2017・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/01 (Wed) きらめき

2007_0801yoko0001.jpg



2007_0801yoko0002.jpg



2007_0801yoko0009.jpg



2007_0801yoko0018.jpg



2007_0801yoko0028.jpg



2007_0801yoko0035.jpg



2007_0801yoko0038.jpg



2007_0801yoko0039.jpg



2007_0801yoko0050.jpg



2007_0801yoko0061.jpg

驟雨に打たれ、うなだれる白い百日紅(サルスベリ)の花を見つめていました。

そして、雨が上がった瞬間に、「きらめき」を見ました。
雨上がりの百日紅は何と美しかったことでしょう・・・。

「瞬間よ止まれ、汝はいかにも美しい!」
("Verweile doch! Du bist so schön.")(ゲーテ『ファウスト』より)
と、心の底から、そう感じることのできる人生の瞬間・・・。

ゲーテの小説『ファウスト』で、年老いた学者・
ファウスト博士は、
「生きることの真の充足感を得たい。もし自分が『瞬間よ止まれ、汝はいかにも美しい!』という言葉を言葉から叫ぶことができるならば、悪魔に魂を渡してもかまわない・・・。」
と言いました。

それほど、人生に「きらめき」の瞬間を持つことはたやすいことではない、ということなのでしょう・・・。
生涯に一度でも、そう心の底から真に感じることができたなら、命を捨てても惜しくはないほど価値のあること、と・・・ゲーテは言おうとしたのでしょうか。
もう、一生分の感動を生ききった、と思えるほど美しい瞬間を味わったその時こそ、人生の終わりが来ても思い残すことはないと・・・。

私はもう、そう、はっきりと口にすることのできる時間を、何度も何度も味わって「きてしまった」と、そう感じています。
そのことを思うとき・・・、ただ静かに泣きたくなるのはなぜでしょう。

雲間から細くさした光の中で、雨の滴を宿すレースのような百日紅の花の美しさ・・・。
花びらは白いフリル。淡いピンクのしべのユニークで奔放なしなり。毬のようにかわいらしいつぼみ。

我が家の玄関の扉を開けたところに毎夏咲いている百日紅が、こんなにかわいい花だということを、今年はじめて知りました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は、空の誕生日。

私の人生に、たくさんの「きらめき」の瞬間をくれた人。

生まれてきてくれてありがとう。
生きてきてくれてありがとう。
出逢ってくれてありがとう。

胸一杯にあふれる思いを込めて、「おめでとう」と、「ありがとう」を、言わせて下さい。

心から、心から、お誕生日、おめでとう!!


スポンサーサイト

comment

こんなサルスベリって、初めて見ました!!

「きらめき」というタイトルもいいですね~。
2007/08/01 16:42 | ♪あし♪ [ 編集 ]

土曜日、お茶のお稽古に行ってきました。
すると先生宅の庭の大きなサルスベリの木に見事な花が咲いていました。
ラベンダー色のお花がとてもキレイで思わず写真を撮ったのですが、デジカメを見直してみると美しさが半減していてがっかり。
marさんのようにはとてもとても撮れません。

サルスベリってアップでみるとこんなに不思議な花びらなんですね。
白きくらげみたいでかわいい。
雨の雫がキラキラと、潤いたっぷり瑞々しいですね。
雨上がりの日差しに輝いて、とても良い瞬間にシャッターをきりましたね。

【人生に「きらめき」の瞬間を持つ。】

命の誕生、命がけの舞台の成功など、marさんは何度も味わって「きてしまった」んですね。
それはとてもすばらしい事だと思います。
そして、これからもきっとmarさんなら何度も味わう事ができるはず。

さて、私はそんな体験した事があるだろうか?
すぐに答えが見つからないという事はまだその瞬間に出会っていないのでしょう。

というよりも、私は欲張りな人間なので、
小さな「きらめき」をたくさん体験して、もっともっと生きて、もっともっと感動したい!!!と考えてしまいます。
「命を落としても構わない」という刹那的な考えには到達できないようで、どうも繊細さに欠けますね。

命を懸けて何かに取り組むという体験がないからかな。
そういう体験が人を強くするんだろうな。
うらやましいな。
2007/08/02 09:52 | erte [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

ありがとうございます!!
ごくごく平凡な・・・この時期どこにでも咲いている百日紅なのですが、雨上がりの瞬間に魔法がかかったようになりました。
「きらめき」は、まさにその瞬間の実感です。
2007/08/03 11:00 | mar [ 編集 ]

☆erteさんへ

erteさん、こんな独り言のようなつぶやきを、よくぞ瞬時に的確に捉えて、こたえて下さいましたね!!
そのことに、驚きつつ感謝しています。
自分の言いたいことを、汲み取って下さる方のいるということの、何とありがたいことかと・・・。
本当にありがとうございます。

「きらめき」の瞬間をもう味わって「きてしまった」と感じることこそ、まさに私の傲慢かもしれません。
世界は一秒もとどまることなく、日々変化し続けている。
今、この瞬間に開く花がある。
そう考えれば、ありとあらゆる瞬間が「きらめき」であるはず。
なので、私の人生においても、「一番いい瞬間はもう過ぎ去った」、などと考えてはいけない。
これから絶え間なく出逢うであろう「きらめき」を、真摯な気持ちで受けとめて日々を生きるということこそ、大切なのだろうと思います・・・。
なんだか、ちょっと、感動は人をナーバスにしますね。(笑)

それにしても「白キクラゲ」・・・よくぞ言って下さいました!!(笑)
そう言われてから、ほんと、そう見えて仕方がない。
困りますよ~~~。゜゜(´O`)°゜。エ~ン!

ここで一句。
「きらめきの 正体見れば 白キクラゲ」

erteさんの日々が「きらめき」に満ちた物であることを、日々お祈りしています!
2007/08/03 11:08 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/160-f47c8391

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。