2017・06
<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/17 (Fri) サリュー

2007_0816summer0001.jpg

☆恵比寿 小さく温かなフレンチレストラン『サリュー』

誕生日当日は、夜まで練習でした・・・。その日はスタジオの近くの美味しい焼鳥屋さんで気楽な食事。それはそれで楽しくて満足だったんだけれど・・・。

でも、日を改めて、お気に入りのちいさなフレンチレストランへ空が連れて行ってくれました。
恵比寿駅から徒歩5分ぐらいかな?
今回で4,5回目の訪問になる、レストラン『サリュー』です。
サリュー、とは、フランス語で親しい者同士の気軽なあいさつに使う言葉、だそうです。

こじんまりとした温かい雰囲気でくつろげる、大好きな店。
木の扉を開けると、2人がけのテーブルが11コだけ。
アッという間に満席になってしまいます。

*「サリュー」はこんなお店です。
http://www.asahibeer.co.jp/jukusen/sevenbonds/vol4-salut_shop.html

*口コミ評判ではこのようなお店。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13005476/

http://www.asku.com/RV/010R/?area_id=13&_item_id=6051831&_user_id=&mode=&page=0


☆こんなものを食べました。

夜のコースは5250円(飲み物・サービス料別)で、ボリュームたっぷりの前菜8品から1品、メイン料理8品から1品、デザート4品から1品を選ぶプリフィクス。
これに、パンと、食後の飲み物、ちいさな焼き菓子がついてきます。
(ランチは2500円で、このようなコースを食べられます。おすすめ!)

前回「トラットリア・イ・ビスケロ」に行ったときサッパリ写真を撮らなかったことの反省(?)に基づいて、今回は料理の写真を撮ってみました。
あかりの関係かな・・・。美味しそうに撮るのはやっぱり難しい・・・!!
本当はもうすこし美味しそうだったんだろうな~、…と思ってご覧下さい!
料理名は・・・メモしてくるのを忘れたので、正確ではありません。(笑)

2007_0816summer0010.jpg
前菜(その1) 
ハモと焼き茄子、夏野菜に、冷たいコンソメゼリーがかかっている。
中央の白いアイスクリームのようなものは枝豆のムース。

2007_0816summer0006.jpg
前菜(その2)
夏らしいあゆのお料理。
温かく料理されたあゆの下には温かいクリームソース味のカッペリーニ。

2007_0816summer0013.jpg
メイン(その1)・・・(写真が逆さまでごめんなさい。)
牛頬肉のエビスビール煮込み。(何しろ恵比寿にあるお店だから。)
とっても柔らかくて、まるでビーフシチューのようでした。 

2007_0816summer0015.jpg
メイン(その2)
白金豚3種類。どれも違う食感でとても美味しかったです。
カリッと焼かれたグリル。ハーブの香りのよい腸詰め。
キャベツやお豆と一緒の柔らか~い煮込み。

2007_0816summer0021.jpg
デザート(その1)
グレープフルーツのゼリー寄せ。
ショウガのアイスクリーム。さっぱりスパイシー。

2007_0816summer0019.jpg
デザート(その2)
層になったメロンごろごろ具だくさんゼリーとヨーグルトムース。
その上にシャリシャリのシャーベット。
みどりの葉はミントで、清涼感満点。

こんなお気遣いをいただきました………。
2007_0816summer0017.jpg
ありがとうございました。チョコのメッセージ。
お店の方も、この店にぴったりの温かい笑顔で感じのいい方たちです。

ここのお店のデザートは、いつも季節の果物がとっても上手に使われています。
桃のコンポートや、林檎を使ったデザートも心に残っています。

今回食べられなかったお料理も、メニューや周りのテーブルをちらっと見る限りどれも美味しそうだったので心残り。
夏のメニューが変更される前に、また行けたら嬉しいなぁ…。
でも、素敵なディナーは時々だからこそ、特別な感じがして、より嬉しいのでしょう。

☆夜のカフェテラス

h-gohb.jpg
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ「夜のカフェテラス」

『サリュー』の壁には、私の大好きなゴッホの「夜のカフェテラス」の模写がかかっています。
黄色いカフェのあかりと、紺碧の夜に瞬く星。
コントラストの美しい、温かいゴッホの絵が、店のかわいらしい雰囲気によくマッチしています。


「ゴッホは、『これはただ美しい青と紫と緑だけによる、黒なしの夜の絵だ』と言っていますが、実はこの絵は、夜、外で描かれました。彼によれば、『これは色あせた、青白い、みすぼらしい光のある因習的な黒の夜から脱する唯一の方法』だったのです。」
*以上は、
http://www.momat.go.jp/Honkan/Gogh/#cafe より引用。

店のあかりがこんなに黄色く明るく輝くはずはない。
星の一つひとつがこんなに大きく明るく瞬くはずはない。
でも、ゴッホの心にはそのように映った・・・そのことこそが大切なのでしょう。
因習的な黒い夜から脱した、特別な夜。美しい夜・・・。

ありがとう!
ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

comment

ずいぶん豪華なコースですねぇ。
写真だけで満腹になりました。
2007/08/17 20:03 | ♪あし♪ [ 編集 ]

marさん、8月何日生まれなのでしょう・・・
可憐な面影にすごいパワーを秘めておられるのは、やはり夏女!?
おめでとうございました!

「サリュー」にはびっくり!
なにげなく置かれているオリーブの鉢植えに引かれて入ってから、ちょっとお洒落した時、たまに行きます。
お店の方達も優しくて良い雰囲気・・・
隠れ家的なつもりだった所でmarさんにお会いしたら嬉しいビックリです!!

2007/08/18 00:40 | カルメン [ 編集 ]

お誕生日おめでとうございます♪

私も今日誕生日でした。(厳密には、昨日)

美味しそうなお食事と、楽しいおしゃべり…目に浮かびます。


今年も良い1年でありますように…

お互いに…(笑)
2007/08/18 00:42 | azada [ 編集 ]

うわぁ~、美味しそう!!
ハモやあゆなど、新鮮さ命の食材を使うなんて、よっぽど腕の良いシェフなのですね。
フレンチといってもボリューム満点で、どこか家庭料理風な気取りのなさが好感持てます。
良いお店を教えていただきました。
今度必ず食べに行きます。まずはランチから。

慌ただしい生活の中でも改めて素敵なパーティーが出来て良かったですね。
いくつになっても誕生日を祝ってもらえるのはうれしいものです。

私は明日、友達の子供(6歳)のバースデーパーティーに行ってきます。
みんなで我が子のように可愛がっている兄弟で、私達の誕生日の時にもハッピーバースデーの歌を歌ってくれます。
小さなホールケーキにかなり数を省略した?ロウソクを立ててもらって、大の大人がフゥーッと消したりして、けっこう楽しんじゃってます。
誕生日って幸せな気分になれるから好きです。
2007/08/18 00:52 | erte [ 編集 ]

改めて、お誕生日おめでとうございます!
素敵なBirthdayになりましたね!!
レストランのエントランスが落ち着いていて
「入ってみたいな!」って、心をくすぐる感じですね!
とてもいい感じで素敵です・・。
コースのメニューを順番にひとつひとつ
拝見していると思わず「ゴクン!」とよだれが
出てきそうです!(笑)
ホント、おいしそう!!
デザートも最高!!
そして最後に僕も大好きな絵、
ゴッホの「夜のカフェテラス」!!
見事なくらいのメニューに
ご馳走様!!って感じですね!!
この「夜のカフェテラス」は、なんとも雰囲気のいい
なごやかなざわめきが聞こえてきそうで
好きなんです・・。
確かシャープのCMで見ましたが、今でも
このお店が当時とほとんど変わらないで
そのままあるんですよね・・。
ぜひ行ってみたいところです・・。

子供がいると、おしゃれなお店でゆっくり
食事というのはほとんどできなってしまいますが、
いつかはこの「サリュー」にぜひ行ってみたい!
本当にそう感じるお店ですね!!!
素敵なお店を紹介していただいて
ありがとうございます!!
2007/08/18 11:45 | takashi [ 編集 ]

☆♪あし♪さんへ

写真は自信がなかったので、そう言ってくださって嬉しいです。
とっても美味しくて、おなかいっぱ~いになりました!
機会があったらぜひどうぞ!
(*´ー`*)♪
2007/08/19 10:03 | mar [ 編集 ]

☆カルメンさんへ

「おめでとう」をありがとうございました!
8月12日真夏生まれです。
母は暑い時期に初めての出産で、大変だったでしょうね。(;´ー`)
覚えやすいように「ハイジ(812)の日」と命名して、某KM軍曹にバカにされていますが、ちゃんと忘れずに「おめでとう」を言ってくれるのが彼女のいいところです。(笑)

さすがカルメンさん、評判のいいサリューをご存じだったんですね!
カルメンさんならほかにも、素敵なお店、たくさんご存じなのでしょうねぇ・・・。
ぜひぜひ、(頑張れば私にも手の届くぐらいの…)素敵なお店、教えてくださいね!!
スタジオの仲間と行くお店も、ミセス軍団のみなさんは素敵なところなんでしょうねぇ。
私たちがよく行くのは(私自身はビールも飲まないのですが…。)ラーメン、焼き肉、そしてほとんど居酒屋・居酒屋・居酒屋です。
( ̄― ̄°)ぐすっ
2007/08/19 10:10 | mar [ 編集 ]

☆azadaちゃんへ

おお~ヽ( ´ ▽ ` )ノ !
お互い夏女ですね。
お誕生日おめでとう!!
今年も、また熱く一緒に踊って行きましょうね~。
azadaちゃんに良いことがたくさんたくさんありますように、と、心からお祈りしています♪
2007/08/19 10:12 | mar [ 編集 ]

☆erteさんへ

ここのお店は、とっても美味しいですよ!
ランチはお手頃ですが充実感満点なので、女性にすごく人気のお店です。
いつ行っても満席、時には予約の取れないことも…。
ぜひぜひ行ってみて下さいね♪

お友達のお子さんのお誕生日、いかがでしたか?ちいさなケーキにろうそくを灯して、みんなでハッピーバースデイの歌をうたう…。
想像しただけでなんだかポワッと胸の温かくなる光景ですね…。
誕生日を祝うって、当たり前のようだけれど、よくよく考えてみると、
「その人が、この世に生まれてくれて嬉しい。」
「その年齢になるまで、生きてきてくれて嬉しい。」
っていうことを祝うって、すごいことですよね。
昔は今よりも、子供が亡くなったりすることも多かっただろうし、命が無事に産まれて続いていくのは当たり前ではなかったからこそ、生まれた記念日を祝うようになったのでしょうか。
「おめでとう」って言ってくれる一言ずつに、すごく感謝の気持ちを感じました。

私は本当にダメで、人の誕生日をすぐに忘れてしまう…というか、数字に弱くて覚えられない(携帯の番号も覚えられなくて、災害が来たらどうしよう…)。
覚えられない、と言うのは言い訳で、覚えて祝うという、優しい心に欠けているのかも…。
だからこそ、「おめでとう」を言ってくれる人たちには頭が下がるし、心から感謝です!

2007/08/19 10:19 | mar [ 編集 ]

☆takashiさんへ

ホント、こじんまりとした温かい感じがなんとも素敵なお店なので、ぜひぜひおすすめです。
何でしたら、かわいいいっちゃん&しんちゃんのベビーシッターを引き受けますので(頼りないかな?)、時には奥様とお二人で…。

この間、マリエというタレントさんがテレビでセレブ(?)な生活について語っているのをちらっと見てしまいました。
とにかくお金に満たされた豪勢な生活、ほとんど外食で一食の平均は1万円ぐらい、家事はしない(から部屋は強盗に入られたほど散らかっている)、欲しいものは何でもすぐ買える、高級な外車に、海外にも家がいくつも…容姿にも恵まれて。
彼女自身はそれに幸福を感じているようで、
「毎日が楽しい」
と言っていましたが、負け惜しみではなく、なんだかむなしく響きました。
でもそんな生活をうらやましいと思う人はたくさんいるのでしょうねぇ。
貧しいのは苦しいことです。世界中の誰もが、住むところや食べるものや命の心配をしないで日々を生きられればそれに越したことはない。
だけど、貧しいイコール不幸、お金があれば幸福、ナンテ言うのはもちろんナンセンスですね。
お金がありすぎるからこそ、本当に大切なものや欲しいものを見つけるのが困難になるのかもしれませんね。
自分のためだけにお金を使い、ものが自分を幸福にしてくれると思うような人生は、むしろ哀しいのではないかと…。

私は自分の生活と彼女の生活を交換したいとは思えませんでした。(もちろん彼女も思わないでしょうが。笑)
素敵なレストランで食事ができるのは、
「たま~~~に」「特別な日に」「大切な人と」
だからこそ、すごく嬉しい。
その人が、なけなしのお金をはたいて、
「好きなものを、好きなだけ食べて。」
と言ってくれる心に、涙ぐみたくなるような幸福を感じたのだと思います。
私は私で良かったなぁ、と思います。
2007/08/19 10:34 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/170-5bf9a48e

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。