2017・06
<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/26 (Tue) まとめて日記

つれづれづれづれ・・・まとめて日記

しばらく間があいてしまったが、日々の記録として、私の日常を簡単にメモしておこうと思う。
ささやかな毎日。
でも、私にとってはかけがえのない毎日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月12日(火) 誕生日

2008_0817days0010.jpg 
誕生日の食卓 慎ましくも楽しく。

私の誕生日!
空(夫)は普通に仕事なので、記念に(?)髪を切りに行く。
バッサリ~♪ サッパリ~♪ これはもう、ベリーショートの域だ。
前髪だけは、ちゃんと「オードリー・ヘップバーンのように・・・。」と無理な(?)注文を付ける。
どこまで短くなる、私の髪!?
それにしても、短い髪は涼しくて軽くて気持ちがいい。
とっても気に入ってしまった。
手入れの楽さと相まって、もう、長くはできないかも。
今まで5分も10分もかかってウンザリしていたドライヤーも、1分で終了! 
気分爽快!

夜は、誕生日だから(?)自分で自分の好きなものを作ることにした。
とはいっても、簡単なもの。 それはハンバーグ。(笑)
お肉がギュッとつまっていて、タマネギがポロッとしていて、表面がカリッとした家庭的なハンバーグが好き。
母のように、コロッケサイズで小さめに薄く、たくさん作る。
実家に電話して、我が家秘伝の(というほどでもないけれど)ソースを作る。
あとはサラダ、みそ汁、マッシュポテト、おぼろ豆腐の冷や奴。

仕事から帰った空(夫)の手には、白い小さなバラのブーケ、ケーキ、シャンパン。
二人でささやかにお祝いする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月13日(水) 産婦人科に定期検診へ

空はこの日から夏休み♪
夕方、一緒に産婦人科へ検診に行く。
1ヶ月ぶりに、ベビィの元気な姿を超音波で見せてもらって感激!
私のおなかの中で、元気に寝返りを打ったり、手足を動かしたりしている。
女の先生が、
「ほら、これがお顔ですよ。そして、こうやって見ていくと~・・・。ほら、お鼻の穴まで見えますよ~。とっても元気に、順調に育っていますね。」
と解説してくれる。
その映像をビデオに録画してくれるのが嬉しい。
我がベビィは、頭の直径4センチ、頭からおしりまでの長さ14センチにまで成長しているという。
この日は、お願いして、性別を教えてもらう。
「まだ断定はできませんが。・・・の子の名前を3つ、・・・の子の名前を1つ、考えて置いて下さい。」
といわれる。 (まだヒミツ。)
男の子でも、女の子でも、愛おしくて世界一かわいいだろうなぁと思う。

妹とおいっ子のヒロ君が実家に遊びにきているので、産婦人科の帰りに私の実家に寄って春巻きを美味しくいただく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月14日(木) 空の実家へ

空の実家で夕食をいただく。
義父さん、義母さん、義姉さん、その夫のあっちゃん、そして生後9ヶ月のかわいい女の子、梨加ちゃん。 梨加ちゃんは空が大のお気に入りで、顔を見ると「抱っこ~!」と手を伸ばす。
みんなで鉄板を囲んで、焼き肉パーティー。
みんな私の身体を気遣ってくれ・・・。
私は、ただ黙って座っていればどんどんお皿にお肉を入れてもらえるという、申し訳なくもありがたい状態。
アッという間にお腹いっぱいになってしまった。
デザートはスイカ。 だけれど、大好きなスイカが入らないほどお腹いっぱい。

優しく、温かく、大好きで大切なもう一つの家族。 空の家族。
みんな明るく気さく、笑いが絶えない。率直に何でも話せる雰囲気がいい。
赤ちゃんを待ち望んでくれている温かい空気に囲まれ、楽しい時間を過ごした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月15日(金) 「ポニョ」を見る

敗戦記念日。 平和を祈る。

空と車で15分、近所のショッピングモールに映画を見に行く。
お盆休みだけあって、子供連れですごい人出!!
他に見たい映画をやっていなかったので、子供たちに混じって、『崖の上のポニョ』を見る。
映画を見ているあいだ中、お腹のベビィがゴニョゴニョ動くので、まるでポニョがお腹にいるような錯覚。
映画は、映像も美しく、キャラクターもかわいい。
けれど、見終えて空が、
「何を云いたかったんだろうねぇ・・・。」
とポツリ。
二人で、
「テーマが見えづらいね」
と話す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月16日(土) 植物の命

午前中、空の提案で、ほったらかしになっていたベランダの片づけをする。
たくさんの枯れた鉢から、植物を抜き取り、土をまとめ、鉢を重ねる。
暑さに負けずに気合いを入れて、一気に頑張る。
久々に汗をかいた。

6月中、私がつわりで実家に帰り、空が寝たきりで病気に苦しむ間に、ベランダに所狭しと並んでいた植物は軒並み枯れてしまった。
私たちの具合の悪さを、吸い取ってくれようとするかのように・・・。
身替わりになってくれたのかしら。
「植物は、献身的。見返りを求めずに、自身の生命力を与えようとする。」
ときどきそんな話を聞く。
かなり張り切って始めたベランダガーデニングだったけれど・・・。
生命を守り育てることは、とても大変なことなのだと、あらためて感じる。

クレマチスに、バラに、アイビー・・・。
短い間に、たくさんの喜びをもらった。
体調が悪すぎてどうしようもなかったとはいえ、本当に可哀想なことをしてしまったと、申し訳なく思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月17日(日) まずいランチとDVD

2008_0817days0016.jpg
一見美味しそうなのに・・・。ガッカリ(涙)。

暑かった日々が嘘のように、すごく涼しい一日。
小雨の中、近所のイタリアン店へ、空と散歩がてらランチへ。
初めての店で、店構えの素敵さから、期待して行ったのだけれど。
前菜のソースは甘過ぎ、パスタは油がベタベタ、すごくしょっぱくて、入っていた青菜は固すぎてバサバサ、噛んで飲み込むことができないほど。ガッカリ・・・。

TSUTAYAでDVDを2本借りて帰り、見る。
*「北京バイオリン」
貧しい父と才能豊かな少年が、バイオリンを修得しようと頑張る話。イマイチ。
*「潜水服は蝶の夢を見る」
フランスのELLEという雑誌の元編集長の実話。
身体が麻痺し、まばたきでしか意志を伝えられない男性が、数万回のまばたきによって書きつづった作品。

寒かったので、夕食は久しぶりにナベ!!
白菜、お豆腐、水菜、しらたき、豚肉、きのこ。
味噌仕立て、キムチを入れチゲナベ風にしてあたたかく美味しくいただく。

この日で空の夏休みも終わり。
今年ほど、オリンピックを見た年はなかったなぁ・・・。(笑)
空がこれほどオリンピックが好きだとは、結婚するまで知らなかった。
選手の名前やルールまで、すごく詳しいので驚く。 「オリ・マニ」とあだ名する。
私は、盛り上がる空を横目に、ソファに寝ころんで本を読んだりしていたけれど、ときどき引き込まれて一緒に見ていた。
どこの国の人もみんな、一生懸命で、輝いているなぁと感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月18日(月) 両親の旅立ち

空は仕事へ。 私は実家へ。

今日は、私の両親が、末娘のいるアメリカへ旅立つ日。
両親二人きりでの海外旅行は初めてだし、乗り継ぎもあるので少し心配。
でも、向こうでは、妹夫妻の建てた新居に泊まれる。
アメリカ人の彼のご両親にも初対面できるので、きっと楽しい旅になるはず。
何より、久しぶりに末娘に会えるのは嬉しいだろうと思う。
留守中の、愛犬・愛猫の世話を預かり、二人の出発を見送る。
楽しい旅になりますように!!

夜、舞踊団のみんなから、結婚のお祝いの品が送られてくる。
忙しい中準備して送ってくれたみんなを思うと、感謝の気持ちでいっぱい。
大好きなみんな。
カードの寄せ書きの文字を見ながら、一人ひとりの笑顔と声を思い浮かべる。
ありがとう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月19日(火) うれし美味しいランチ 

旅行中の両親に代わって一日二回、実家に通って、犬・猫の世話をする。
ココも、ミルもナラも、両親がいないことで、寂しさを感じているみたい。
私が行くとすごく喜んで、妙にすり寄ってくる。
水槽のカメだけは、いつも無表情で無愛想だ(笑)。

昼前、高校時代からの親友Sちゃんから電話。
「近くに用があって来ているから、一緒にランチでもどう?」
・・・と誘ってくれる。
「行く、行く~!!」
と二つ返事で喜んで出かける。
車で、美味しいイタリアンへ連れて行ってくれる。
パスタランチは、パンとデザートと飲み物が付いて980円とお手ごろ価格だ。
ジャガイモとツナの、トマトソースパスタ。バジル風味。
この間のまずいパスタの30倍ぐらい(もっとかも?)美味し~い!!
美味しいものを、話の通じる仲良い友と食べるのは、最高に楽しくてうれしい。
このSちゃんは、頭の良い人で、一を聞いて以て十を知る、という理解力。
ツーカーで、何でも話せる。
長く続くいい友達が、そう遠くないところに近くに住んでいてくれて(でも、車で四十分はかかるかなぁ?)、こうしてときどき会えるのは、本当に嬉しいことだと思う。
「妊婦への陣中見舞いに。」
と、梨までもらってしまった。
ありがとう!!またすぐ会おうね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月20日(水) 『杏っ子』 &ヘッセ書簡集

室生犀星の『杏っ子』(新潮文庫)読了。
500ページを超す長編だけれど、新聞連載小説だっただけあって、一章ずつが短く、読みやすかった。
同じ私小説でも、前回読んでいた徳田秋声の鬱々ダラダラ加減と比べると、室生犀星の独特の生い立ちを根っこに持つ個性的な家族観に新しさを感じた。
「杏っ子」のモデルは犀星の長女である朝子さん。
それにしても、自身の結婚生活の破綻を、こうまで丁寧に描かれてしまうことを、ご本人はどう感じていらしたのだろうと気になる。
午前中は、犀星について調べものをして過ごす。
(収穫はあまりない・・・。)

午後は、ヘルマン・ヘッセの書簡集を拾い読み。
ヘッセは、いちばん好きな作家の一人で、いつ読んでも大好きだ。
ヘッセ15歳の時の手紙に驚嘆する。ヘッセは、15歳のときすでにヘッセだったんだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月21日(木) 秋色の買物・大江光さんのCD

用事を色々と片づける日。
携帯の修理、公共料金引き落としの名義変更手続きナドナド・・・。
それから、少し買い物。
だいぶお腹が大きくなって、着られる服が少なくなってきた。
夏物が安いうちに、秋まで着られる服で、しかも、マタニティーじゃなくなっても着られる服があれば・・・と思って探す。
迷って悩んでオレンジ色のゆったりワンピースを買う。えり元とすそに白い刺繍。
この季節のショッピングはまだ安くなっていない秋物にばかり目がいくので困る。
深い緑色や、葡萄色、秋の色づく葉っぱの色・・・。
暑さが続こうとも、季節はとどまることなく進んでいるんだなぁということを、店頭に並ぶ服たちから感じさせられる。

それから、CDを3枚購入。
ヨーヨーマの弾くバッハを1枚と、大江光さんのクラシックを2枚。
大江光さんは、ノーベル賞作家・大江健三郎の長男。
脳に重い障害を持って生まれてきた。
今も、言葉を操るのは難しいそうだけれど、でも、彼の中には美しい音楽がある。
光さんの音楽は優しくて、心を光る風で静かになでられるような心地よさがある。
聞いていると、透きとおった美味しい空気に満たされる。
今は、刺激の強い音楽よりも、こういうものを心が求めている。
ベビィも光さんの音楽を好きなようで、聞いているとすごく良く動く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月22日(金) Hちゃん

十年来の付き合いの、仲良しの
Hちゃんが、遊びに来てくれた。
会ったのは、一年半ぶりぐらい!?
よく舞台を見に来てくれていたのだけど、こうしてゆっくり会うのは久しぶり。
電車に乗るのがしんどい私のために、私の最寄り駅まで県境を二つまたいでわざわざ足を運んでくれた。
まずは土手まで散歩、それから美味しいお蕎麦やさんでランチ。
さらにお散歩して近所の文化遺産をのんびり見たりして。
それから、デザートを買って、我が家でお茶しながら色々とおしゃべり。
Hちゃんのおかげで楽しい一日になった。

彼女は今、自分の身体を見つめることを楽しんでいる、と言う。
ピラティス、ヨガ、そしてランニング。
心と身体が一体化する感覚を味わうのは大きな喜び。
私もそれを良く知っているから、気持ちはすごくよく分かる。
「体を動かすと、気持ちがポジティブになるよね。」
と話し合う。
いつも一生懸命に自分を深く見つめる眼を持つ繊細なHちゃん。
素敵な友人がいて嬉しい。
「赤ちゃんが生まれたら、見に来てね!!」
と、約束した。 また会える日を楽しみに・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★8月23日(土) ヒロ誕生日&おばあちゃん

2008_0817days0002.jpg 
8月23日はおいっ子ヒロ君の誕生日!!!

2008_0817days0008.jpg 
二歳になりました~♪おめでとう!おめでとう!!
 
今日は空もお休み。
疲れているのに
一緒に早起きして、実家の犬ネコの世話に行ってくれる。
愛犬ココは空が大好きなので、もう大喜び!!
(赤ちゃんにも、犬にも、よくモテる空!!)

午前中。
空は、ほとんどライブで見ていたはずのオリンピック・ハイライトを見ている。
私は、奥でドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読む。
以前同本の、岩波文庫版と新潮文庫版とを読んだことがあったのだけれど。
光文社の古典新訳文庫が話題になっていたので、読んでみようと思って。
何度読んでも、世界最高峰の文学には心を強く惹かれる。

午後。
空の提案で、私の祖母(87歳)に会いに行く。車で一時間弱。
「おばあちゃんに、会いに行こうよ!」
貴重な休みを、私の家族への孝行に使ってくれる空を、ありがたく思う。
いつも祖母には私の両親が週に二回ほど会いに行っている。
けれど、今はアメリカに旅行中なので、空は、
「おばあちゃんがさみしがっているだろう。」
と気を利かせてくれたのだ。

ケアハウスの祖母の個室に二時間ぐらいいて、想い出話を色々と聞いた。
祖母は、記憶力が驚くほど良く、過去のできごとを鮮明に話してくれる。
空が、
「おばあちゃんは、どんな子供だったんですか?」
と、聞いてくれたその一言から、祖母の中に眠っていた物語があふれるように流れ出してきた。

三歳で大震災にあい、隣の神社の灯籠がすべて倒れた場面を覚えていること。
小学一年でお母さんを亡くして、とてもとても悲しかったこと。
二番目のお母さんが、優しく可愛がってくれて、嬉しかったこと。
小学校時代は、幼くして母を亡くした我が子を不憫がった父親が、当時まだ珍しかった洋服や、花柄の靴や、長靴をよく買ってくれた。けれど、みんなにうらやましがられることが恥ずかしくて、なかなか学校へは履いていけなかったこと。
ドッジボールやバスケットをしたり、自転車に乗ったり、活発な少女だったこと。
戦争の末期に、生まれたばかりの息子を連れて、苦労して移動したこと。
その後の四人の子供の子育ての話。
十三人もの大所帯をやりくりして切り盛りした話・・・。

まるで三浦綾子さんの小説を読む時のように引き込まれ、空と二人、あれこれ質問をしながら、興味深く面白く聞いた。
祖母の気持ちや、語る場面が鮮明に伝わってきて、小学一年生でお母さんを亡くした話では、私ももらい泣きしてしまった。

おばあちゃんは、
「私の人生は幸せだったと思うよ。」
と、笑うけれど・・・。
大正に生まれ、昭和の戦争をくぐり抜けて生きた女性の一生というものは、
どんなに平凡なように思えても、ものすごいドラマに満ちていると思った。
誰の人生も、どんな小説にも負けない濃さと重さがある。
いつか、できることなら・・・。
そんな祖母の一生を、小説に書いてみたいものだと思う。
(と言っても、この人生でたったの一編も小説など書いたことのない私・・・。)

帰りの車のなかで、空に、
「おばあちゃんの話、面白かったね。私も初めて聞いた話がたくさんあったよ。」
と言うと、空は、
「でしょ。これからも、どんどん色んなこと聞いていこうよ。
ああいう話、聞くの大好きなんだ。
オレは昔から、自分のおばあちゃんに会うといつも想い出を聞いていたんだよ。」
と言った。それから、目を細めて、
「marのおばあちゃん、かわいい子供だったんだねぇ・・・。」
と笑った。
そうだね、おばあちゃんも、最初からおばあちゃんだったわけじゃなく・・・。(笑)
かわいい少女で、活発な娘さんで、花嫁さんで、若いお母さんだったんだねぇ。

しばし祖母の歩んできた人生に思いを馳せた。

スポンサーサイト

comment

色んな事があったのですね~~

ヒロくんお誕生日だったんだぁ~~おめでとさん!!
8月はバースディラッシュでしたね!!

marさん、ハンバーグこねる時に、マヨネーズを入れると、とってもふっくらジューシーにできますよ!!!量は適当!!にゃはは

おばあちゃまの話も素敵ですね。
それを聞き出してくださる空さんも!!!

きっとおばあちゃま、色んな話ができて
脳も身体も活性化!!!!

素敵な相手とお話しする事こそが幸せなんですもんね!!!!

さあ~~~残暑も元気に乗り切りましょうね!!

2008/08/26 16:09 | さるしおん [ 編集 ]

まとめて拝見しました!!

何気ない日常に胸キュンです・・・

ヒロ君大きくなりましたね~新しい「いとこ」は弟分か妹分か?!お楽しみ!

marさんのオードリーバージョン見たいでーす!!
2008/08/27 02:32 | カルメン☆ [ 編集 ]

☆さるしおんさん

ハンバーグにマヨネーズ、ですね!なるほど~。次作るとき、ぜひ試してみますね。

そう、8月は誕生日ラッシュでした。
空、私、それから義母とヒロ君とは同じ誕生日、さらにこの日記に書いたHちゃんは空と同じ誕生日なんです。
みんな暑い夏に生まれてきたんだな~。
母が私がおなかにいたときのことを、
「スイカを抱えているようだった。」
と言っていましたが、なるほど、そうだったんだろうなぁ。

おばあちゃんの話は、本当に引き込まれました。
すごく面白かったんです。

この人生で出逢う人、一人ひとりに、「その人だけの人生の物語」というのがありますね。
「さるしおん物語」ももちろん!
私は本を読むのが好きですが、本には描かれないたくさんの人の人生の物語にも興味があります。
おばあちゃんは、話しているあいだ、生き生きとしていましたよ。

今の時代のアキハバラの事件始め、若者たちの事件を見るにつけ、時代に、社会に、
「個人の物語」
に関心を持ち、耳を傾けるゆとりや優しさが欠けているように感じてなりません。
誰もが、自分の物語をしんけんに耳を傾けて聞いてくれる人を持っていたなら、陰惨な事件はもっと減るのではないか・・・。
そんなことを思ってしまいました。

あれ?
マジメな話になっちゃいましたね(笑)。


2008/08/28 09:22 | mar [ 編集 ]

☆カルメンさんへ

大好きなカルメンさん。
コメントをありがとうございます!!

そして、日記もみていただいてありがとうございます。
まとめて書きすぎて反省しているところです。

なにげない日常を、こうして記録している行為自体も、私自身の「物語」をつないでゆこうとするささやかな試みかもしれません。

ヒロ君は、だんだんと大きく、元気になっていますよ♪それがとっても嬉しいことです。
実際に会うと小さいのに、写真に撮るとお兄さんらしく映るので不思議です。
うちの子が生まれたら、たくさん遊んでもらいたいな~。ヒロ君とっても優しいから、いいお兄さんになってくれそうです。

季節の変わり目で暑かったり寒かったり、ですね。
どうぞお身体お気を付けて・・・!!
な~んて申し上げなくても、カルメンさんはいつもキラキラお元気に決まってますね☆
2008/08/28 09:28 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/257-3efef9cb

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。