2017・09
<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/27 (Sun) コンクール考

仲間の出場するコンクールを見に行ってきた。
踊りのソロの部門に70人以上が出場し、3日に渡って催される、このジャンルでは最大のコンクールだ。

私も過去数回出場し、今年も出ようか迷って出ないことにした。
だから、久しぶりに客席から落ち着いて最初から最後までコンクールの舞台を見た。
(ここのところ、出演する側だったので、落ち着いて見られなかった・・・)
そして本当に、様々に感じ思うことがあったし、色々考えさせられた。

まずは、全体のレベルがものすごく高いな~、ということ。
この何年も、見に来てくれた人から
「本当にみんな上手くなっていて、今は上手くて当たり前、下手な人がいない、という状態の中で、頭ひとつぬきんでて賞を取るというのは本当に大変なことだよ。よっぽどのインパクトがないと難しいかも・・・。」
と、言われてきたけれど、あまり実感がなかった。
でも、今回自分で見て、本当にその通りだと思った。
本当に、どの人もため息が出るほど上手だ。
リズム感もよく、足も強く、身体もしなやかで、顔も腕も身体も美しい。
素人くさい人などいない・・・。
それが当たり前、というレベル。
誰もが上手すぎて、よっぽどの個性がないとむしろみんな同じように見えてしまう。
あのレベルまで到達するために、一人一人がものすごい努力をして、暑い夏を時間と体力とお金と精神力を注ぎ込んで過ごしてきたのかを、人ごとでなく感じるから(私もそうだったから)、それがどれだけ大変なことなのか本当によく分かる。
そして残酷だけれど、70人以上の上手い人が同じ舞台で立て続けに踊る、ということは、もう、「いくら上手くても上手いだけでは賞は取れない」、ということだ。
今回そのことがつくづく分かった。
(それが分かっただけでも、今年出ないことにした甲斐があった・・・と思った。)
あんな環境の中で無謀にも果敢なチャレンジを重ねてきた自分が、今は信じられない(笑)。

毎年コンクールのあとは、むなしさと徒労感で落ち込まされてきた。
けれど、「あのハイレベルな争いの中でそれなりに頑張って評価してもらってきた自分はそう駄目なものではなかったのではないかなぁ・・・。」なんて、自分に厳しすぎてへこんでしまう私にしては、やっとそんな風に思うことが出来たのはひとつの収穫だったかもしれない。
決して踊りがよくなかった訳ではなく、よくて当たり前、ではそこから先どうするのか、という状況なのだということがよ~く分かった。
そして、審査する側が「個性」という問題をどう評価するのか、と言えば、それはもう好みでしかないだろう。
上手すぎて、その技術の見せつけが鼻につくような人もいるし、熱い表現が素敵に見える人もいるし鼻につく人もいる。でも、ある人にとってはマイナスに感じられる個性も、別の人にとっては素敵だと感じられる要素になることもあるのだろう。また、出場するのは女の人ばかりで男の人はほんのわずかだから目立つし有利だということもしみじみ感じた。

だから、どんなに練習を重ね技術を向上しようとも、いくら技術が上がってさらに上手くなろうともあの場で評価されることを求めていく限り、ひたすらにむなしく苦しいばかりだろうと思った。
そんな挑戦をして、今年も泣く人、悔しがる人、私のように脱力しむなしくなる人、さまざまなつらい思いをする人がいるのだろう。でも、冗談もお世辞も抜きでみんな素晴らしいのだから、あそこで賞を取れないことは恥でもなんでもない。
あの努力と挑戦をしたということに、心から敬意を抱いたし「お疲れさま!本当に素晴らしいよ。」と一人ずつに言いたい。



これから、私はどう踊っていくのか・・・・。
まず私は私で「自分の良さ」をよく分からなくてはいけないのだと思った。
それから、どう踊りたいのか・・・という明確なビジョンを持つこと。
「誰かのように」踊るのでは意味はないのだ、ということ。
「私らしさ」のあり方が中途半端ではいけないのだ、ということ。
そして決まった振り付けの完璧を目指してとうとう行き着かずになんとか「90点」の状態であることの恥ずかしさ、見苦しさ、痛々しさ。むしろ難易度を下げてでも120点、それどころか200点で踊れる状態にした上で、ゆとりを持ってその中で呼吸し生きる余裕や、生のリアルなライブ感を出せる余白を作ること。
派手な技術を無理に詰め込んで見せつけることは逆効果、むしろ、能のように、押さえて押さえて引き算をして、装飾を削り落とした、真実のみを語るような踊りを踊っていきたい・・・。

そういうことをすべて自分の中でクリアにして、充分すぎるほどに気力も体力も充実して、絶対に私にしか踊れない踊りを踊れるようになった時。・・・そして、舞台の上で、いっさい何もせずにいつまでもただ立っているだけ、それだけでその場の空気の色を雄弁に染め上げることの出来るほどの実力と勇気と潔さを持つことが出来た時。(まさに能のような・・・)
そうしたら、・・・またコンクールに出る・・・かもしれない。
でも、それが出来ない限りは・・・今のままの方向性でいくら努力を重ねようとも、「このコンクールで評価されること」を求めていくのは、ただむなしいだけだ。
そして、もしいつか私が私の踊りを踊れるようになったら・・・。
その時は、もう、あのようなコンクールに出てそこで評価されたいとは思わないかも知れない。自分自身の確信があれば、「私の踊りはどうですか?」と、人に聞きたいとは思わないだろう。
・・・・果たして生きている間にそんな高みにまで到達できるのだろうか。
そして、私自身は、「この道において」それを命がけで目指したい、と、心の底から願っているんだろうか・・・。


オリンピックの陸上競技100メートル走に出場する人は、みんなその国で一番の選手だろう。
でも、世界で金メダルを取る人はただ一人・・・。
それ以外の人は、どんなに他人に負けない努力があったとしても、どんなに美しいフォームで走ったとしても、誰よりもその競技を愛していたとしても、0.01秒でも遅ければ「負け」を味わわなくてはならないのだ。

そもそも芸術に勝ちも負けもあるのだろうか?

生きていくということは、残酷で、不平等で、不条理で、厳しくて、つらいことだ。
だからこそ、不条理な苦しみの多い人生での、自分の幸福な生き方、生きていくべき道を、よく考えなくてはならない。
私の道ってなんだろう・・・・。
本当にこの道で良いんだろうか・・・・。
これからどちらに進んでいけば良いんだろう・・・・。

「私は私で、マイペースにのんびり楽しんで趣味として踊っていきま~す。」
・・・なんていうことが、当分言えそうにもない今日この頃・・・・・・。
絶え間ない克己と精進を要求され、後輩に追われ追い越され、厳しい評価に日々さらされ、比較され、自分の至らなさばかりを思い知らされる環境を、選んでここまできてしまった。
でも、踊りがなかったら私に一体何があるのか。



・・・・などということを、さまざまに考えた二日間でした。

スポンサーサイト

comment

分野は全く違いますが、学会でポスターセッションというのがあります。限られたスペースに、自分の研究成果をポスターにして発表します。研究内容は勿論ですが、如何に観に来る人にアピールできるか、即ち、ポスターそのものの芸術性みたいな部分も重要になります。
最近ではパワーポイントなどを駆使してみんなすごいきれいで手が込んでいて、まさにハイレベルの世界です。

しかし、数年前の学会で・・・
その美しいと言っても過言ではないポスター会場の一角に、模造紙にマジック手書きで、朗々と自らの研究成果を説明しているベテラン先生がいらっしゃいました。PCで作られたポスターの中にあって模造紙・手書きというのは非常なインパクトで、かつベテラン先生というファクターはあったでしょうが、そこは人だかりの山。

「ベテラン」先生なので、おそらくPCを使えないということもあったでしょう。しかし、それを完全なまでに活かしていらっしゃいました。この先生も「自分を表現」していたのだと思います。
2006/08/28 22:41 | どやくん [ 編集 ]

どやくんさん

とっても素敵なお話、ありがとうございます。
読んでいて、何だか元気が出てきましたよ。そうそう、そういうことなのですよねぇ・・・・。その先生にしかできない魅力の見せ方、それが人々に通じたのでしょうね。

今回のコンクールでもそういう方がいたんですよ。みんな若くてスタイルがよくて技術のレベルの高い踊り手さんたちの中にあって、ヒターナ(ジプシーのおばちゃん)みたいな踊りをド迫力で踊った中年の体格の良い人がいたんです。細かい技術的な問題を吹き飛ばしてしまうほど、魅力にあふれ客席を湧かし、その日一番の拍手喝采でした。
ただ、・・・一番拍手が大きくても、客席がその後ざわついてみんなその人の踊りが心に残り一生忘れられないとしても、・・・やはりそのようなあり方ではコンクールで賞を取ることは出来ないのです。コンクールっていったい何なんだろう、と、むなしい気持ちになります。
私はもう、出ないかもしれません。

あとね。どやくんさんだからこそ、聞きたいことがありました。それは、「喜ぶものと共に喜び泣くものと共に泣け」という言葉です。
あとで、そのことについて記事をひとつアップしようと思っているのですが、もしよかったらどやくんさんの考えを聞かせてくださいね。綾子さんなら・・・光世さんなら・・・そして、イエス(神さま)なら・・・どうするのだろう。と、考えています。 
2006/08/29 22:34 | mar [ 編集 ]

>それは、「喜ぶものと共に喜び泣くものと共に泣け」という言葉です。
あとで、そのことについて記事をひとつアップしようと思っているのですが、もしよかったらどやくんさんの考えを聞かせてくださいね。

はーい。お待ちしています・・・
僕はたいしたこと書けないかもしれないけど(^^;
2006/08/30 01:03 | どやくん [ 編集 ]

mar様、はじめまして。私の家人も踊りをやっておりまして、他人じゃないような気がして思い切って投稿しました。

この芸術といいますか、「生活の糧じゃないけどやりたいこと」というのは永遠のテーマです。
私も20年ほど前は、人生をなめてまして、ロックミュージシャン、小説家などを目指して悪戦苦闘な人生を生きていました。
私の失敗は音楽も小説も自己満足のためにやってしまったことで、聴いてくれる方や読んでくださる方を喜ばそうという想いが微塵もなかったことです。でも傲慢に「だってこれが俺の自己表現なんだからいいじゃん」と開き直っていたのですが、他人の評価が得られないとやはりへこむもので、そのうち歌うことも書くことも苦しくてやめてしまいました。

現在、仕事で取材をして書くことをしていますが、取材対象の方に感銘して、その人のことを一生懸命書くと、これがすごく評価が高いのです(ま、一部の人だけですが)。
つまり、わざわざ時間を作って取材に応じてくださった人に感謝を込めて書くと、それなりに感動してくれる方がいるのです。

20年も経って、ようやくそんな「表現」の基礎を学んだという間抜けな話ですが、20年経ったからこそ分かったのかもしれませんね。

これ以上書き続けると長くなるのでもうやめます。また、投稿させていただきます。
言いたかったのは「コンクールの結果」なんて連続する現象の中のほんの一事象でしかないということです。参加することが事象、受賞することが事象、でも物事はその後も続いていくということなのです。

良い事象も悪い事象も人には必ず訪れます。だから私はそれぞれには惑わされずになるべく生きていきたいと思っている次第です。

marさんにとってはつらいこともあるでしょう。でも過去にあきらめた私にとってはやりたいことがあるだけで羨ましいです。

では、今後もがんばってください。私も家人を応援していくつもりです。
2006/08/30 13:28 | 賽麻彦 [ 編集 ]

賽麻彦様

初めまして。このたびは温かいコメントをお寄せいただき本当にありがとうございます。
ようこそおいで下さいました。
真面目ブログなのですが、どうぞ、これからもよろしくお願いします。

実は、ごく親しい友人にしか知らせずに、こっそり~~~~と(?)(笑)始めたブログでしたので、知らない方にコメントをいただいたことで少々驚いています。
ここに引っ越ししてきたばかりで、まだこのブログのシステムに不慣れで手探り状態で書いています。大変失礼かもしれませんが、どういうきっかけでこのページを見て下さったのか、うかがっても良いですか?(どうやったらこのページに辿り着くのかを知りたいなぁ、という単純な興味があるんです。)よかったら教えて下さいね♪

賽麻彦さん(なんと読むのでしょう・・・?さいあさひこさん?)の奥様も踊りをなさっているのですね。それで親近感を持って下さったとのこと、とても嬉しく思っています。
また、文章をお書きになる際に、相手の方の言ったことに感銘し、感謝を込めて一生懸命書く・・・そのお言葉に、お人柄を見る思いがしました。
踊りを見てくれている人の心に届けるということは、(様々に難しいと思うことはありますが・・・、でも)きっと、おっしゃって下さったことと根っこでは完全に繋がっているように感じました。
いつか私も、踊りを通してどう伝えればいいのかを、見つけて行けたらいいなぁと思っています。

「良い事象も悪い事象も人には必ず訪れる、だからそれぞれの事象に惑わされずに生きる。」・・・なるほどなぁと思いました。目の前で起きる良いこと悪いことに振り回されてしまいがちですが、もっと大きな目でゆったり物事を見ることができるようになりたいと思います。

本当にありがとうございました。

(このコメント欄の表示する文字のサイズを大きくすることって出来るのでしょうか?ちょっと小さすぎて見づらいですよね・・・。)

2006/08/30 20:08 | mar [ 編集 ]

こんにちは。

過去にも数回お邪魔しておりました。
今回たまたま足跡を見つけてまいりまして、この日記を読ませていただき、色々考えさせられております。

フラメンコ新人公演、観る側は自分の好みや感性であーだこーだ言いながらお気楽に観ているわけですが、(私は全くの素人なのに日記で言いたい放題、お読みになってらっしゃいましたら、もしかしてお気を悪くされているかもしれませんね。ごめんなさい。ちょっと反省しております。) やはり、出場者の方たちの葛藤というのは底知れないものがあるのですね。

皆さん、血のにじむような思いをしてやっとあの公演に臨んでいらっしゃるのに、結局は賞をもらえるか否かの勝負で、たまたま審査員のお眼鏡にかなった方だけが評価されるという不条理。

毎年どんどんレベルアップしていく中で、それでも挑戦をしたいと思って頑張ることを選択する人もいれば、そういう評価を求めず、別の形で自分のフラメンコを追求する方もいらっしゃるでしょう。

MarさんはMarさんのフラメンコを追及なさればいいのだと思いますし、まずは「自分が何を求めているのか」「なぜやりたいのか」だと思うのですが、実は私だってフラメンコに関してはそんなものも考えてもわかりません。

Marさんの日記を読んで、いてもたってもいられなくってコメント書き始めましたが、正直申しましてどういう言葉をおかけするのが正しいのかわからず、途方に暮れてしまいました。
赤の他人に励ましてもらってどうなるものでもないでしょう。

私に言えるのは、「苦しむためにフラメンコをやっているのではない筈」というくらいです。

私はフラメンコを始めて、人生が楽しくなりました。プロになれる歳でも技術もないですが、暫く向きあっていきたいと思ってるわけです。

お邪魔しました。

Marさん、いつかお気持ちが晴れることを切に祈っております。
2006/09/10 03:01 | めめ [ 編集 ]

めめさんへ

コメント本当にありがとうございます!!
とっても嬉しかったですよ~♪
ウェルカムです!!
これからもどうぞ、気楽に遊びにいらして下さいね。私もほんと、次はめめさんのところにコメントさせていただきますね。

今、16日のライブに向けて頑張って練習しています。(来てくださいますか?)
ですが、あのコンクールを見たおかげで不思議と「自分は自分パワー(!?)」が湧いてきて、なんだかとっても楽しいんです。
初めて、「こう踊るべき」というところから、「私はこう踊りたい。」というところへ、やっと(!)脱皮しようとしているような、そんな試行錯誤中の自分を楽しんでいます。
パワーが体の中に充満している感じ。独りよがりな踊りにはなりたくないけれど・・・でも、ぐっと自分の中に深く入り込んで、自分と対話しながら、どう踊ろうか模索しています。
今までは自習というと、足ばかり練習したり、先生から与えられた課題をいかにこなすか、というレベルだったんです。
でも今は、歌を聴きながら全身の神経を研ぎ澄ませて、ただじっと立っている、・・・どこまで音と一緒になれるのか、そして、削り落とした果てに残る動きって何だろう、・・・そういうことをしています。
それが楽しくて。

私はね、基本的にかなり(あきれるほど)楽天的、というか、プラス思考なのですよ。
何しろわれらが愛するH先生と同じB型!ということで、今はやる気にメラメラ~と燃えております。
ご心配いただいてありがとうございます。
優しいお言葉、とっても嬉しかったです。
「苦しむために踊っているのではない」という言葉、まさにその通りだと思いました。
命を真に燃やす、それこそが踊る快感ですよね。
お互いあつ~く踊っていきましょうねぇ!!

これからもどうぞよろしくお願いしますね。
そして次にあった時には、「めめです♪」って声をかけて下さいね~!!
(たまには夜もいらして下さいね。待ってます!)
またすぐに素敵な笑顔にお目にかかれますように!
2006/09/10 11:22 | mar(マル) [ 編集 ]

うきゃ?
Marさんって、同じお教室の先輩だったのですね。・・・・びっくり!!

今回踊られなかったのは、こころあたりはおふたりです。
(客席で仲良く一緒にいられましたね。そのうちのおひとりかしら?私、ちょっと言葉をかわしてますよ。そういえば能天気に、「今年はお出にならないのですかぁー?」なんて聞いてしまいました。今思えば気配りが足りませんでした。)

H先生のパワーをみんなで吸収しましょうね。

16日、行けるといいな・・。マルさんのフラメンコを見せてくださいね。



2006/09/10 12:09 | めめ [ 編集 ]

めめさん

はい!
めめさんは素敵な水玉の・・・今にも踊り出しそうな服を着ていらっしゃいましたね。
さて、私は二人のうち、どちらでしょう(*'ー'*)ふふっ♪
私とJとSは、舞踊団の三つ子(!?)のような大大大親友なんですよ。そしてもちろん、M&H先生が大好き!
私は・・・プロフィールのところの絵に似ていると思います・・・なんて言ったら図々しいと怒られそう!?
なかなか一緒のクラスに出る機会が無くてお話しする機会がないから、私の書く文章ではきっとおわかりになりませんね。
配慮なんて・・・な~んにも気にしないで下さいね。気楽に仲良くしてください。
出ないことを決めたのは自分なのでぜんぜん平気です。(出ていたら今頃もっと凹んでいたかも(´ー`)ハッハ・・・)

これからもよろしくお願いします!
2006/09/10 12:30 | mar(マル)  [ 編集 ]

うふ^^ 私が誰か思い出してくださってありがとうございます。そういうえば随分前にも(忘れもしませぬ、去年の発表会前のリハーサルの時です)「碇山奈奈さんに似てらっしゃいますね。」とお声をかけていただいたことも、ようく覚えております。

そしてなんと先日着ていた服まで覚えていてくださって光栄の至りでございます。

夜の中級クラス、あこがれです。またいつかお邪魔したいですが、もうすぐ振り付けが始まりますものね。ミセスクラスも、次のヌメロが何になるのか、ウキウキです。

よく日記を読んでみると、Y市でのライブのことが書いてありましたので、Marさんがどちらかわかりましたよ。5月の発表会の時に、私のお友達が真っ白いドレスのMarさんのことがお気に入りで話題にしておりました。ブエルタが綺麗、と感激してましたよー。

さあて、次は新生Marさん、楽しみにしておりますよ。



2006/09/10 22:44 | めめ [ 編集 ]

めめさんへ

そそ!そうなんです。めめさんってとっても碇山先生に似ているの!!
エキゾチックな華のあるお顔立ち、すごいグアパですよね。
碇山先生は、媚びない確固とした個性をお持ちの素晴らしいバイラオーラで本当に好きな踊り手さんです。(ちなみにわれらがH先生も、碇山先生の踊りを好きとおっしゃっていましたよ。)

茶色に白の水玉のドレスはとってもお似合いで、素敵でしたよ。あれだけ人の多い会場でも目立っていましたよ。

Y市でのライブ、そして白いドレスの人物がまさに私です。Y市での時は、ミセス美女軍団の応援に本当に励まされました。惜しみなく応援してくださって・・・。みなさん本当に踊ることを楽しみ、見ることも楽しみ、活き活きと輝いていらっしゃいますね。

白いドレスで踊った発表会の時は、こころざしばかりは高かったのですが、3日前より38度の熱。気力で頑張ったけれどやはり思うようには踊れずに、悔しい思いばかりが残っていたのです。でも、お友達が誉めてくださっていたとうかがって、心から嬉しく思っています。
何かが誰かにちゃんと伝わっていたのだと・・・そう知ることができて、とても励まされ、踊ってよかった・・・と思うことができました。
本当にありがとう!!

舞踊団で一番マイペース(!?)な私ですが、今後とも、温かく時に厳しく、成長を見守っていてくださいね。
私も、素敵なめめさんの踊り拝見できる日を楽しみ~~~~~~にしています!!
2006/09/11 02:21 | mar(マル)  [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/8-6a67de63

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。