2017・08
<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/26 (Sun) みんなしあわせで

2008_1024days0016.jpg 
久しぶりに、
「写真を撮りたい!」
と思わせてくれた花。


2008_1024days0014.jpg 
朝一番に。
仕事の前に。

★みんなしあわせで

秋ですね~。
私の日々は、穏やかにやさしく過ぎていきます。

妊娠八ヶ月目。
体調も良く、経過は順調。
仕事も、周りに支えられながら頑張っているし、料理も楽しく続けています。
時間があれば、本を読み、資格の勉強をして、お散歩に買い物・・・。
空(夫)は相変わらずマメで優しく、大事にしてくれています。

ますますベビィに会うのが楽しみで、楽しみで・・・。
私自身は何の問題もなく、幸福な日々・・・のはずですが。

ただ思うのは、私は、
「自分だけが幸せなのでは、決して幸せだと思えないのだ」
ということ。
「みんなに幸せでいて欲しい」
というのが、今本当に切実で、ひたすらな願いです。

心に哀しみの雲がかかっている。
身近な愛する人たちの苦しみや涙は、自分のこととして、私の心を悲しませます。
まずは身近な愛する人たちよ、どうぞ、幸せでいて下さい。

空くん。
私のパパとママ。
二人の妹たち。
おいっ子のヒロ君。
おばあちゃん。
大好きな友人たち。
空の実家の家族たち・・・・・。

まず最初は、私を取り囲むその人たちが、毎日元気で、
「とってもしあわせだよ~。」
って、笑っていくれていたら、私はどんなにどんなに嬉しいだろう。

でも、人生はそんなにうまくいくことばかりではないですね。
それぞれ必死に生きているのに、みんな「幸せでいたい」と願っているはずなのに、順調にいくことばかりではないのはなぜでしょう。

『出家とその弟子』の中で、作家・倉田百三は、
「私には世界は悲しみの谷のごとくに見えます。」
と書きました。
今、何だかその言葉が、やけにくりかえし胸に響きます。

テレビをつけても、悲しくなるような事件ばかり。
信じられない食品の安全。
人間というものの恐ろしさやエゴに目をそむけたくなる事件の数々。
特に、今は私も妊婦だからでしょうか。妊婦が病院を7つもたらい回しされて亡くなった事件にはショックを受けました。
また、ひき逃げの車に3キロも引きずられ亡くなった男性には、2歳の男の子がいて、さらに奥さんのおなかの中には赤ちゃんがいたとか。

その方たちも、赤ちゃんを無事に産んで、家族仲良く楽しく暮らせる未来を思い描いていたはずなのに・・・。
平穏な日常は、一枚めくると思いもかけない恐ろしい表情を潜ませているものなのですね。
こんなとき、神さまは本当にいるのだろうか、と、疑いたくなってしまいます。


今の私たちの一番の楽しみは、おなかの中のベビィの存在。
ベビィは希望。
ベビィは未来。
ただ、この世に生まれてきてくれるだけで、それだけで、私たちをたくさんたくさん幸せにしてくれるだろうと思います。
呼吸して、眠って、オッパイを飲んで、手足を動かして、おしっこやうんちをして、ちいさなあくびやげっぷやしゃっくり。
ただそうしていてくれるだけで、みんなを笑顔にしてくれるでしょう。

空(夫)と二人、動くおなかに手を当てて、毎日ベビィに話しかけています。
「ママとパパは、ベビィのことが大大大好きだよ~!
なぁんにも心配ないからね。
安心して生まれておいで。
この世はこわいところじゃないよ。
たくさんの愛が、あなたを待っているんだよ。」
パパとママは、ありったけの「愛」をあなたに贈りたいと、心から思って待っています。
たくさんたくさん愛したいと、あなたのいる日々を、楽しみに待ち望んでいます。
ベビィの顔を見られるまで、あと2ヶ月と少々です。

今、悲しみや苦しみや憂いの中にいる身近な愛する人たち。
あなたの悲しみは、私の悲しみ。
あなたの苦しみは、私の苦しみ。
あなたの憂いは、私の憂いです。

みんなみんな、どうぞ、どうぞ、しあわせでいてください。
いったい私に何ができるだろう、と、必死で考えているところです。

どうぞ、どうぞ、しあわせで・・・。
しあわせで・・・。
しあわせで・・・。


生まれてくるベビィを取り囲む世界が、幸福や笑顔に満たされていますように・・・。


スポンサーサイト

comment



世界は悲しみの谷のごとく・・・

わたしは身近な人との関係が、てんで駄目なので
ちょっと違っちゃうけど、

自分が幸せなだけでは幸せではない、は同じ。

きっと一生。

ウディアレンの「アニーホール」の中で
アニーに言うせりふが忘れられない。
高校時代に涙した、永遠に残る言葉。

上記とほとんど同様のことを言ってたと思う。

(だからって別にアレンファンではない)

祈り。怒りを祈りに変えて、行動する。
これがわたしのテーマです。
そんな人を見ると尊敬します。

この世に救いの神はいないとわたしは思っている。

祈りとは、信仰とはまた別の次元だろうと思う。

だれにでも祈ることはできる。

いきとしいけるものすべての苦しみが
少しでも軽くなりますように・・・


2008/10/26 23:22 | あむあむ [ 編集 ]

綺麗な花ですね!!

みずみずしくて・・・
全てのものが浄化されていく様な・・・



あたしは今鳴門の渦の様な・・・
出口の見つからない所にいて・・・

逃げるも人生かなって思っています・・・・


澄んだ心でいる事は、素晴しいからこそ・・
自分が小さいと出来ない事だと
頭では解っていても・・・難しい・・・


秋の風の冷たさを思いっきり吸い込むと身体の隅々まで
張りつめるようではあるけれど・・・


marさんのブログを読みながら・・・
小さな自分を反省・・


風邪ひかないように過ごしてくださいね!!!!


2008/10/28 11:15 | さるしおん [ 編集 ]

☆あむあむちゃんへ

コメントありがと!!
私の「幸せでいて欲しい」と願うリストには、もちろんあなたもいます。

みんなのしあわせ・・・は、壮大な夢ではありますが、それを願い祈り続けるしかないよね。
まずは身近な人々が笑顔でいてくれるよう・・・。
それから、願わくば世界中の人が・・・。
(みんなが幸せな世界っていいなぁ・・・。)
でも、身近なところからも、なかなかその実現が困難な現実に出逢う日々です。

今、一気に何かが押し寄せてきていて、でも、この波を乗り切ってみたら、振り返った時にもしかすると、
「あの時期は、より良い次に進むための必要な苦しみであった。」
と思える質のものかもしれないよね。
・・・というか、そう思えるように未来へ向かって前へ前へ生きてゆくしかないもんね。
分かっていても、凹んだり。ね。

「世界は悲しみの谷」
・・・だから、つねに一難去ってまた一難。(笑)
寄せては返す波のごとく・・・。

私は、これまで子育てや仕事に頑張ってきてくれた私の両親が、まずは安心して、笑って毎日を暮らしてくれたらすごく嬉しいな~。
そうさせてあげたいと、すごく思います。
二人が抱えてきた、そして現在抱えている、たくさんの心労・苦労を取り除いて、毎日をのんびり楽しんで欲しいです。

私が両親にできることは、生まれてくるかわいい孫との対面が、まずは一番のビッグプレゼント(?)かな。
あとは、私自身の生活や私たち夫婦のことでは、心配をかけないようにしていたいです。

そうそう、
「アニーホール」
は、見たことなかったな~。見てみたいです。

また近いうち会えると良いね!!
2008/10/31 14:05 | mar [ 編集 ]

☆さるしおんさんへ

コメントありがとうございます!
いつも元気いっぱいで、私を励ましてくれるさるしおんさんが、鳴門の渦の中にいるなんて・・・。
大丈夫ですか?

どうぞ、無事に脱出できますように・・・!!!
と、心からお祈りしています。

秋の空気は澄んでいて、気持ちがいいですね。
ひんやりと、桜の落ち葉の香りを嗅ぐと、すごく良い気分になります。
日本ならではの四季を味わえる、それだけで、すごく心が安らぎますね。

小さな自分を感じる毎日です。
周りの人に、たくさんたくさんエネルギーをあげられるような、パワフルな私でいたいのだけれど。
でも、大きなおなかを抱えてヨロヨロしながら、必死な感じの今日この頃です。

とりあえずこんな時は、あたたかくて美味しい食事と、のんびりした時間の中でくつろぐことが大切かなぁ・・・、と、思っています。

さるしおんさんがハッピーでありますように!
2008/10/31 14:47 | mar [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/264-d94c48ce

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。