2017・06
<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/29 (Fri) 発表会

2008_0227days0023.jpg
私の部屋のラナンキュラスの花。
カーテンのかげの中には十字架。


2008_0227days0015.jpg



2008_0227days0016.jpg



2008_0227days0017.jpg



2008_0227days0018.jpg



2008_0227days0022.jpg



2008_0227days0027.jpg
花を無心に見つめるとき。
世界が輝きと美しさを増し、心は平安を感じます。

いよいよ明日、発表会です・・・!
(過去記事のコメントのお返事もできないままでごめんなさい・・・!!)

風邪も治りました!
元気です。
幸福です。

想いはさまざまにあふれていますが、でも、ひたすらグッとがまん・・・しようと思います。
今年の目標は、
「秘すれば花」
ですから。ね!

ソロのリハーサルのあいだ、真由美先生に、繰り返し、
「もっと、もっと、抑えて良い。」
と言ってもらいました。
「自分が『気持ちよい』と感じて踊っているようなパート、感情を放出できるようなパート、そこをすべて削るくらいでいい。」
師のキッパリとした言葉に、グッと言葉に詰まり、考え込みました。
「今回は、余計なものをそぎ落としきって踊る・・・」
それを確かに目標としたかったはずなんだけど、まだ覚悟・勇気が足りなかったようです。
リハーサルで他の人がワ~ッと感情爆発で踊っているのを観ると心が揺れる。
「ああ、私だって・・・」と、あやうく思いそうになる。
私にとっては、感情を表現することの方がたやすいから。
感情爆発、そんな風に踊ってしまいたくなる。
ついつい「見せる(魅せる)」という余計な欲が沸いてくる。
抑えることが、まだ苦しい。
でも、抑えることこそが今の私のすべきこと。
「ああ、いけない、自分の足許をしっかり見つめ直し、今自分の為すべきことを間違えないこと。」
自分に言い聞かせ、グッと深いところで耐えて耐えて踊っています。

でも、私にとって「感情を大々的に表現すること」が楽なことであるならば、むしろ困難な方・・・抑えることこそに、挑戦する意義と価値があるんだ、と思います。
それこそが、今の自分の目指す成長の方向だから。
思い切って削ろう。
もう、スッキリサッパリ、そぎ落とそう。
明日の朝には、いさぎ良く覚悟を決めたい。
ヒロ君先生いわく、生かして殺す。
明鏡止水、ですよね。
早すぎる駒の回転は止まっているように見えるそうですから。
何であの人、あんなに動かないんだろう、と思われるくらいでちょうど良い。
上手いと思われなくても、すごいと思われなくても、もういっそ、心ない人には「つまらない」とさえ思われてもいい。
心の深いところで静かに微笑みながら、覚悟を決めて勇気を持って、舞台上に静かに存在していようと思う。

大声で唄われる歌だけが、人の心を動かすわけではない。
小さな声で唄われた歌に、死ぬほど感動することもある。
私は明日きっと、大声では唄わないけれど、それでも想いを届けたいと、強く想います。
見て受けとめて下さる方たちの繊細な感性と温かい心を信じて、勇気を持って「秘する」自分を投げ出してみようと思っています。

動きや感情表現を抑えることに不安になるとき、思い出すのは「能」のこと。
「能」はあれほど(動きを抑えた私のさらに何十倍も!!!)動かないのに、その中にものすごい濃密な表現があり、ちゃんと客席に届く。
今年に入ってから見せていただいた鈴木啓吾さんの能、「光の素足」と「弱法師」を、ソロを練習するたびに繰り返し思い出してきた。
あの透明感。
あの静けさ。
純な・・・浄化されきった空気。
あこがれてやまない。
その、能の先生である鈴木啓吾さんが、なんとお忙しい時間を割いて、明日は見に来て下さるのだ。

私は私のせいいっぱいを、踊りたい。
でも私は「私」を越えて、「私」を逃れて、高く深く、拡がって、いきたい。
耐えて抑えて踊るほどに、自由に自由になっていけたらいい。
広漠とした宇宙に静かに凛として立つ。
透明感と、濃密な存在感の同居。
そんな高みを目指したい。

秘すれば花なり。
秘せずば花なるべからず。


書いているうちに覚悟が決まってきました!(笑)
私にとって書く時間は心を見つめる時間。
やっぱりこういう時間を持たないとね・・・。
独り言に付き合って下さってありがとう!!!(笑)

明日、舞台に立つスタジオのすべてのなかま、ミュージシャン、先生たち、スタッフのみなさん。
そして、見に来てくれる、友達、同僚、家族、・・・大切な大好きな人たち。
みんなの大きな愛に満ち満ちた温かいエネルギーの空気の中に明日という一日を過ごせるだろうこと、とても嬉しいです。
みんなにとって最高にいい一日になりますように!

美しい花が咲きますように・・・・。

スポンサーサイト

comment

いよいよですね~~♪
今日楽しみにしています(*^^*)

2008/03/01 07:22 | ともっち [ 編集 ]

見には行けませんが、外から応援しています。

世阿弥の言葉がmarさんの舞台に現れますよう…
2008/03/01 07:30 | ♪あし♪ [ 編集 ]

marさんの大きな勇気と覚悟が見えます。
この舞台にどれほどの想いを込めて努力し戦い続けてきたのか。
スッキリサッパリそぎ落とした究極の「ソレア」、想像しただけで鳥肌が立ちます。
あ~~~、早く観に行きたいっっ!
2008/03/01 09:23 | erte [ 編集 ]

生まれて初めて生舞台のフラメンコ、拝見しました。

初めて拝見するのに、師匠のカケラが透けてみえていたのでしょうか、
とても懐かしい感じがいたしました。
「発散」する前にエネルギーを「凝縮」されていらしたからなのでしょう、
ちらりちらりと垣間見える情熱が、とても心に響きました。

本当に偶然辿り着いたこの場所から、
あのような素敵な舞台にまでご縁が続きましたこと、
心より感謝しております。
でも…、まだまだこれからがスタートなのですよね。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

追伸
最後の団体、marさんをお探しできるか心配だったのですが、
とても不思議ですね。
お顔立ちとかではなくて、その動き、表現から
すぐにmarさんを見つけることができましたよ。
「個性」湧き立つ「表現者」でいらっしゃるからなのですね(^^)
2008/03/04 17:11 | monya [ 編集 ]

発表会観に行きました!!

とってもとっても素敵でしたぁぁぁぁ!!
あんなに高いレベルにいらっしゃるのに、さらに高いところへ登っていけるというのは、凄いなぁと思ってみていました♪

また、素敵な舞台楽しみにしていますっっ!!
2008/03/04 22:01 | KANA. [ 編集 ]

☆ともっちさんへ

来てくださったんですね~♪
終演後、楽屋でお顔見れて嬉しかったです!!
かわいいクマちゃんクッキーありがとう。甘い物好きなので、すごくうれしかったです。
2008/03/05 17:11 | mar [ 編集 ]

☆あしさんへ

応援ありがとうございました。
おかげさまで、無事に踊りきることができましたよ。
また、更なる成長をできるよう、頑張っていこうと思います。
2008/03/05 17:12 | mar [ 編集 ]

☆erteさん

感想を書いてくださった日記を拝見して、本当に優しく温かく、心を込めて応援してくださった気持ちに感動して、ウルウルしちゃいましたよ。
どれほど励まされたことか・・・。
本当にうれしかったです!!

寒い中、友達を誘って足を運んでくださって、本当にありがとう!!
ゆっくり会ってお話しできる日を楽しみにしてます。
2008/03/05 17:14 | mar [ 編集 ]

☆monyaさんへ

このたびは、お忙しい中舞台を見にいらして下さって本当にありがとうございました!!
私にとっては、monyaさんのおかげで鈴木先生の「光の素足」や「弱法師」を見せていただき、それが今回踊る上でどれほど心に栄養を与えて下さったか、言葉では語り尽くせません。
鈴木先生のあの静けさ、透明感・・・。
凛としたたたずまい。
フラメンコとは対極にあるようでありながら、でも、深いところではひとつであるように感じています。
そして、鈴木先生に見ていただけたのは本当に幸せでした。(楽屋ではバタバタしていてあわただしいご挨拶をしてしまい、申し訳ありません。)
今回は腹をくくって、「静」に徹しようと思ったのですが、それでも、ちゃんと伝わったよと、思いがけずたくさんの人にいっていただけて、嬉しくホッとしています。

長丁場の舞台で、見るのもお疲れになったのではないですか?
群舞の中でも気付いていただけたとのこと、ホッとしました。事前に立ち位置などお話ししておけば良かったですね。
身近な人は、「おでこで探す」と言っています。(笑)
これを御縁に、ますます能も拝見したいし、もし良かったらまたフラメンコも、どうぞ見にいらして下さいね。
2008/03/05 17:21 | mar [ 編集 ]

☆KANA.さんへ

見に来て下さったんですね!ありがとうございます。
KANA.さんの師匠も、本当に良く大所帯の面倒を見てくれましたよ。真由美先生のいうとおり、
「うちの2本目の大黒柱」
ですね!
楽しんでいただけたなら嬉しいです。
またぜひ見にいらして下さいね。
2008/03/05 17:23 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/228-c034235b

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。