2017・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/17 (Thu) 神さまの荒治療

2008_0403days0204.jpg
この桜は小彼岸(コヒガン)。



2008_0403days0202.jpg
染井吉野より花は少しだけ小さく、淡いピンクが華やか。


2008_0403days0204.jpg
上に上に登る枝に、びっしりと小さな花が着いています。



2008_0403days0200.jpg
そう大きくならないといわれる小彼岸ですが、
ここ、新宿御苑では見事な大樹を見ることができます。



2008_0403days0479.jpg
花の中央と萼の赤さがかわいらしい。



2008_0403days0483.jpg

●小彼岸(コヒガン)

マメザクラとエドヒガンの種間雑種と考えられている栽培品種。
「彼岸桜」とも呼ぶが、エドヒガンとまぎらわしい。
「彼岸桜」の記録は古く、江戸時代初期には栽培されていたようである。
花は淡紅色の小輪一重で染井吉野よりも早く咲く。
花はエドヒガンに似ているが萼筒のくびれた部分が長く、花は大きい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この春、私の身に突然起きたできごと(フラメンコのスタジオを離れることになったこと)について、いったいそれが人生においてどんな意味を持つことなのか、しばらく考え続けていますが、まだ考えがまとまりません。
(もったいつけているわけではないのですが・・・、まとまるまで時間がかかりそうです。)
突然、のように見えるけれどでも、きっとすべては突然ではなく、水の流れのように脈々と準備されこの結末へと向かってながれてきつつあったことなのかな。
その流れが私に見えていなかっただけで・・・。

「すべてに時あり」
と聖書に書いてあります。
すべてのできごとにはふさわしい「時」があるのでしょう。
それが、偶然にも結婚の時期と重なり、この春は私にとって大きな転機となりました。
スタジオを離れたこと。
結婚したこと。
こんな大きなできごとが偶然重なるのは、どう考えても人生の大きな転換期ですね。
人生のひとつの「章(チャプター)」が終わり、ページはめくられ、次の「章(チャプター)」へと進む時期なのでしょう。

そんな時・・・、スポーツクラブの待合室で時間つぶしにたまたま開いた雑誌に、ふとある文章を見つけました。それもまた
「主の山に備えあり(聖書)」
だと思いました。
もし神さまがいるなら、きっと、私に今まさに必要な文章だろうと備えておいてくれていた雑誌だと、そんな風に思いました。

それはこんな文章でした。
もし、私のように、人生の転換期にさしかかって考えこんでいる人がいるなら、何らかの力になればと思い、引用したいと思います。

以下すべて、雑誌『美的』4月号 巻頭の奥田弘美さんのエッセイより引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル
「自分から離れていくものはいさぎよく手放すべし
あいた手で必ず新しいものをつかめると信じて」

仕事も恋も友人も・・・
大切にしていたのに離れていくものは、
新しい出会いのための”神さまの荒治療”ととらえよう。

今回のテーマは仕事でも、恋愛でも、友人関係でも、すべてに共通します。
自分ではベストを尽くしてきた、また大切にしてきた仕事や人間関係があるとします。
それがみずからの意思に反して、離れていこうとしたら、あなたはどうしますか?
(略)
私はこれを”神さまの荒治療”と呼んでいます。
精神的にはつらかったり、寂しかったり、傷つく経験ではあるけれど、より大きなチャンスをつかむための試練ととらえるのです。
たとえば、やりがいのある大変な仕事は、いままで両手で必死につかんでいたといえます。
また、大好きな彼や、心を許した親友は、両手で大切に包みこんできたでしょう。
でも、自分の思いとは裏腹に、それらが手から離れていこうとするなら、実は”手放しどき”でもあるのです。
最善を尽くしても離れていくものは、そもそもそういう運命なのです。
逆に、今までふさがっていた両手があいた、と考えてみましょう。
これまでは手に取ることができなかったチャンスや出会いが、望みのまま取り放題になるのです。
そう考えると、決してマイナスではないでしょう?
(略)
もちろん、いさぎよく決別するのは容易なことではありません。
でも、あなたの手があけば、いつでも次の世界をつかむことができるのです。
別れはむしろ新たなるチャンスの到来と思って、前向きに変化を受け入れてみましょう。
なりたい自分を手に入れるためには、荒治療も必要なこと。
不意打ちの不幸やトラブルにも負けず、みなさんがいつもポジティブでいられるよう心から願っています。


スポンサーサイト

comment

ご結婚おめでとうございます!!
ビックリしましたよ~~!!!
きっと素晴らしい方なんでしょうね。

スタジオ離れるって・・・。
・・・・・・・・・・・。
本当ですか??






2008/04/18 01:04 | ♪ [ 編集 ]

「自分から離れていくものはいさぎよく手放すべし
あいた手で必ず新しいものをつかめると信じて」

なるほど・・・手放す
勇気のいることですね。

marさんの人生の新たなページが色よく染められますように♪
2008/04/18 07:35 | MALENA [ 編集 ]

えーっ、もう一つ大きな出来事があったんですね。

これはまぎれもなく「神さまの荒療治」に違いありません。
でも。奥田さんの文章にあるようにポジティブにとらえたいですね。
人生は何が起ころうと捨てたものではない、とぼくも感じています。
2008/04/18 09:18 | ♪あし♪ [ 編集 ]

 いと高き所に栄光が
   神にあるように。
 地の上に平和が
   御心にかなう人々にあるように。

   ルカの福音書2・14


marさんもそうであられます様に・・・


手放した様にみえてもそれらは絶対に離れては行きません。

貴方が望む様に貴方の側にあるのだと思います。

降り注ぐ淡い光もきちんと一筋の道を指し
そして、それに向かって進んでいるのだと・・・

色んな人がいる様に、色んな道があり、色んな進み方があるものです。
けれどもたおやかに、凛と進んで行かれたならば
そこに待つものは自分が望むものではないでしょうか??


marさんは大丈夫!!!!

貴方が放つ光の筋がどれだけの人を優しくさせている事でしょう!!!!!


2008/04/18 10:23 | さるしおん [ 編集 ]

結婚おめでとう。何度も伝えている気がしましたが、コメントします。
今は素敵なパートナーが一緒だから、きっと穏やかな毎日になるはず。そう信じています。
お互いにこの複雑な気持ちに負けないで、元気にやっていこう!marさんの分も、精一杯踊るから・・・
2008/04/18 13:16 | さんた [ 編集 ]

ご結婚おめでとうございます!
やっぱりそうだったんですね 末永くお幸せに!祈ってます。

スタジオを離れるんですね寂しくなります。

私は師匠の元を離れるとき色んな理由がありましたが頭では「良かった」と思う気持ちと裏腹に3日間泣きました。
そのときはあまり考えないようにしました・・というか目の前にあることをこなして生活するのが精一杯でした。時間がたち本当の意味が見えたのは5年もしてからでしょうか、初めて感謝の涙がこぼれました。

marさんはどんな理由でスタジオを離れるのか確かなことは判りませんがそれが必要だった訳は必ず訪れるでしょう。 あせらずゆっくりと歩んでくださいね。

応援しています。             月水
2008/04/18 15:45 | 月水 [ 編集 ]

私は今年の2月に会社都合で仕事を辞めました
そして今週新たな仕事が見つかりました
しかも、遠方への転居しなければいけません

先のことはわかりませんが
不安でもあり楽しみでもあります

転機って本人の意志とは無縁のところで
決まってるんでしょうね!


2008/04/18 22:05 | alex [ 編集 ]

☆♪ちゃんへ

ありがとうございます!!
私のようなワガママと結婚してくれるのですから、心が広いことだけは確か(?)です。(笑)

こうしてネット上でもつながれたことだし、これからもどうぞ仲良くしてくださいね!
また会える日を楽しみにしています。
2008/04/18 23:04 | mar [ 編集 ]

☆MALENAちゃんへ

そうそう、私もこれを読んでなるほどなぁ・・・と思いました。
手に入れることばかりに夢中になっていると、つかんだものを手放したくないと、必死でつかみ続けてしまうけれど・・・。
手放したとき、手があいたとき、新たに見えてくることがあまりに多いことに驚いています。

広い視野を持って自由に呼吸するためにも、その「時」が来たら、運命を受け入れることも必要なのだろうなぁと思っています。
2008/04/18 23:08 | mar [ 編集 ]

☆あしさんへ

あしさんのような人生の先輩にそう言っていただくと、自信と勇気が湧いてきます。
前を向いて、笑顔で、元気いっぱいに歩んでいこうと思います。
新たな人生の無限の可能性にワクワクしています。
2008/04/18 23:09 | mar [ 編集 ]

☆さるしおんさんへ

さるしおんさん、本当にありがとう!!
なぜか、さるしおんさんのコメントを拝見すると、自然に顔が笑顔になっちゃうんですよ。
本当に優しいですね!!!

神さまの計画は深遠で、私たちが単純に考える目の前の小さなことより、ずっとずっと大きなところを見ていらっしゃるのでしょう。
信頼感をもって、安心してゆだねてまかせてしまう、それで良いのだろうと思っています。
どんな人間にまかせるよりも・・・何より安心ですよね。
今までは時に目の前にはひとつの道しかないように感じることがありましたが、今は、無限に拡がる大草原を、どちらへ向かって歩んでも良いのだという感じがしています。
光のさす方向を見つめ、進んでいきたいなぁ・・・。

これからもよろしくお願いしますね!!


2008/04/18 23:15 | mar [ 編集 ]

☆さんたちゃんへ

さんたちゃん、本当にありがとうね!!
本当に大切な親友、長い間泣いたり笑ったりしながら積み重ねてきた経験・・・それらは私から失われることなく今も、ここにあるものね。
すべてに感謝です。
そして、これからもずっとずっと仲良しだよ~!!みんなとももちろんそうだよ。

そして、新婚のこの時期に、毎日一緒にご飯が食べられたり、週末をのんびり一緒に過ごせるのは、やっぱり嬉しいです♪フフフ。
今までは絶対無理だったもんね。(笑)
いろいろと上手くできているんだろうなぁ・・・!
2008/04/18 23:20 | mar [ 編集 ]

☆大好きな月水さんへ

温かいコメント、本当にありがとうございます!!
ご自分の貴重な体験を話してくださって、私も胸に深く感じるものがありました。
お世話になった方々には早くご挨拶をしたいと思いながら、なかなか気持ちの整理が着かずに、おそくなってごめんなさいね。
これまでのことにはひたすら、すべて感謝です。
月水さんとの出会いは、私にとっては一生ものの宝ですよ!
猫ファミリーとして、これからも末永く、どうぞよろしくお願いしますね。

実家から近いので、仕事帰りに週に何度も犬猫に会いに寄っています。
かわいい猫たちが私のそばにいてくれるのも、もとはと言えば月水さんのおかげですね!
月水さんのコンサートも、今まではなかなか時間が無くて思うようにうかがえませんでしたが、これからはぜひぜひ、うかがわせてくださいね!
追っかけのように応援させていただきますヽ( ´ ▽ ` )ノ ♪
2008/04/18 23:26 | mar [ 編集 ]

☆alexさんへ

思いがけない目に遭って、大変な思いをされたのですね・・・。
alexさんの身に起きた出来事、そして私に起きたこと、・・・その意味が分かってくるのは、その先の道を何年も生きてみて振り返って初めて分かるのかもしれませんね。
どうせ、離れて新たな道を行くのであれば、自由になった手をバンザイしながら、元気いっぱい楽しんで歩んでいきましょうね!!

これからのalexさんの人生の歩みを、心からお祈りしています!!
2008/04/18 23:28 | mar [ 編集 ]

ご結婚おめでとうございます。
久しぶりに、ブログを拝見しに来たら、marさんにいろんな変化があって、驚いています。時間が経過したならば、きっとこの春の決断が、どういう意味を持っていたのかが、わかってくるようになるんでしょうね。
「神様の荒療治」の言葉を読みながら、涙ぐんでしまいました。
 来年の3月1日に、私は3年間一緒にがんばってきた子ども達を手放す予定です。「手放す」と言ったら、おこがましいですね。巣立ちを見送ります。彼らの希望の方へ、巣立たせるように精一杯がんばろうと思っています。
 ひょっとしたら、いろんなものを手放すことがあっても、それは新たなものをつかむことなのだと、思うようにします。素敵な文章をありがとうございます。
 これからも、がんばってください。また、遊びに来ます。
2008/04/20 18:51 | はらちゃん☆ [ 編集 ]

☆はらちゃんさんへ

三年間、心を尽くして共に頑張ってきた若い命の巣立ちを見守るのは寂しいものですね。
でもまた、嬉しいものですね・・・。
おこがましいようですが、とてもよく分かります。
(もしかして、同業かなぁ・・・!?)
寂しいと感じることができるのは、はらちゃんさんが彼らを愛してきたからなのでしょうね。
素敵だなぁと思います。

巣立った彼らのこれからの歩みが、伸びやかで幸福であることを、私も心から祈ります・・・。
のこされた一年、毎日が豊かで充実したものになりますように・・・。

またぜひぜひ、遊びにいらして下さいね!
大歓迎でお待ちしています!
2008/04/23 18:24 | mar [ 編集 ]

事態が見えていなくて。びっくり。。。
おろおろ。。。。

でも、仕事にいかねばなりません。

と。。。とにかく。。。

何もわからないなりに。。。

ご結婚、おめでとうございます!!

こんなに嬉しいことはありません。
大きな決断をなさいましたね。

月並みですが、ほんとうに、こころからこころから
お幸せをお祈りしています。

両手いっぱいに、抱えきれないほどの
花束の愛を、marさんに。。。。

みるくあらため、さくらみるくより。。。
花の天女さんへ♪
2008/05/10 15:58 | みるく [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/239-db1fc410

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。