2017・09
<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/08 (Thu) 紅い葉

2007_1024days0035.jpg
私のカメラの限界に挑戦!?
無謀なまでにハナミズキの葉に近寄ってみましたが、なんとか写りました。


2007_1024days0030.jpg
葉の落ちかけた桜の木。
一枚一枚の葉が光を透かし、まるでステンドグラスのよう。


2007_1024days0066.jpg
唐かえで。きれいに紅くなっていました・・・。


2007_1024days0029.jpg
桜の木にびっしりとツタが絡んで、色づいていました。
淡い色彩のグラデーションが光を透かし、きれい。


2007_1024days0068.jpg
秋ですねぇ・・・。 ほうっ・・・と、ため息が出ます。


2007_1024days0072.jpg
花もきれいだけど、秋の主役は色づく葉っぱですね。



この写真すべて、職場をかこむ森で撮りました。
森に囲まれているのです・・・・。
幸せです。
気持ちよく仕事をして、天気がいい日は休憩時間にちょっと外に出れば、美しく色づく木々の中を、落ち葉を踏みしめて歩くことが出来るのです。
静けさの中、鳥のさえずりすら聞こえてきます。
いつも持ち歩いている小さなデジカメを手に、写真を撮りながら、「私はラッキーだなぁ、こんないい環境で仕事が出来て・・・。」と、感謝の気持ちが湧いてきます。

今年は特に、紅葉を美しく感じます。
(去年は、さくらも、ケヤキも、かえでも、みんな茶色っぽくなってしまい、あまりきれいじゃないように感じていました。)
夏の気温との差や、さまざまな気候条件で、紅葉の美しさも年ごとに違います。
今年は、夏が特別暑かったからでしょうか、紅葉が特別に見事ですよ。
みなさんも、どうぞ、時期を逃さずに美しい紅葉を楽しんでくださいね・・・。

紅葉した葉っぱを美しく見るコツは、葉の下に潜り込んで、逆光で見ることです。
そうすると、葉が、光を透かして、ステンドグラスのように美しく見えますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

車を運転して、桜並木やケヤキ並木を通ると、その葉が光を受けて、赤や黄色やオレンジに輝く様に目を奪われます。


季節は毎日移り変わっていくので・・・。
「美しい」と感じた、その日、その瞬間を逃さずに、よ~く見つめたい、そして写真を撮りたいなぁ、と願います。

スポンサーサイト

comment

陽の光を透かした葉っぱ、ほんとうにきれいですよね。下にもぐって 私もたくさん写真撮ってしまいます。
こちらの今年の紅葉は 赤が少ないです。ヤマウルシが庭に生えてくると どこもたいてい切られてしまうのですが 我が家では この時期の紅葉がきれいなので そのままにしてあるのですが、今年はそれが赤くなってくれません。
きれいなシーンに出会って、カメラがなくて、明日 と思っても 明日には もうそのとき感じた景色はありません。でも 明日になると またいい光景があって、だから めげる事はありません。毎日まいにち あたらしい景色のなかで 驚くことばかりです。 
2007/11/09 01:23 | kinokoji [ 編集 ]

☆kinokojiさんへ

まさに、おもっていたことそのままズバリ、言って下さいました!
嬉しいです。

車に乗って、車窓から見るさくらの木が日に映りオレンジや赤や黄色にキラキラとしている・・・。
「ああ、きれい!!写真撮りたいなぁ・・・。でも、今日は忙しいから明日・・・。」
と思っていると、「あれ?」・・・翌日には少し色あせてしまっている。
そして、
「ああ、しまった~!!昨日がきっとあの木が一年で一番美しい日だったんだぁ・・・!!!」
と後悔と共に気付く。
本当に、時間は止まらないで進んで行ってしまい、植物もそれと共に変化していく。その早さは思っている以上に早いですね。
そして、同じ日は二度と無くて、逃してもまた翌日は翌日で、かけがえのない美しさに出会える。

本当に、おっしゃるとおりです!!
2007/11/09 15:48 | mar [ 編集 ]

木々の色も、光の角度も、日々の生活も
子供の成長も、そのときは、その時間、そこにしか
ないのかもしれませんね・・なんて
思っちゃいました・・。

本当にとってもいい環境がmarさんを囲んでいらっしゃるのですね・・。
marさんの温かいやさしい心をひっそりと
包んでいるような気がします・・。

写真を撮るときに光はとっても重要ですね。
さすがはmarさん!

僕らの心は逆光にしたらどんな光景が
映し出されるのでしょうか・・・。
なんてことも思っちゃいました・・。

優しい気持ちの時はきれいに透き通るかな??
イライラしたり、自己中の時は
きっと透けて見えることは
絶対にないでしょう・・。
きっと汚い色・・。

汚い色にならないように、
僕も子供達と紅葉を楽しんで、
光に透ける葉を見上げながら
ただ、ただ「美しい」と感じたい・・。
そうすることで少しでも
心が透ける色になりますように・・。
美しいと感じた気持ちや心も
写真に撮れたらいいですね・・。

なんてことも思っちゃいました・・。(笑)
2007/11/09 16:06 | takashi [ 編集 ]

☆takashiさんへ

色づいた葉っぱを撮ろうと思って、角度を変えて見つめているうちに、すごくきれいに見える角度と、あまり美しくないと感じる角度があることに気付きました。
すべて、かなめとなるのは「光」ですね・・・。
光を透かして葉脈まで透けているような葉の美しさには息をのみます。
花びらもまた同じこと・・・。

ただ、逆光で照らす光が強すぎれば、これはこれでまた葉が暗い影になってしまって上手く写らない。

絶妙なバランスが大事なのだなぁと思います。

そうして、takashiさんのコメントを読みながらふと思ったのですが、ものをみる「角度」・・・自分の立ち位置、視点というのはすごく大事だなぁ・・・と。
人にしても、出来事にしても、同じかもしれませんね。
同じものを見つめるなら・・・どうせなら、自分にとってもっとも美しく見える角度から見つめた方が、人生は幸せかもしれないなぁ・・・なんて考えました。
立ち位置(視点、角度)を変えるだけで、いきなりキラキラと輝き出すことがあり、感動することができる。
そうすると、もう、夢中になって自分の見つけた美しさを写真にとって、誰かに伝えたい、と願います。
対象物は何ら変化していないはずなのに、不思議ですね。
変わっているのは自分、ですね。
それは私にとって大きな発見でした。
写真を撮ることで・・・カメラを持って世界を見つめることで、本当に色々なことを学べるものです。
そして、何より、美しさに出会うことが楽しくて溜まりません♪
運転中は、あまりきれいに色づいた並木道なんて通ると、気もそぞろになっちゃうから危ないかもしれませんね。(笑)

takashiさんが、かわいいお子さんと共に、今年の紅葉をたくさん楽しめますように・・・。
。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・


2007/11/09 16:55 | mar [ 編集 ]

こんにちは。出勤途中なんかで、最近やっと色付いた樹々の葉っぱを見ると、もう出社を止めたくなる衝動にかられます。桜の季節や今の時期は、本当に働く身を恨めしく思います。紅葉の逆光の美しさは、毎年見ても見飽きませんね。写真を撮る時に、背景に黒いものが来る位置で撮影して下さい(さらに逆光補正マイナスにしてあげると効果があがります。緑の葉でも同じです)。
そうすると、さらに葉っぱが浮かび上がるように写りますから!

被写体を様々な角度から眺める姿勢は、読書や他の事にも通じますね。物事を一面的でなく、多面的に見ることの大切さは、頭ではわかってるつもりですが、ついつい一側面だけで、判断したり対応したりしてしまいます。違う角度で眺めた時に初めて分かる事物を発見できる人間になりたいものです。
2007/11/09 18:55 | デミアン [ 編集 ]

このところ、木の葉の掃除に追われ(それも楽しいのですが)見上げるのを忘れていました?!
晴れたら、「下から逆光」を意識して見てみます!

確かに景色も「一期一会」・・・
marさんも運転なさるのですね、意外で嬉しいです。クラシック音楽を聴きながら、風を感じ並木を走り抜けるの最高ですよね!
2007/11/10 00:21 | カルメン [ 編集 ]

marさんの素敵な写真と素敵な言葉で、私の心も綺麗になったようなきがします。

marさんは、詩人ですね。

marさんが素敵な方だから、言葉も写真も踊りも素晴らしいのですね。


強さと 繊細さと ドラマティックな踊りに憧れます。

いつかmarさんのような女性になるのが 目標です。


程遠いですが…目標は高く持ちます!!
2007/11/10 20:07 | azada [ 編集 ]

☆デミアンさんへ

コメントありがとうございます♪
以前、デミアンさんが京都で撮ったという美しいもみじの写真を見せていただいたことがありましたね。
写真というのは、撮った人の、撮った瞬間の感動だったり、それから、ものを見つめる目だったり、人間性、大げさに言うなら「魂」までもが写りこむものですね。
同じ人の撮った写真をたくさん眺めていると、「その人」そのものが見えてくるように感じます。
そう思うと、自分の写真はどうなのだろう・・・と、逆に自分が見えてくるようにも思います。
デミアンさんの写真の美しさは、デミアンさん自身の心の反映ですね。

背景を黒、逆光補正をマイナス、ですね!!
今度トライしてみます♪アドバイスありがとうございます。
カメラ任せで偶然に期待・・・ではなく、もっと自分なりの意図を持って、カメラの機能を充分に塚qいこなせたらいいなぁと思っています。
またどうぞ色々教えてくださいね!

2007/11/12 20:24 | mar [ 編集 ]

☆カルメンさん

そう、実は私、車通勤なんです!(オット、今「車通勤難です」と変換されて笑ってしまいました。)
一応、安全運転を心がけていますが、この時期はついついきれいに色づいた木々に目を奪われます。

片道30分ですが、朝はまずラジオでスペイン語講座を聴き、その後はNHKのFMでたいていクラシックを聴きます。
田園風景とクラシックってすごく合うんですよ♪
カルメンさんもそうなのですね。何だか嬉しいです。
街路樹がきれいですね。カエデ、桜、けやき、イチョウ・・・紅葉が美しい。植えてくれた人(行政?)に感謝です。

時に道が混んでいるときは困りますが、満員電車に耐える人も多い中、恵まれているなぁと思っています。

運転する者同士・・・( ´ー`)⊃⊂(´ー` )アクシュ♪
2007/11/12 20:31 | mar [ 編集 ]

☆azadaちゃんへ

も~~~~(* ̄ー ̄)>
そんなに誉めても何も出ませんよ♪
ありがとうね、光栄です。

そして、azadaちゃんこそ、ボーっとしている私にいつもいつも笑顔で挨拶してくれて、優しくて、謙虚で、とっても素敵です!!!

私は本当に、自分に甘くて、ワガママで、未熟者・・・と、自覚はしているのになかなか成長できなくて困っています。
これからも、あきれずに気長に成長を見守ってくれたら嬉しいです・・・。
どうぞ、仲良くしてくださいね。

そして、azadaちゃんには世界でazadaちゃんにしか踊れない踊りがあるので、どうぞそれを自信を持って追求していってね!!
これからも、応援して、楽しみにしています!
ヽ( ´ ▽ ` )ノ ♪

お互い頑張ろうね♪
2007/11/12 20:37 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/197-26092e06

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。