね!!

ひろ君の所には、沢山の天使が舞い降りて来ているのですね!!
ひろくん!!!皆が君を愛しているぜ~~~~!!
2007/07/04 16:30 | さるしおん [ 編集 ]

何回読んでも本当にいい詩ですね・・。
妹さんはヒロ君のために
とても前向きでがんばっていますよね!
ぼくもとても励みになります・・。
笑顔でがんばっているからこそ、妹さんは
この詩に出会えたのだと思います。
妹さんがこの詩に出会えたのは偶然ではないと
心から、そう信じています・・。
そしてその詩をこうして僕たちに分けてくれたことを
とてもとても感謝しています・・。
さきほど、この詩をコピーして印刷しました・・。
友人や患者さんと、子供の話などをする度に
お見せしようと思っています・・。

我が家のいたずらっ子たちも、アトピー、
蓄膿症、ぜん息、さまざまな皮膚炎、引きつけなど
本当に悩みの種は尽きません・・。
でも毎日、必ず笑顔を見せてくれている・・。
それだけでどれだけの幸せを
分けてもらっているか・・。
この子たちもきっとこの世に生まれくるときに
必ず世のために何かをすることを約束して
産まれてきてるはず・・。

ぼくたちもそうであったように・・。

その役目を気付かせてあげることに
親として、一番そばにいる親友として
協力しなくては・・っていつも思います。。
この子たちは何に興味を持っているのだろう、
そして何をしているときが一番夢中に
なっているだろうって
気付いてあげることは
将来、何になるかっていうことの
ヒントになりますからね!
先日、「将来、何になりたいの?」なんていう
話になったら、いつものように「う~ん、わかんない・・」って答えていた長男が
いきなり、「ぼく、レスキューのおじさんになりたい!」なんて言うんですよ!
うれしかったな・・!
もしかしたら、この世に産まれてくるときに
「災害などで救助を待っている人を
ひとりでも多く助けたい!」なんてことを約束して
いたとしたら・・・、なんて思ったりします・・。
だとしたら、こんなにうれしいことはありません・・。

いつもこうしてmarさんから、そして
妹さんから励ましていただいていること、
そしていろんなことに気付かせていただいていることに
心から感謝しています!
本当に、本当にありがたいです!!
2007/07/04 22:07 | takashi [ 編集 ]

ステキな詩、ステキなお話。
昨日まさに、お友達と、『子供は親を選んで生まれてくるんだよ。』なんて話をしていたのです。
ヒロくんもしっかり選んで生まれてきたんだな。と感動しました。
2007/07/05 01:20 | エロミ [ 編集 ]

寝ているだけ、笑うだけ、泣くだけ・・・で周りの人々を幸せにするものって、赤ちゃん以外にありません・・・
やっぱり神様からの贈り物!!!
2007/07/05 02:58 | カルメン [ 編集 ]

marさんの妹さんも本当にすばらしい方ですね。
もちろん二人を育てたご両親も。
心と愛を大事に生きてるなぁって感じます。

「神様はその人が耐えられるだけの苦労しか与えないんだよ。
その人が耐えられないような苦労は与えないんだよ。
今は辛くても、きっと乗り越えられる苦労だから。」

これは、中学校の時の恩師に言われた言葉。
(前にも日記に書いたかな。)
苦しい時、この言葉を思い出すと救いになります。
でも、本当に苦しくて苦しくて気持ちに余裕がない時は、思い出す事もできません。
そんな時があっても仕方ないですよね。人間だもの。

妹さんはきっと「自分が変わってあげたい!!」と毎日泣いたでしょうね。
「自分のせい?」と何度も自分を責めたでしょうね。

妹さんの抱えている想いがどれほどのものか知る事はできません。
でも、その詩と出会ってどれほど心が救われたか、想像すると涙が出ます。

かわいいかわいい笑顔の天使。
ヒロ君の笑顔がママを幸福にする事ができるんだね。
ヒロ君を愛する皆まで幸福にする事ができるんだね。

子供ってすばらしい!!!
2007/07/05 09:16 | erte [ 編集 ]

☆kerikoさんへ

素敵な娘さんのお話を本当にありがとうございました。
今も、毎日天使と過ごしていらっしゃるんですね!!
kerikoさんは、天使に選ばれたママさんなのですね。優しくて、愛に満ちた方なのでしょうね・・・。

以前、高校時代の先輩の働く、重度障害を持つ子供のための施設を見学させてもらったことがありました。
自分の力では起きあがることや動くこと、食べることも困難な、重い障害を持つ子供たち・・・。
私が感動したのは、彼らのケアをするスタッフの一生懸命な姿でした。輝いていました。
障害を持つ子供たちがいて、そして、彼らのケアをすることによって充実した人生を輝いて生きることのできるスタッフがいて・・・。
決して一方的ではない、お互いに、優しいものを、与えあっているんだと感じました。

わたしも、ヒロ君のおかげでどれほどの喜びを感じていることか・・・!!
そして、妹も、ヒロ君を育てることで、強く優しく成長していることを感じます。
私の自慢の妹です。

2007/07/05 23:19 | mar [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

私の両親も、もう初孫のこととなると大変です。
特に、ヒロ君のことはかわいくて、毎日心配でたまらないようで、いつも心を離れないみたいです。

人間って、たくさんの愛が無くては成長することができないのですね。
私もそうやって育てられてきたことをあらためて思います。
2007/07/05 23:21 | mar [ 編集 ]

☆さるしおんさん

さるしおんさんの優しい言葉に、私の方が、涙出ちゃいましたよ~。
。゜゜(´O`)°゜。エ~ン!
生まれたその日から、どんな子も、平坦に平凡には育ちようがなく、色んなドラマが繰り広げられ、毎日毎日、お母さんを喜ばせたり怒らせたり、かなしませたり、笑わせたりしながら、それでもたっぷりの愛の中で育ってゆくのでしょうね・・・。
ヒロ君のはじめての大きな痙攣、それに続く入院の時、とても心配で悲しかった・・・。
でも、今は、とにかくヒロ君という存在がこの世に生まれてきてくれたことに、ひたすら感謝、そして愛するばかりです!
本当にありがとうございます!!
かわい~~~い息子さんにどうぞよろしく!
2007/07/05 23:27 | mar [ 編集 ]

☆takashiさんへ

姉妹そろって、温かい言葉をかけていただき、本当にありがとうございます!
この詩は、私も、読んだ瞬間にすごく胸に響き、感動しました。
あのかわいいヒロ君が、この広い世界で、ほかならぬ私の妹と、その夫(穏やかで優しい好青年です!)を選んで生まれてきてくれた・・・そう思うと、感動が胸に込み上げてきます。
takashiさんの息子さんも、
「このパパとママがいい!!」
って、takashiさんご夫妻を選んで、生まれてきてくれたのですね!!
私も、両親と、
「ヒロ君がほかのうちではなく、このうちの家族に生まれてきてくれて良かったよね!」
と、話していたところです。

小さな命が生まれて、育ってゆく段階には、本当にさまざまなことがありますよね。
平凡に、平たんに、何事も問題は一切なく育ってゆく、なんてことはあり得ないでしょう。
どんな子でも、病気や怪我は避けては通れないでしょうし、健康であったとしても、学校に入ればまた勉強や進学や人間関係で親は悩みが尽きないでしょう。
頭が良くても、引きこもりになるかも知れないし、健康であっても、不良になってしまうかも知れない。(ヘンなたとえでごめんなさい。)
でも、子供が親にとって、周りの人間にとって、たくさんの喜びを与えてくれる存在になりうることには変わりがない。
その子のすべてを受け入れて、ただ愛し、ベストを尽くして育てる、という道以外にはないのだろう、と、思います。
まだ親になった経験の無い私の意見ですが・・・。

天使は家族を選んで生まれてくる。
天使を育てるのにふさわしい家族を・・・。
だから、生まれてきてくれて本当にありがとう、という気持ちを忘れずに、ずっと愛していきたいなぁと思っています。
そして私も、いつか・・・と、願っています!


2007/07/06 00:09 | mar [ 編集 ]

☆エロミさんへ

おお!超能力?タイムリーでしたね。(笑)

私は私の両親を選んで生まれ、エロミさんはエロミさんの両親を・・・。
不思議だけれど、何だか納得してしまいますね!
完璧な人間はいないから、完璧な親もいない、でも、この両親の元に生まれてくることによって、「何か」・・・特別なこと、大切なこと、生きて学ばなければならないことを、学べるようになっているのかも知れませんね。
そんなことを考えました。
2007/07/06 00:12 | mar [ 編集 ]

☆カルメンさんへ

ほんとほんと、おっしゃるとおりですね!
芸能界ではよく「子供と動物には勝てない」などと言うらしいですが、無条件に愛らしいものってありますものね!
ある動物学者が、
「人間の脳が赤ちゃんをかわいいと判断するのは、赤ちゃんが世話をしてもらうため。そうしなければ、赤ちゃんは育たず、種の絶滅の危機だから。」
というようなことを言っていたのを聞いて、へ~っと驚いたことがあります。
私は、あの輪ゴムをはめたような手首、足首が大好きです♪「あむ」っとかぶりついちゃいたいです!
(*'ー'*)ふふっ♪
2007/07/06 00:16 | mar [ 編集 ]

☆erteさんへ

妹は一時期、ヒロのことが心配で心配で、よくポロポロっと涙をこぼしました。
それを見ていると、私たちもつらくて・・・。
でも、お母さんになって10ヶ月、本当に妹自身がヒロ君を育てていくことで成長していることを感じます。
子育てほど、献身的な無償の愛を学べる場はないですね。
ただ、ただ、無条件に愛する・・・そういう気持ちが、人間を強く優しくしてくれるものなのですね。

私自身、結婚も出産もまだなので、先に結婚し、家族にかわいい天使と出逢わせてくれた妹には、とっても感謝しています。
感謝の分、そしてただヒロ君がかわいくてたまらないので、私にできることなら何でもしたい、と思っています。

erteさんの先生の言葉は、困難な状況を耐えきって乗り越える「力」を与えてくれますね。
どんなにつらいことも、「自分なら耐えられる、自分なら乗り越えられる、なぜなら、神さまが私が何かを学ぶために与えた試練なのだから・・・」と信じられたら、きっとすごい力が沸くように感じます。
何がマイナスで、何がプラスか、長い目で見ないときっと答えは出ないですよね。
そして、どんな出来事も、プラスに変えていくことすら、もしかしたらできるのかも知れません。

かわいいヒロ君の笑顔は、erteさんのおっしゃるとおり、私たちをとっても幸せにしてくれます!
優しい言葉をいつも、ありがとうございます。
2007/07/06 00:27 | mar [ 編集 ]

妹さんの想いがよく伝わってきます。
子供は天使です。

さて「モネ」展に国立美術館に行ってきたとのこと、
大変混雑していた様子で、大変でしたね。
私もあの中の絵を観て感動してしまった絵は、バラが咲きみだれる庭園に家族がいる光輝く絵でした。
小さな子供に対する愛情いっぱいが感じられたからです。
やっぱり子供は天使です。まして赤ちゃんは、みんなの
宝ですね。
2007/07/06 02:03 | もなか [ 編集 ]

☆もなかさんへ

もなかさんのブログで「モネ展」のことを拝見し、「行きたい!!」と思ってからずいぶん時間が経ってしまいました。もっと早く行けば良かった~!
本当に素晴らしかったです。
モネも、ルノアールも、人間に対する温かい愛を心に持っていることを感じる絵ですね。
「かわいいなぁ、かわいいなぁ」
と思いながら描いていたのでしょうね。

本当に、小さな子は愛らしくて、大好きです。
つらいことを避けては通れないのが人生なのでしょうが、でも、みんなみんな幸せに育って欲しいと願います。
2007/07/07 11:55 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/148-eeb80bdc

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。