2017・11
<< 10 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/07 (Tue) 私は主婦?

2008_1002days0016.jpg 
コスモスが風に揺れる様子がかわいらしくて、
久しぶりに、写真を撮りました。


2008_1002days0015.jpg 
この、透けるような花びらの薄さが魅力です。


2008_1002days0014.jpg 
この秋は、どんな花と出逢えるかなぁ・・・。
楽しみです。

●私は『主婦』になっちゃった?

夕食を食べながら、空(夫)に、

「今日の夕食は、ぶり大根にしようかと思ったんだけど・・・。
大根が高かったからやめちゃった~。」

と言ったら、
空(夫)は、少し悲しそうに私の顔を見つめて、

「おれは、marをすっかり『主婦』にしてしまったねぇ・・・・・・。」

と言った。そして、

「『主婦』になって欲しい、と思って結婚したんじゃなかったのになぁ・・・。
今も、それを望んでいるわけじゃないんだよ。
ごめんね。
ああ、胸が痛い・・・。」

と言って、立ち上がって、食器を洗い、お風呂を洗ってくれた。

それを聞いて、何だか私は胸がジン・・・として、ちょっと泣きたくなった。
私自身はべつに、空のせいで『主婦』にされた・・・とは思っていないのにな。
今のこの生活を、幸福に感じ、毎日を満足して過ごしているのにな。

でも、半年前までは確かに、空の言うとおり、大根の値段も知らない私だった。
仕事と踊りで手一杯。
家事は母の手伝いすら免除してもらってばかりいた。
『主婦』の仕事・・・とされるようなことを、ほぼ何もできない私だった。
(そのことこそ、人間としてどうなのよ~、過去の私、かなりダメなんじゃない?と、今は思う。)

私は、きっと、すごくすごく幸せ者なんだ。
「marを『主婦』にするつもりじゃなかったんだよ・・・。」
と言ってくれる人と結婚したなんて。
そう思うと、ジンとする。

日々大きくなるおなか。
おなかの中で、元気に動く赤ちゃん。
一方で私は、「身重(みおも)」と言う言葉そのままの、不自由な体になっていく。
おなかに赤ちゃんがいるために、思い通りに日々を過ごせないことも多い。
赤ちゃんが生まれてきたら、ましてや、自分の自由な時間をもつことは困難になってゆくだろう。
でも、小さな命の価値は、どんなものとも比べられない人生の宝。

今、空の妻であること。
これからベビィの母になること。
でも、私はそれをとても、嬉しいことだと思っている。

けれど、少し前に友人から、
「やっぱり、結婚して子供を持つことが、一番の幸福だよねぇ!!」
と言われた時には、・・・なぜだろう、軽く反発を覚えた。
「それは人それぞれでしょう。」
って言いたくなった。

『幸福』とは、もっともっと多様で、個性的なものだと思う。
別の友人は、
「結婚してて子供がいて、それでも不幸、なんていう人ゴマンといるよ。」
と笑っていたし、私もそう思う。
私は、独身時代が長めだったので、「結婚もしていない」、「子供もいない」という状態で、長く生きてきた。
でも、その時はその時で、とても満たされて幸福で、毎日は充実していた。
今と、日常の時間を占めるものの中身は違うけれど、独身時代と、今と、どちらの日々も『幸福』であることに変わりはない。

そして、今の私の身体は、私のためだけのものではなく、赤ちゃんを守るための大切な身体として存在しているのだけれど・・・。
赤ちゃんが生まれたら、(どういう形になるかは分からないけれど)きっとまたいつか踊るだろうと思う。

私自身、自分を『主婦』という肩書きを持つ人間だと認識していなかった。
(仕事を持っている、ということももちろん大きいしね。)

私は何もの?

踊ってきた私。
結婚した私。
おなかに赤ちゃんのいる私。
学校で教壇に立つ私。
本を読む私。
音楽を聞く私。
写真を撮る私。
料理を作る私。
考える私。
笑う私。
食べる私。
眠る私。
愛する私・・・。

「私」とは何・・・?
と聞かれたら、胸を張って、
「私は『私』。」
と答えられると思う。

毎日は、ささやかだけれど、精一杯で、色んなことに満ちていて、心はさまざまに動き、たくさんのことを感じる。
自分に備えられた道を、そのときどき、精一杯に歩む。
その中で、肩書きに当てはまりきらない、世界にたった一人の『私』が見えてくる。
「今も、前も、私は『私』だよ。」
と、空に言ってあげたい。
そうしたら安心してくれるかな。

空も、『夫』になり、これから『お父さん』になろうとしている。
でも、空はやっぱり、他の何ものでもない、『空』その人だよね。

みんな、「何か」にちょっとずつなりながら、でも、
「あなたは世界にたった一人の『あなた』ですよ。」
と、誰かに言ってもらえたらいいのにな。


スポンサーサイト

comment

大根の値段を気に出来る事も幸せなんですよ~~~~!!ハハハハ

なにかにちょっとずつなりながら・・・
人は成長するし・・・
素敵に変わっていくものだと思います。
主婦になって欲しくなかった・・
  その気持ちって何となく解るの・・・
変に収まって、marさん自身の光を失って欲しくないんですよね。
うふふふふ・・・・わかるなぁ~~

でも、大根の値段を気にする可愛いmarさん!!!
その可愛い主婦ぶりが、一段と女として、人として、これから母になる事にしても、磨きをかけるってこと
男の人にはちょっと難しいかなぁ~~~~

そんな空さんも可愛いなぁ~~~

marさんの事とっても大事にしてらっしゃるのね!!
そして、marさんもそうなんですものね~~~~!!!




2008/10/07 16:00 | さるしおん [ 編集 ]

ほんとによいヒトとめぐり合ったねえ!

主婦の定義を携帯辞書で調べてみた。
「家事を主にきりまわす婦人」だそうです。
英語では「a housewife」だってね。

わたしは自分を「主婦」とカテゴライズすることに
心の抵抗感があるみたい・・
これは個人的な事情(両親をみていての反発?)と
社会的な見えない何かへの抵抗?などかな・・・

まあ、いちいち否定はしないし、
「主婦」同士の気の合う友人と話すときは
同じ立場で気持ちよく付き合えるし。
愚痴を言い合う場合、共通項をあとから考えると、
「主婦」であることの大変さだったりするから
(本人たちはそう自覚してないことのあるけど)

名前も悪いよね、女性名詞だもんね(苦笑)

わたしはね、どこかで読んで、それに乗っかることにした。
「主婦」は「CEO(最高経営責任者)」だって!
ほんとにその通り!
すべてを把握して(大根の値段もね)
戦略を練り、計画を立てて
仕事を適任者に委任し、結果を把握し次に活かす。
それがずっと続いていく。
よい社員や経営パートナー(家族の構成員)に
恵まれるかにも左右されるし、
場合によっては育成も必要。
経営手腕も問われる。

でも、自分の会社だから、責任もあるけど
ある意味、好きにもできる!?
どこに重点を置くか、どんなヴィジョンを持つか、
許される限り自由。

そう思うと、ちょっと「主婦」も悪くないなって。

marちゃんは、新米社長なわけだけど、
あなたは最高のパートナーを得ているし、
二人でいかようにも未来を作れる。
そんな気がします。

でも、CEOにだって一人の人。
いろんな側面があって、そのうちのひとつ。

わたしの自分のイメージは、
「面倒くさがりで完ぺき主義の、困ったCEOであり、
へたくそなママでもあり、
自分育て直しにいそしむ未熟者である、
なんちゃってOT」という感じかな~
OTに全部かかってくるところみると、
OTであることが自分のよりどころ、芯なんだな。

長くなりました。ではまた!




2008/10/08 07:56 | あむあむ [ 編集 ]

marさんの気持ちわかります。
「何が幸福」って、環境が変われば自分の中でも定義が変わるし、
でも笑顔で生きていれるだけで幸福だと思うし、
時には不幸だと思う事があっても、予期せぬ未来に最高の幸福が待っているかもしれないし。
「何が一番の幸福」なんて決められない。わからない。
人によっても価値観は違いますしね。

でも、空さんの理解と愛情はあたたかいですね。
それがmarさんにとって何よりも一番の幸福だと思います。

「marさんはmarさん」
自分の人生を思いきり楽しんで下さい!
いつか、踊りに復帰される事も楽しみに待っています♪

2008/10/08 09:24 | erte [ 編集 ]

☆さるしおんさんへ

ハハハハ!さすが、さるしおんさんには何でもバレちゃいますね~(笑)!

ほんと、そうなんですよね。
私としては、
「大根が高かった!」
と言える自分になったということもまた嬉しいひとつの成長の証!

・・・で、ちょっと自慢げ(?)に空に言ってみたのです。
だから、むしろ、空のこの反応が意外だったんです。
空は、「奥さん」でも、「主婦」でも、「妊婦」でもない私を長く知っているので、こういう風に感じてくれたのだと思います。
それは、貴重でありがたいことだなぁ・・・ッて思います。
そのままでいてくれるといいのですが・・・。(笑)

今までの人生でしてこなかったこと、ここに来て一気に楽しんでいる感じです。
食材のお買い物も、料理も、今はすごく楽しいです!
(新婚期間だけかしら?)
そのうち義務感を重く感じるようになると、イヤになってくるのかなぁ・・・?

日常のささやかなことを、なるべく長く、面白がっていたいです。
2008/10/08 17:40 | mar [ 編集 ]

☆あむあむちゃんへ

なるほど、なるほど~~~~~!!
さすがだなぁ。
ほんと、話がこうスパッと通じる親友がいるというのは、なんて幸せなんだろうと思います。
ありがとうね。

CEO、家庭の最高経営責任者か~。
いいねぇ!ヽ( ´ ▽ ` )ノ ♪
私も、気楽に面白く、それで行こう。
あむあむちゃんみたいに様々なところに気配りして細やかにやっていくにはおおざっぱな私だけれど、ベビィのためにも、将来を見据えてしっかりした経営をしていきたいなぁ。
それがひいては、幸福な家庭を作っていく、ってことだよね。
トップの人格が組織のカラーを決めると思うので、美しい理念を持った経営をしていきたいものです。
(いきなり話が大きくなった!?笑)

そして、私をどうカテゴライズするのか、ということを考えた時に、私は自分を
「学校のセンセイです♪」
と、人に紹介することが、昔からあまり・・・(照れと謙遜も含め)好きじゃないんだなぁって思ったよ。
それはちょっと困ったことで、もっと素直に、
「私はセンセイです!」
って開き直れたら(?)良いんだろうけれど・・・。
どうしてだろうね。
なんとなく、学校の先生という職業に対する世間の人の良い先入観、悪い先入観がそのまま、「自分」という個性を超えて私にかぶるのがいやだったのかなぁ。

美容院とかで、美容師さんに、
「お仕事は?」
って聞かれて、
「学校の先生です。」
って答えるのと、
「フラメンコの踊り手です。」
って答えるのでは、相手に与えるイメージがかなり違うだろうなぁって思う。
今まで、いつも悩んでは、
「何に見えますか~?」
とお茶を濁す私。

「学校の先生」というと、無難でマジメなつまらない髪型にされそうだし(笑)、フラメンコダンサーというと、ラテンで過激な髪型にされそうだしね。(爆笑!!) 

どちらも、私そのものとイコールで結ぶには、帯に短し、たすきに長し、な感じがします。
複合的に、立体的に、様々な要素が絡み合って、このやっかいでありながらかけがえのない「自分」というものを形成していて・・・。
その要素それぞれの割合は、増えたり減ったり、また別の要素が加わったり・・・。
それでも私は私なんだから、本当に面白いね。
全身の細胞も、一ヶ月ぐらいで全部入れ替わっているらしいから、それを思えば、肩書きが入れ替わっていくことなど、髪が生え替わるぐらいの表面的なこととも言えるのかな・・・なんて、考えはじめると止まらないね。

「あなたは何ですか?」
という問に対する真の答えは、そのときどきで流動的、というのが、真実かもしれないね。
そして、一生かけて変化し続けながら、だんだんと固まっていくのかなぁ・・・。
でも、変わらない『核』というものはあるんだろうね。

またゆっくり話そうね~!!
( ´ー`)⊃⊂(´ー` )アクシュ



2008/10/08 18:01 | mar [ 編集 ]

☆erteさんへ

本当にコメントありがとうございます!!
ほんと、おっしゃるとおりだなぁ、と思いましたよ。

「幸福」
って、一言で言っても、本当に人それぞれで、その人にとっての真の幸福は人が決められるものではない。
結婚する時に、
「子供ができたら幸せだね。でも、もし子供ができなかったとしても、きっと幸せに生きていけるよね。」
と、話し合いました。
結果こう素早い展開に(笑)なったわけですが、人間のちょございな(?)意図の範囲を超えたところに、人生の道がつながっていることもあったりして・・・。
一瞬、悪いことに見えることが、どんな新たな道につながっているか分からないですものね。

だから、逆にいえば、どんな状態になったとしても、そこが何かの始まりだという気持ちを忘れずに持っていたいなぁって思います。
絶望、の時こそ、新たな光を(安直にではなく真剣に)求める、・・・っていうことが大事なんでしょうね。

いつか、またきっと踊りますよ~!
(*'ー'*)♪
今は、ポンポコリンで歩くのもフウフウ行っちゃうけど、やっぱり、踊ることが大好きなんです。

2008/10/08 18:10 | mar [ 編集 ]

初めて書き込みます。ちょくちょく拝見しております。また遊びにきますね。
2008/10/24 18:16 | ハナエ [ 編集 ]

☆ハナエさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
どうぞ、また気楽に遊びにいらして下さいね♪
2008/10/26 09:33 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/263-eba1434a

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。