2017・09
<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/25 (Sat) もうすぐ開演「flamenco曽根崎心中」

ohatu_toku_gui.jpg
文楽「曽根崎心中」
お初・徳兵衛
(なぜかマミ&ヒロに見えるから不思議・・・。)


しばらくパソコンの前にゆっくり坐る時間がありませんでした。
書きたいことはいつもたくさんあるのに。
忙しくて、でも、とても充実した日々・・・。
みなさん、お元気ですか?

私の日々は、いよいよ来週開演する「フラメンコ曽根崎心中」に向かって熱く流れています。
「フラメンコ曽根崎心中」公式HP 
http://www.arte-y-solera.com/sonezaki/index.html 

この一週間は、毎日ミュージシャンとの合わせのリハーサルがありました。
スタジオの中に所狭しと、和太鼓・パーカッション・歌い手さんたち・ギター・ベース・篠笛・土佐琵琶・ピアノの「曽根崎・音楽隊」のみなさんがずらりと並び、大迫力の演奏を間近で聴けるのは本当に幸福。
音楽の振動が身体に心に「ど~ん!!」と強く響きすぎて、鳥肌が立ったり、時には涙したり、また時には飛び上がってしまうほど。
どの曲も、メロディーも、年々より一層すみずみまで工夫され、進化しながら丁寧に創られていきます。私にとっては懐かしくなじみ深く、そして常に新鮮な感動を与えてくれる音楽です。
そして、たくさんの楽器の音色が立体的にひとつの大きな目に見えない世界を豊かに創造していることを、あらためて感じています。

私たち「踊り隊」ももちろん、舞台本番に向けて我々ながら完成度の高い仕上がり具合!!
対決のシーンでは今日は歌い手の川島桂子さんに「みんな、あまりに憎らしすぎて、すごすぎて、おかしくて、なぜだか涙が出ちゃう。」とほめられ(?)ました。
踊る時は、「命懸けな真剣さ」のスイッチが、一瞬にして入るようになっています。
群舞はさまざまに衣装や役柄を転換しながら色々な場面をこなして行くので、その気持ちや表情の切り替え、そして一瞬で沸点まで達することのできる集中力がすごく必要なのです。
さっきまで荒れ狂って暴力的だった心と身体を、次の瞬間には生きることの哀しみの色にひたひたと浸されてしっとりと染まっていなくてはならない・・・など。
でも、そのチェンジもまた私にとっては快感なのです。
なんだか、いつもいつも、「曽根崎」の中で踊っていることがおもしろくって仕方がない。

そして、マミ&ヒロ先生の「お初・徳兵衛」を見ていると、二人が心から愛し合っていることを感じるのです・・・。いつも、いつも、何度見ても、二人の、「お互いを愛し、信じ、来世で結ばれることを信じ共に死んでいくこと」が、かなしくて痛々しくて、でも、それだけじゃない強い感動を覚えます。
まゆみ先生を見ていると、一言も発していないのに、そのまなざしから、表情から、指先から、心の中にある声が全部こぼれだして聞こえてくる気がします。
そして気づくと、お初の心に感情移入して、うるうるしてしまうのです。

真剣に生きること。
真剣に愛すること。
未来(この場合は来世)の幸福を信じること。
たましいの浄化。

これらが、「曽根崎」のテーマだと思っています。
だから、私自身の生きる意味と、直結しているのです。
そして、きっと、誰にとっても同じこと・・・・。
だからきっと、感動を届け、共有してもらうことができるのでしょう。

お客様全員に喜んでいただくことは難しいとしても、でもきっと誰かには届くと信じて、楽しんでいただけるよう、良い時間を過ごしていただけるよう、精一杯心を込めて踊ろうと思います。
一人でも多くの人に、この舞台を見ていただけますように・・・。
(はい、ここでまだチケットを持っていない人は「ぜひぜひぜひぜひ」スケジュールを調整して見に来て下さいね~!!!!)

さあ、あと少し!!
本当に頑張ろう。
そして、この日々を、丁寧に味わっていこう。

スポンサーサイト

comment

こんにちは!
なかなかブログが更新されないのできっとお忙しいんだろうなぁ、と思っていました。

本当にもうすぐなんですね!体に気をつけて頑張ってくださいね(^^)/
近ければ娘を預けて見に行きたかったです。
2006/11/26 01:19 | さらさら [ 編集 ]

さらさらさんへ

コメントありがとうございます!!お元気ですか?
いよいよ舞台本番です。
いつか、さらさらさんのおうちの近くで公演できたらいいなぁ・・・。そうしたら、ぜひ見にいらして下さいね♪

ブログに書きたいことは色々あるのに現実的に時間が無くてなかなか更新できないのは本当に自分でも残念なのですが、できる範囲の中でまた楽しんで書いていこうと思います。
今は舞台に集中~!
この舞台の期間は仕事をお休みさせていただいたので(というか、次の週に移動させてもらったので、ツケが大変なことになっているんですけどね(→o←)・・・。今は考えない~!)とにかく舞台に集中して全力を注ごうと思っています。
どうぞ心の片隅で、成功を祈っていて下さいね。
寒くなってきましたので、お身体に気をつけて・・・。
2006/11/27 00:11 | mar(マル) [ 編集 ]

その後、コンディションは良いでしょうか?
本当に楽しみです。
当日はタオル3枚くらい用意していかなくちゃ! ハンナにとっては最後の晩餐なので。。。
2006/11/27 18:56 | ハンナ [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/28 13:17 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/28 15:47 | [ 編集 ]

ハンナさんへ

コメントを戴きながらお返事遅くなってしまってごめんなさい!
おかげさまで昨日、初日が無事に終了しました。
今日は、また初演の緊張感をもって、精一杯頑張りたいと思います。
見ていただける日を楽しみにしています。
楽屋が狭いので一般の方は入っていただくことはできないのですが、終演後、2階のロビーにいて下さると、舞踊団メンバーは出ていくことになっています。衣装のまま外に出ることは本当に皆無なので恥ずかしいのですが・・・。
舞台メイクだし・・・。
でも、待っていてくださればご挨拶させていただきたいと思っています!!急いでお帰りにならずに待っていてくださいね~!!
それでは、お待ちしています!!
2006/11/29 10:36 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/43-b669bf8e

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。