2017・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/07 (Wed) 梨加ちゃん

2007_1024days0005.jpg



2007_1024days0003.jpg



2007_1024days0004.jpg



2007_1024days0062.jpg



2007_1024days0063.jpg



2007_1024days0061.jpg


2007年11月7日(水)。
117で「いいな♪」の日・・・と勝手に命名。

だって、この美しい秋の日の朝、私にとってとても大切な直美ちゃん&あっちゃん夫妻に、初めてのベイビー、かわいい女の子が生まれたんです!!
名前は「梨加(りか)」ちゃん。
中国の詩人、白居易は『長恨歌』の中で、美しい楊貴妃の泣く様を、雨に打たれる梨の花にたとえています。梨は美人の象徴ですね。
そしてスペイン語で「Rica」は、「豊か」という、いい意味です。
良い名前をもらったね。

いいな、いいな、あかちゃんってかわいいなぁ♪
私もはやく会いに行きたいなぁ・・・・。
なんだかとっても幸せな嬉しい日です。

*初めてママになった直美ちゃん、ご出産おめでとう!!
そして、長時間の大仕事、本当におつかれさま。
きっと、今、喜びに満ちていることでしょうね。
今日からは天使のママ、がんばってね!!

*パパになったあっちゃん、おめでとう!!
もうすでに梨加ちゃんはあっちゃんそっくりだとか・・・。
かわいくてかわいくて仕方ないんだろうなぁ・・・。

*初めての姪っ子誕生で叔父さんになった空、おめでとう!!
声から、メールから、すでにメロメロになっている様子が伝わってきたよ~。

一人の赤ちゃんがお母さんの温かいおなかから初めて外に出て、
たくさんの愛をうけ、喜びの声に迎えられる瞬間・・・。
人生の中で想像しうる、もっとも幸福な場面のひとつですね。
去年の夏、甥っ子のヒロ君が生まれたときの喜びが心によみがえります。
今朝生まれたばかりの梨加ちゃんの小さないとおしい命。
これから歩む道のりが、幸福なものになることを、心を込めて祈ります。
上の白菊の写真は、私から梨加ちゃんへの最初のちいさな贈り物・・・。

梨加ちゃん、ようこそ、この世界へ!!
0歳の誕生日、おめでとう!!
たくさん、たくさん、た~くさん幸せになりますように・・・。



20071107224607.jpg
携帯に送ってもらいました♪
今朝生まれたばかりの梨加ちゃんです。
かわい~い!!



スポンサーサイト

comment

「梨花一枝春帯雨」(りかいっし はる あめをおぶ)ですね。

漢詩までが引用されるとは、本当に驚きましたっ!!
marさんの教養の広さ深さは只事ではありません。

こんなmarさんに祝福された梨加ちゃんは、
きっと幸せになれるでしょう。
2007/11/08 16:59 | ♪あし♪ [ 編集 ]

愛らしい~~~!!白菊も綺麗で・・・
梨加ちゃんおめでとう!!
あなたにも天使が沢山降りてきます様に!!・・ってあなたが、天使だね!!

marさん・・・よかったですね!!赤ちゃんって本当に天使!!

marさん、コメ有り難うございます。無事終わり・・後は時間が薬ですわ。ちょっと疲れたけれど・・がんばりま~す!
2007/11/08 17:22 | さるしおん [ 編集 ]

☆あしさんへ

とんでもないです。もう、聞きかじりの浅い知識で、お恥ずかしいかぎりです。
でも、あしさんが
「香炉峰の雪は?」
とお尋ねになったら、だまって簾を上げることはできますよ♪

『長恨歌』は、『源氏物語』の「桐壺」の巻を読んだ延長線で読みました。
楊貴妃の金のかんざしが、歩くたびにしゃらしゃらと音を立てている様子や、入浴シーンでミルク色の肌を水滴が真珠のように転がる場面を思い浮かべ、美しさに感動しました。
『枕草子』の「木の花は」という私の大好きな章段でも、清少納言が梨の花について語る際に、この白居易の「梨花一枝・・・」の句を引用しているので、よけい心に残っているのかもしれません。

平安の知識人は本当に教養があったのですね。
今は、情報量が多すぎて、雑多になりすぎているように感じます。
学ぶべきものをその中から選別するのは大変なことです。
だから、淘汰された果てに残ってきた古典に心惹かれるのかもしれません。
まだまだ勉強はこれからです。
どうぞ、これからも色々と教えてくださいね。

2007/11/08 19:54 | mar [ 編集 ]

☆さるしおんさんへ

さるしおんさん、本当に大変でしたね。
うちの祖母も、大腿骨骨折を経験し、それ以来すっかり足が弱くなってしまいました・・・。
だから、人ごとではなく、とても心配だし、ご回復を心からお祈りしています。
どうぞ、おばあちゃま、早く良くなりますように。
看護疲れにならないよう、さるしおんさんも、お身体大事になさって下さいね。

私は、赤ちゃんって本当にかわいいなぁ・・・と、メロメロになります。
食べちゃいたい・・・。
あのプクプクフワフワしたほっぺや、むっっちりとしたふくらはぎに触ってみたいな~・・・。

白い菊、きれいですよね。
こんな嬉しいニュースと一緒に載せることが出来て、白い菊も喜んでくれていると良いなぁ・・・。

梨加ちゃんに会える日がとっても楽しみです。
2007/11/08 19:59 | mar [ 編集 ]

白菊大好きです!!
上から三番目は♪ハッピーバースデー♪と唄っているようですね!

梨加ちゃん、Que guapa!!
そして「Rica」は美味しいと言う意味もありますし、まさに食べたいくらい可愛い赤ちゃんですね!
お幸せに・・・
2007/11/08 22:19 | カルメン [ 編集 ]

梨加ちゃん、この世界への誕生おめでとう~!
カメラ目線で愛らしいですね。
産まれたてとは思えないほどしっかりしたお顔です♪
最近、私の周りでもハッピーな報告が多いので幸福な気分になっています。
赤ちゃんは一番の宝物ですね。
2007/11/09 12:11 | erte [ 編集 ]

☆カルメンさんへ

白い菊、今までは何だか見落としてきてしまっていたのですが、こうしてカメラを通して向きあってみると、きれいだなぁ・・・と感じます。
特に、今回撮ったものは結構気に入ってて、こんないいニュースと一緒に載せることが出来て嬉しく思います。

Ricaは、英語にするとRich、なのかなぁ。
美味しくて、リッチで、美しい子になりそうですね。
名前には、親の夢と希望が詰まっていますねぇ。
カルメンさんのお名前もとってもきれいですね!
2007/11/09 15:43 | mar [ 編集 ]

☆erteさんへ

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、おさるさんのよう・・・とか、ガッツさんかホンコンさんか・・・とかいわれたりするのに、梨加ちゃんはお姫様のようにかわいらしくて、ビックリです。
まだ見えていない目をぱっちり開いて、なんだかかわいらしい帽子をかぶって・・・。
「この世を生きた歴・1日目」とは思えない感じですね。
どんなかわいい女の子になっていくのか楽しみです。

生きていると色んなことがあるけれど、結果的には
「生まれてきて良かった」
と、思って欲しい・・・!!
すべての赤ちゃん(&元あかちゃんの大人たち)に、そう願います。
2007/11/09 15:52 | mar [ 編集 ]

白菊、なんともかわいい・・!
心を浄化してくれる可憐な花ですね・・。
小さな光をいくつも心に灯してくれるような
感じがします・・。

梨加ちゃん、ほんとかわいい~~!
産まれたばかりなのにずいぶんと
目鼻立ちのはっきりした顔ですね!
間違いなく楊貴妃に似た美人さんに
なることでしょう!!

子供の誕生はホントに素晴らしく
うれしい出来事・・。

どんなにいやなことがあっても
産まれた瞬間のことを思い出したり
誕生のときのDVDを観たりすると
気持ちがおだやかに
洗われていくのを感じます・・。

小さな口、小さな手、小さなアンヨ・・。
すべてがいとおしく感じられていること
でしょう・・。

かわいくてかわいくて仕方がない存在・・。
何回抱きしめても、抱きしめ足りない
ぬくもり・・。
「愛する」ということをいとも簡単に
心に刻み込んでくれる、その笑顔・・。

あかちゃんはすっごい存在ですね・・。

梨加ちゃん!おめでとうございます!

命の誕生は、本当に本当に
ありがたいくうれしい出来事・・・。
2007/11/09 15:52 | takashi [ 編集 ]

☆takashiさんへ

takashiさん、優しいコメント、ありがとうございます。
梨加ちゃん、ほんと、かわいいですよね。
ひとのお子さんでも、こんなにかわいくて舞い上がってしまうのですから、自分の子供が生まれたらどんな気持ちになるんでしょうね・・・。
想像するのは楽しいです。
いつかそんな日が来ると良いな~。
(*'ー'*)ふふっ♪

takashiさんは、もう、2回も「我が子との初対面」という奇跡の瞬間(!)を体験なさったんですね。
いいな~、いいな~。
どんな気持ちでしたか?
やっぱり嬉しさ爆発ですか?それとも安心感?
泣いちゃいましたか?(*^ー゚)
頑張るパワーが湧いてくるのでしょうね。
いっちゃんも、しんちゃんも、さぞさぞかわいらしい赤ちゃんだったことでしょうね。
今もあんなにかわいいのですから。

親になるというのは、喜びとともに、大きな責任ものしかかってきますね。
親になるということは、親でなかった自分にもどることはもう永遠にできないのですものね。
子育ても、単純な喜びばかりではないでしょう。
私だったら、忙しいときはカンガルーのようにおなかの中に入れておけたらいいのになぁ、なんて思ったりするかもな~。
でも、妹を見ていても思うのですが、子供を愛し育てる日々が、自分を「親」へと成長させてくれるのでしょうね。
日に日に「親」になっていくのですね・・・。

人間が新しくこの世に一人誕生する、って、当たり前のようでものすごいことですね。
梨加ちゃんの成長が楽しみです。

ところで・・・。
楊貴妃・小野小町、クレオパトラ・・・。
いったいどんな基準で誰が「世界三大美女」に選んだのでしょうね。なんとなく、取り合わせがバラバラな気がするのですが・・・。
そして、3人とも、今見ても「美人」なのかなぁ。不思議な気がします。(笑)

私にとっての美女は、やっぱりオードリー・ヘップバーンかな♪
takashiさんはどうですか?
やっぱり奥様かな?
。・:*:・d(*´∀`*)b。・:*:・。
2007/11/09 17:08 | mar [ 編集 ]

おめでとうございます。

梨花ちゃんにとって、よい世の中でありますように。今も、そしてこれからもずっと。。。

母親のわたしは、こんなにも難しい時代に子を生んでしまったことの重さに立ちすくむこともありますが
くもりのない子どもの瞳や笑顔を見ていると
なんとしてでも、守ってあげたいと思わずにはおられません。

こころの中はいまだおさなごのような自分ですが、そういう時は、自分が責任のあるおとなであったのだなと再自覚します
再自覚して、びっくりしたりします。


そして、繊細な繊細な、アンティークのレースのような美しい白い菊。。。。を、ありがとうございます。
秋牡丹さんとはまた違い、涙が出るくらい美しい。
こころにしみる美しさです。。。

日々、日々、marさんがこころを留め、愛を注がれるどの花にもそれぞれのいのちがあり、それぞれの出会いはやはり偶然ではなく、同じいのちを受けてこの地に生きている者同士のご縁があるのだと思います。

望まないときですらも 変わることのない明るさとあたたかさを注いでくれる太陽のように
marさんのも 絶え間なく注がれている愛がある。

だから、すべてのいのちあるものは生きているのだと思うのです。。。

marさんからいただいた、あたたかな、愛のあふれるコメントを読んでいて思いました。

もし、わたしが花であったら やはり 語りかけずにはおられないでしょう。。


あなたも おなじですよ。。。  と。


気づいていようがいまいが、信じようが信じまいが、どういう名で呼ぼうが、いや呼ばなくてすらも
あなたも 大きな愛で包まれている。生かされている。

その幸いに、こころから感謝しつつ生きていけたら。。

素敵だと思ったりするのです。
2007/11/10 13:43 | みるく [ 編集 ]

☆みるくさんへ

深いメッセージをありがとうございます。

今の日々のニュース、そして、世界中で起きている飢餓や戦争など、そういうことをかんがえるにつけ、「これから子供をこの世に産み出して、果たして幸福な人生を生きさせてあげることができるのかしら・・・。」と、立ち止まって考えざるを得ないような思いにとらわれます。
日本に生きていて、たとえその子の一生に戦争や飢餓を体験せずにすませることができたとしても、人間の中で生きていくかぎり、大小の差はあれ差別や、悪意や、人間の愚かさや醜さを避けて生きることはできませんね。

でも、やはり、どんな時代のどんな国に生まれたとしても・・・。
幸福になることは可能ではないかと、そう思います。
幸福になる、と言うよりは、むしろ、「幸福だ、と心の底から感じることのできる瞬間瞬間を持つことができる」といった方が良いかもしれませんね。

天災、人災ふくめて、神さまがいるなら、なんでこんなひどい酷いことが起きるのだろう・・・と思うようなこともあります。
でも、毎日毎日、朝、太陽が昇り、光がさす。
花が咲き、季節はめぐる。
それだけで、もうすでに、どれほど大きいめぐみであることか・・・!!
そして、生まれた子供をいとおしんで抱きしめる人がいれば・・・。
赤ちゃんにも、生まれてきて良かった、と、思ってもらえるのではないかなぁ・・・と思ったり。

私は、ついつい満たされて恵まれていることを忘れてしまいがちですが。
でも、朝、太陽が昇る、自分は生きていて、それを見ることができる、それだけでもうすごいことなんだと思えたらいいなぁと思っています。

みるくさんの書いてくださった
「あなたも 大きな愛で包まれている。生かされている。
その幸いに、こころから感謝しつつ生きていけたら。。」
という言葉、繰り返し読みました。
まったくその通りだと思いましたよ!!

感謝を忘れてしまいがちですが、ちゃんと分かっていたいなぁと思います。
大切なことを思い出させてくださってありがとうございます。





2007/11/12 20:50 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/196-25d91d6b

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。