2017・07
<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/28 (Thu) 友達・・・みんなちがって みんないい

V4010610.jpg
我が家の庭に咲くかわいい花


今日は楽しい秋やすみ♪とってもいい天気。
高校からの親友2人と、アジアンバイキングの店にランチに行った。
一人は、結婚して専業主婦で子育て中。
一人は、結婚して仕事しながら子育て中、しかも妊婦。
一人は、独身でいまだ親元にいて、仕事しつつ、踊ってばかりいる(つまり私)。

毎日同じ高校に通っていた頃と比べれば、それぞれに生きる環境は違ってしまったけれど、それでも、こうして会って楽しく話せることがとても嬉しい。
結婚して子供もいる二人のことを「うらやましい」とは思わないけれど「よかったね。素敵だなぁ。」と思う。子供の話、夫の話、・・・参考になるし面白いし、楽しく聞いている。
二人も、私の踊りを見に来てくれたり、「mar(マル)(仮名)ちゃんは大丈夫。心配していないよ~。」と言ってくれる。
お互いに出会って10数年のつきあいだから、相手のことがよく分かるし、言葉が伝わりやすいと感じるし、私の踊りのことや仕事のこともよく理解して的確なことを言ってくれる。
金子みすずの詩のように
「みんな違って みんないい」
と感じる。3人とも歩む道は違うけれど、それぞれに自分らしく生きているから、かな。

もし、「同じ環境や状況にある人としか友達でいられない!」と感じるならば、世界はどんどん狭くなり、人間はどんどん孤独になっていくだろう。
私たち3人には、共通の思い出がたくさんあって、そして、色々ありながら成長してきたお互いの歩みを知っている。長くて短い人生の限られた時間の中で、まず出会えたことに感謝!そして関係が続いてきたことに感謝・感謝!!
この3人組が、高校生の頃のように長時間べったりと時間を共有できるような状況には、もうきっとならないだろう・・・と思う。でも、おばあちゃんになっても、たまに会って色々話しながら楽しく食事できるような、そんな仲でずっといたいと思う。
3人がそれぞれ、これからどんな道を歩んでいったとしても、思い出の中には必ず共に過ごした大切な時間が輝いていて、そして良いことも悪いことも、何かあればふとお互いの存在を身近に思い出し合い、それぞれの人生の道を尊重し優しく思いやり合えるような・・・。
そんな友達同士で。

敬愛する美輪明宏さんが、
「人間関係は、腹六分目ぐらいが一番幸福」
とおっしゃっていたけれど、さすが美輪さん、なるほどなぁ・・・と思う。
今、私たちの関係はいいバランスなのかも。

そうそう、もう10年以上前、この3人組で渋谷のジャンジャンという小さなライブハウスに美輪明宏さんのコンサートを聴きに行ったことがあった。あの日は、美輪さんの服のすそに手を伸ばせばすぐに触れることが出来るぐらいの近くでうたを聴き、美輪さんの表現力と存在感に心を揺すぶられ大感激しながら帰ったのだった。
美輪さんの歌う一曲の歌ごとに、一編の映画を見るぐらいの重みとドラマと詩情があった。
「あのときの美輪さんは本当にすごかったよね~!それこそオーラがワァッと出ていたね。」と、3人で共に思い出を話し合える幸福。
そして、最近は3人とも、美輪さんの出演する「オーラの泉」という人気番組を楽しみに見ていることが判明して、なんだか幸せな気持ちで笑いあった。

友達って良いなぁ・・・。
友達。
数はたくさんはいないけれど、でも、私は良い友達に恵まれている。
この高校からの友達の他にも、毎日一緒にいて共に泣き笑いする踊りの友達、仕事場で机を並べる信頼する仲間、大学から共に本を読み議論し合ってきた仲間・・・他にも、縁あって出会えた大切な友達たち。

友達って良いなぁ・・・。
そのことをしみじみ感じた、楽しい秋の午後・・・。

スポンサーサイト

comment

 
 はじめまして 

 庭に咲く花 のコーナーで拝見してお邪魔しました

 年齢は ず~いぶん 違うけど三輪さんのフアンです
 みんな違ってみんないい..。 大好きな言葉ですが、やっぱり同じ意見が欲しいと思う事もしばしばです.。
頑張っている様子. 時々 拝見しますね.。
2006/09/28 20:31 | ポピーさん [ 編集 ]

金子みすず、私も大好きです。

ハンナも高校時代の親友達がいるのですが、7人くらい何故かつるんでいて皆性格はバラバラ・・・。
しかし仲良くて、皆ほとんど結婚しましたが会えば元に戻るんですよね。
そして、半年位まえ、そのうちの1人の結婚式にて友人1人がフラメンコやっていたことが判明。
それからカホン奏者(というかパーカッショニスト)が高校の後輩であったことが判明!
とつながっていたりして。。。

仲の良い友人とは何年連絡をとっていなくともいざとなるとすぐに集まれる。そんな日々を送っております。
2006/09/28 23:32 | ハンナ [ 編集 ]

いいですよね、本当に。
友達。

出会えたこと 続いていること
私も最近 同じような感謝の気持ちを抱きました。

縁というのも不思議です。

それが知らないところで繋がっていることも、繋がっていくこともあるんですよね。

人との関係は 面白いです。
だから大切に思うのだと思います。
2006/09/29 00:37 | リベロ [ 編集 ]

ポピーさんへ

初めまして!コメントありがとうございます。
庭に咲く花・・・の話ではなくてごめんなさいね。
我が家では、両親が色々と植えた木々が季節ごとの花を咲かせています。
この花は、小さな・・・直径五センチにも満たない花ですが、星が咲いたかのようにかわいらしいと思って撮ってみました。

ポピー、と言えば、この記事に書いた3人組で房総を旅行してポピーつみをしたことがありました。キウイのようなつぼみを摘んで帰ったら、次々にかわいい花を咲かせてくれてしばらく楽しませてもらいました。

またどうぞ遊びにいらして下さいね。
2006/09/29 14:07 | mar(マル) [ 編集 ]

ハンナさんへ

コメントありがとうございます!
7人も仲間がいるのは心強いですね!それも、温かいハンナさんのお人柄があればこそでしょうね。
しかも、なぜかフラメンコをやっている同士だなんて、嬉しい偶然ですね!

ある一時期を濃密に過ごした仲間同士って、不思議といつ会っても久しぶりな気がしないんですよね~。すぐに、まるで昨日まで一緒にいたかのように距離が縮まって、仲良くなれるのが嬉しいですよね。
それって、女の人だけの特権かもしれない・・・と思ったりしますがどうでしょう?
見知らぬ者同士でも、女の人同士の方が、すぐに打ち解けやすいという実験をテレビでも見たことがあります。
そして、こうしてまだお目に掛かったことのないハンナさんとお話しできるのも嬉しいです。
2006/09/29 14:12 | mar(マル) [ 編集 ]

リベロちゃんへ

リベロちゃん、ちょうど上の記事の最後の「縁あって出会えた大切な友達」という一文を書いている時、リベロちゃんの顔が浮かんでいました。

リベロちゃんと出会った時のきっかけとしては「友達」と呼ぶ関係ではなかったんだけれど、でも、その後すぐに「友達」になってくれてありがとう。
ずぼらな私が年月を重ねて今もリベロちゃんとこうしてつながっていられるのも、私を忘れずに大切に思ってくれるリベロちゃんのおかげだなぁと、本当に感謝しています!
年に数回、二人で出かけたり、美味しいもの食べたり・・・そういうの、これからもずっとずっと続けていこうね!!
美術館や、映画や、食事や・・・楽しい時間を共有して、お互いの近況を笑顔で話し合って・・・。

次のデートはいつかなぁ?楽しみにしています。
いつも幸せを祈っているよ!!
2006/09/29 14:19 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/21-65e6f5ba

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。