2017・07
<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/22 (Sat) 先生似!?

untitled.jpg
ヒロ君先生が、
「スペインの家の近くの『愛と犠牲』のマリア像は真由美先生に似ているよ。」
と言っていました。
色々探してみたところ、たぶんこれだと思います。
ぱっちりした目が、確かに似ていると思いますが、いかがでしょう?
(上の写真はこちらのページよりお借りしました。
http://www.latrabajadera.com/index.htm


さぁ、週末が始ります。
今日からまたありがたいことに三連休。
もちろん、三日間とも、朝から晩まで一日中、フラメンコ公演「愛と犠牲」にむけて練習・練習・練習の日々となります。
着替え、何枚持っていこうかなぁ・・・・・・・・・・。

本番まであと六日。
時間が惜しい。
時間が足りない。
今日が公演の一ヶ月前だったら・・・と、正直に思います。
でも、限られた時間の中で、自分にできるせいいっぱいを、頑張って来ようと思います。

大事なのは、見に来て下さった方に(全員は無理でも)喜んでいただくこと。
私たちが、言葉ではなく踊りで、何かをしっかりと届けることができたら・・・・本当にいいのになぁと思います。
そして、お客様も、ミュージシャンも、スタッフも、踊り手も、会場にいるみんなで感動を分かち合えたら、こんなに嬉しいことはありません。
そのために、今を頑張っているのかもしれません。

そして、もっと大事なのは・・・アルテ(芸術)の神さまの心にそぐう、いい作品であること。
そのために、今なお妥協なく振り付けを変え、構成を変えるヒロ君先生の心を、大事に汲み取って、臨機応変かつ頼もしく応えたいと思っています。
虚栄心も、自己顕示欲も何もない。
そんなものは、『曽根崎』が始まったときにすっ飛んでしまいました。
上手いと思われたいとか、すごいと思われたいとか、そんなちっぽけな欲は、もっと大きな美しいものの前に吹き飛ばされてしまいます。
ただただ、作品の中で、自分の役割を十二分に踊ることによって、作品全体が良いものになり、みんなの、そして自分の命が輝きますように・・・、と祈ります。

今、何か大きなものがたまごの中でうごめいている感じ。
本番では卵が割れて、大きな羽ばたきとさえずりが聞こえますように・・・。

不安を口にする暇はもう無いので・・・。
とにかく、頑張ります。
頑張ります。
どうぞ応援していて下さいね。

スポンサーサイト

comment

まるで100M走のスタートダッシュ前のような意気込みを感じます。
marさんの鼻息まで聞こえてきそう(失礼^^;)

「虚栄心も、自己顕示欲も何もない。」

「上手いと思われたいとか、すごいと思われたいとか、そんなちっぽけな欲は、もっと大きな美しいものの前に吹き飛ばされてしまう。」

すごいなぁと思います。
marさんはその究極の世界の中心にいるのですね。
作品を作るってそういう事なんだ。
一人異彩を放つわけではなく、舞台の色を全員で染め上げる事。
当日はぜひ、そのすばらしい一体感を感じたいと思います。

ラスト一週間、故障のないようレッスンに励んでくださいね。
応援しています!
2007/09/22 11:03 | erte [ 編集 ]

ひたすら「美しいもの」をめざして寸暇を惜しんで練習に打ち込むmarさんの姿勢に対して、だれだって応援したくなるはずです。
ぼくもまだ一度も見たことないにもかかわらず、いつでも応援しています。

本番が練習を超える舞台になりますよう、心よりお祈りいたしております。
2007/09/22 13:21 | ♪あし♪ [ 編集 ]

いつもいつも、真剣勝負のmarさん

その熱い情熱は、きちんと舞台で発揮されることでしょう!!

あたしは仕事をしながら、時々marさんの言葉を思いだします。
なんとなく・・・??続けてきた仕事??
慣れと経験???

ああ~~これじゃいかんなと、一人一人のお客様、毎回真剣に接していかなきゃ!!と・・・・

緊張と丁寧さ・・・思い起こさせてくれてありがとさんです!!

  いつものことながら、舞台が素敵に幕開けします様、祈ってます!!!! 
  marさん!!!!ファイト~~~~~!!
2007/09/23 12:21 | さるしおん [ 編集 ]

はいっ!Marさん!
応援しています!!!

そして、楽しみにしています!

今日も練習お疲れ様でした。
明日も体に気をつけて頑張ってください(^O^)!

2007/09/23 23:34 | Ami [ 編集 ]

みなの魂がひとつになった舞台が、
アルテの神様に祝福されて、熱くしかし暖かく
光に満たされて昇華されていくような様が、
ありありと目に浮かびます。

あと少しだね、すばらしい2日間になること間違いなしだよ!
2007/09/25 07:45 | あやむ [ 編集 ]

言葉にならない思いで 胸がいっぱいです。

舞台のご成功をお祈りしています。

わたしは、わたしの人生をしっかりと歩み
みなさんがたは、みなさん方のいのちを
ふたたび また 燃やされる

同じ時代に同じ地に
どういう巡り会わせか 共に在ることを
許されている

そのふしぎを思うとき
胸がいっぱいになります

遠く離れていても 
同じ空の下
何かしら どこかしら みなさんが近く感じてしまうのはなぜでしょうか
同じように いのちを燃やしておられるみなさんが
いとおしく感じるのはなぜでしょうか
2007/09/25 14:05 | みるく [ 編集 ]

凛とした、神聖な意気込みを感じます・・。
ワクワクするような興奮した気持ちと
繊細なまでにすみずみまで行き届いた
緊張感・・。
本当に当日の舞台は楽しみです!
こうしてmarさんの日記を通して舞台に上がる前の
緊張感と興奮とを感じることが出来るのも
ありがたいですね・・!
幕が上がるときから興奮が始まるのではなく、
この日記から、
その高鳴る鼓動を聴くことが
できる・・。


「上手いと思われたいとか、すごいと思われたいとか、そんなちっぽけな欲は、もっと大きな美しいものの前に吹き飛ばされてしまいます。」と
いうこの言葉・・。
素晴らしい境地の中にいらっしゃるのですね!
聖なる次元に身を置かれているように感じます!

その興奮を、その情熱を、当日の舞台で
いっぱい分けてくださいね!!!!!
ワクワクしながら当日の客席に向かいます!!
2007/09/26 08:36 | takashi [ 編集 ]

☆erteさんへ

コメントをありがとうございます!!
お返事が遅くなってごめんなさい。
いよいよ明後日だ~~~~~。
私にしては本当に珍しく、なんだかまだ、漠然とした不安や、漠然とした恐怖。
まだうっすらとかかったもやの中にいます。
それは、作品自体の持つ性質なのかもしれないけれど・・・。

踊る私たちの「想い」があったとしても、それが独りよがりな「うちわ受け」的なものであってはいけない、と、強く思います。
だからといって、何かを声高に言うのではまったく意味がない。選挙演説みたいなものには芸術的な味わいもなく、耳にも入ってこないですものね。
踊る指先や目線、小さな囁き声のような振りや、舞台上の静寂までもが何かを語るような・・・。
もっと、繊細で微妙な仕事なのだと思えます。

だから、(私たちとしてはいい作品だと感じていても)この作品がいい作品なのかどうなのかということは、当日、お客さんとの一期一会のなかで公演を終えて、その果てに初めて分かるのかなぁと思っています。
喜んでいただけるのか、いただけないのか・・・。
感じていただけるのか、いただけないのか・・・。
初演、というのは恐いですね。
恐くても、本番は着々と迫ってくる。

とにかく、「来てよかった」と、思っていただけたらうれしい・・・と、祈るような思いです。
お待ちしています!!
2007/09/26 11:19 | mar [ 編集 ]

☆あしさんへ

優しいコメントに、思わずニッコリです!!(*'ー'*)♪
本当にありがとうございます。

30分の作品のために、作成と稽古にかける時間は莫大なものです。
でも、どれだけ努力をして時間を過ごしてきたかということは二次的なことで、見る人には関係のないこと。(努力を言い訳にはできません。)
すべては、本番の一瞬にかかってきます。
恐いような、楽しみなような、複雑な気持ちです。
静かに祈るような・・・そんな心で踊れたらいいなぁと思っています。
2007/09/26 11:25 | mar [ 編集 ]

☆さるしおんさんへ

ありがとうございます!!
ファイト~~~~~~~~o(≧▽≦)o♪ですよね。

今回は、その熱い思いを、静かに静かにこらえてこらえて内側に大事に抱いているようなことを求められているように感じます。
言葉にできない、言葉にならない思い・・・。
固く閉じたつぼみのように、ひらく瞬間を耐えて、耐えて、耐えて、待ちながら・・・・最後の最後にやっとお客さんに向けて大きく咲くことができるような、何か・・・。
上手く説明できないですね、ごめんなさい。

昨日、ヒロ君先生とも話したのですが、「言葉にならないね。」って。
言葉にしてしまえるならば、もう、踊る必要がない。

そういう意味では「曽根崎」は近松門左衛門の戯曲がベースにあり、言葉の天才・阿木さんが作詞しているから、すべての踊りの背景に「言葉」があったように思います。
わたしにとって言葉はとても近しい親しいもの。
だから、安心感と、明澄な感じがありました。

今は、言葉を離れて・・・イメージの世界の中にいる感覚です。
新たな挑戦です。
どうぞ、成功を祈っていて下さいね。
2007/09/26 11:35 | mar [ 編集 ]

☆Amiちゃ~ん♪

コメントありがとう!!
ヽ( ´ ▽ ` )ノ ♪
読みながら、Amiちゃんのかわいい笑顔とかわいい声が浮かんできました。
私たちが今こうして、スタジオを占拠して公演に向けてがんばれるのも、応援し、協力してくれるスタジオの仲間たちのおかげだなぁと、心から感謝しています。
特に今回は・・・Amiちゃんにとって親しい新メンバーも加入で、きっといつも以上にドキドキしながら舞台を見つめてくれるのでしょうね。
どうぞ、成功を祈っていて下さいね。

2007/09/26 11:46 | mar [ 編集 ]

☆あやむちゃん

本当にありがとう!!!!!
そうなるように、これまでの日々を過ごしてきたから、今はもう、それがちゃんと成し遂げられるように、祈るような思いです。

数年前までは、
「(私が)踊りを間違えませんように~!」
「(私が)上手に踊れますように~!」
という祈りだったけれど、今は、
「この作品が本質的にいい作品でありますように~!!」
「会場にいるすべての人と大きな感動を分かち合えますように~!!!」
と感じるように変わってきました。
「作品」は、創った先生のものでもなく、踊る私たちのものですらなく、もう独立したひとつの「作品」・・・。
マザーテレサが自分を「神の鉛筆」と言ったように、私たちみんながアルテの神さまの鉛筆でありたいなぁと、願います。
2007/09/26 11:53 | mar [ 編集 ]

☆みるくさんへ

涙ぐみたいような気持ちでコメントを読みましたよ。
本当にありがとうございます。

遠く離れたところで、生まれ育って、それなのに「フラメンコ」というものを接点に、シュッと近くなれましたね。
みるくさんが見て下さった、あの日の「曽根崎」は特別でしたね。さまざまな垣根が取り払われ、目の見えない方や耳の聞こえない方、盲導犬までもが舞台を見てくれた・・・。
その時の感動も、もちろん途切れずに続いて、この「愛と犠牲」の舞台にまた流れ込んでいるように思います。

「愛と犠牲」は、私のためのものです。
そして、みるくさんのためのものでもあるんですよ。
一人ひとり、すべての人にとって、「自分自身のもの」と感じていただけるような・・・。
そんなものになりますように、と、祈っています。

私は、「愛と犠牲」のことを思うとき、大きな高いもの深いものを思うのと同時に、ごくごく身近な家族や友人のことを思います。
誰もが、それぞれの「愛と犠牲」を生きているなぁ、と感じています。

みるくさんのお幸せを祈っています!!
2007/09/26 12:09 | mar [ 編集 ]

☆takashiさんへ

子供の頃から宗教に馴染みが無く、今も特定の宗教を持つ私ではありませんが・・・。
それでも、心の中には、宇宙を流れる戒律のようなものに対する畏敬の念、真に神聖なものへの憧れ、自然に美と癒しとパワーを感じ、運命のまえにひれ伏すしかないような心・・・というようなどこか宗教「的」な感覚はあるように思います。
大晦日の夜、しんしんと冷えた静かな夜の中で窓を開け星空を眺めながら、遠くの除夜の鐘を聞く時の清新な気持ち・・・。
木漏れ日のきらめき。
舞い散る桜の中を歩くときの、心の中に湧き上がる歓喜と、どこか切ない気持ち。
最近は特に、植物が私の心に寄り添ってくれることを感じます。

人間同士も、そう望まなくても傷つけ合ったり、苦しめ合ったり、自分の心の中にあるマイナスな感情に自分自身が苦しんだり・・・。
そんなことを重ねながらも、でも、一方で、優しくし合ったり、笑い合ったり、許し合ったり、慰め合ったり、分かち合ったり、分かり合ったり・・・。

宇宙の中の自分。
人の中の自分。
大げさなようですが、この舞台の練習を重ねると、そういうものをあらためて深く心に感じます。

心の中に色々と眠っていた記憶、小さな痛みや、小さな喜びを、次々に引き出されるような・・・。

どこまでできるか分かりませんが、想いを大切に届けられるように、踊りたいと思います。
お忙しい中、舞台を見に来て下さること、本当にありがとうございます!!

どうぞ、応援していて下さいね。

2007/09/26 12:29 | mar [ 編集 ]

頑張ってください!
ものすごく楽しみにしてます♪

以前mixiでも宣言(?)しましたが、2日とも見に行きますので♪
本当に楽しみにしてます。

瞬きする暇もないくらい、じっくり観てしまいそうです~(笑)
2007/09/26 15:18 | KANA. [ 編集 ]

ちいさなひとりにまでも、思いをこめて踊ることを知っていらっしゃるmarさんは、すごいですね。

今も十分に素敵ですが
今よりも、ずっと遠くまで行ける人だと、感じます。

あたたかなお心、感謝です。
当日は娘の検査。大阪の空からご成功祈ってます。

「上手いと思われたいとか、すごいと思われたいとか、そんなちっぽけな欲は、もっと大きな美しいものの前に吹き飛ばされてしまいます。」

わたしのちっぽけさもまた
曽根崎のみなさんの大きさ、美しさ、輝きに
蹴散らされて、吹き飛ばされました。

人生でこんな素敵なものに出会えて、嬉しいです。
2007/09/26 18:08 | みるく [ 編集 ]

marさんって、ほんと素敵な方ですね。

marさんのコメントを見ると、一人一人丁寧に
そして、本当に相手を思いやる気持ちに溢れてる。

一度も、お会いしてないのに
marさんの人柄に惚れてしまいました(笑)

仕事だとか、子供の事だとか、
いろんな事で、すごく醜い気持ちになってる時でも
marさんのブログを見ると

「あ~ そんな風に考えたらダメよね・・・」

「もっと、相手を思いやらなきゃ・・・」

って、そんな風にいつも考えさせられてしまってます・・・

それと同時に、marさんの頑張りも伝わってくるので、私も頑張らないとな・・・
って、癒されつつも常にパワーを頂いております。

ネットを通じてですが、心からmarさんとの出会いに感謝します。
ありがたいですね。本当に・・・


さてさて、公演も今週末とゆう事で
超・超・超・超~~~~楽しみにしておりますんでっ!!!
金曜日の夜はきっと、marさんの踊りで酔いしれる事でしょう。
当日は、更にパワーをくれると期待しとります。

くれぐれも、身体の故障のないよう
気をつけつつ、頑張ってくださいね☆

2007/09/27 01:58 | keriko [ 編集 ]

☆KANAさん、みるくさん、kerikoさん

コメント本当にありがとうございます!!
とっても嬉しかったです。
また公演が終わりしだい、落ち着いてゆっくりお返事しますね!
ちょっとだけ待ってて下さいね♪

KANAさん、kerikoさん、いよいよ明日!!
お待ちしています!!

みるくさん、成功を祈ってくださってありがとう!!
娘さんの検査の結果を、私も心からお祈りします。

2007/09/28 00:21 | mar [ 編集 ]

☆KANAさんへ

公演がおかげさまで無事に終わりました!!
二日間、温かく見守ってくださって本当にありがとう。
素敵な感想も拝見しましたよ!
嬉しかったです。
なんだか、脱力してボーっとしています。
今回の舞台のことを落ち着いて振り返れるのはもうすこし先かなぁ・・・。
またマイペースに歩んでいこうと思います。
本当にありがとう!!
2007/10/02 12:19 | mar [ 編集 ]

☆みるくさんへ

お嬢さんのおかげんはいかがですか?
世界にたった一人の、たいせつなお嬢さん・・・。
幸福であってくれますように、と、心から祈らずにはいられません。
生きているだけで、もう充分にすごいこと。
どうぞ、頑張らないで、たくさんたくさん優しいお母さんに甘えて、自分を許して、のんびりして欲しいです。
一生懸命に頑張ってきた心の悲鳴が、身体に出るのかもしれませんね・・・。なんだか、人ごとではない想いです。
ただただ安心してたくさん眠って欲しい・・・。
体の中にまたパワーが満ちてくるまで、たくさん抱きしめてあげてくださいね。
みるくさんも、大変な思いをたくさんされているでしょう。
何もできませんが、心からお祈りしています。


>今も十分に素敵ですが
今よりも、ずっと遠くまで行ける人だと、感じます。

こんな風にいっていただいて、もったいないです。本当にありがとうございます。
未来の自分がどんな風になっているか、楽しみなような恐いような。
ただ、人の心の痛みの分からない傲慢な人間にはならないように・・・と願います。
ふとしたときに閉じてしまいそうになる自分の心。
私もまた、時には休んだり、逃げたりを、上手にしながら、振りかえればゆるゆると上り坂を登っていた・・・なんていうふうになっていけたらいいなぁと思っています。

同じ空の下、お互いの幸福を祈りあえる人がいるというのは幸せですね。
これからも、どうぞ、よろしくお願いします。
2007/10/02 12:33 | mar [ 編集 ]

☆kerikoさんへ

舞台を見に来て下さって本当にありがとう!!
新しい作品を公演するのは私たちにとっても本当に久しぶりのことでした。
初演を終えるまで、どう受けとめていただけるのかが見えず、ドキドキしていました。
温かい拍手に本当に感激しました。
かわいいお花・・・とっても嬉しかったです!
手書きのメッセージのかわいらしい文字を拝見し、まだお目にかかったことのないkerikoさんのことを、とっても身近に感じました。

公演は楽しんでいただけましたか?
お帰りは無事でしたか?

私は、まだ落ち着いて舞台を振り返ることができないでボーっとしています。
でも、なんだか、ホッとしてもいます。

これから、公演を終えたことをこのブログに書こうと思っているのですが、何だか、何から書いていいのやら・・・。
手が着かない感じです。

でも、何よりも、たくさんの励ましや温かな心を客席から送っていただいたからこそ、なんとか踊れたのだと、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとう!!

今回はお目にかかれませんでしたが、次はきっと、ぜひ、お目にかかれますように!!


2007/10/02 12:46 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/180-488dffbf

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。