2017・08
<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/05 (Mon) 泣ける写真展
写真を見て、感動して泣いたことはありますか?
私は、初めてそんな経験をしましたよ。
ぜひ、一人でも多くの人にこの写真展を見に行って欲しい!!
ぜひ・ぜひ・ぜひ・ぜひ・見て…と、心から願わずにはいられません。
私のフラメンコの師、ヒロ君先生も、真由美先生も二人そろって
「泣いちゃった・・・・・。」
と言っていました。

それは、川島浩之さんの写真展、
「フラメンコ Going My Way 
~Flamenco曽根崎心中 鍵田真由美・佐藤浩希と仲間たち
私たちの『フラメンコ曽根崎心中』をずっと追いかけて撮って下さってきた川島さんが、舞台上ではなく、練習風景や日常の私たちの姿を映してくれた、モノクロ写真25点が展示されています。
3月31日まで、新宿駅東口の改札を出て左に15秒のところにすぐある喫茶店「ベルグ」で開催しています。
チラシはこちら…。写真をクリックするとさらに拡大します!
kawashima.jpg

会場のベルグ、素敵なお店ですよ!!
「駅構内に、こんなお店があったの!!」と驚きました。
コーヒー200円位で安い。
そしてドイツ風のみっちりしたパンやレバーのパテ、チーズや、ソーセージなど、すごくおいしい食べ物がたくさん。狭い店内はいつもお客さんで混み合っています。
そして何より、新宿東口改札から徒歩15秒っていうのが良いでしょ?

写真は、どれもキラキラしていました。
どの一枚を取っても、私自身の人生の、かけがえのない大切な時間がそこに刻み込まれていました。
…練習中の汗を飛び散らせて踊る必死な顔。
…打ち上げでの乾杯の、満面の笑顔。
…舞台の成功を手をつないでみんなで祈る姿。

そんな私たちの姿を、温かく見つめ続けてきて下さった川島さんの、優しいまなざしを感じました。
川島さんという人の、優しい温かいお人柄が、心にある熱い思いが、写真からあふれて伝わってきました。
真由美先生は、
「川島さんはね、…たぶん一番最初は私(真由美先生)を撮ろう、と思ってくれていたの。でも、私たちを撮るうちに、ヒロ君を好きになり、『曽根崎』という作品自体を好きになり、そして、みんな(つまり舞踊団のわたしたち)のことを大好きになってくれたんだと思うよ。」
とおっしゃっていましたが、それを、痛いほどに感じる写真でした。

最近、練習・練習・練習・練習…の日々に、肉体疲労が蓄積してしまっていました。
土曜日など、朝10時から夜8時までず~っと練習、あいだでの休憩はたったの30分だけ。
この写真展を見に行った日曜日の朝も、体中がきしむような痛みと疲労感を引きずったまま、やっとのことで起きあがって、新宿に、ヨレヨレの状態で向かったのでした。
でも。
写真を見て、感動に包まれて…。
すごく、元気になったのです。
また踊る力が…喜びを持って踊る力がわいてきたのです。

「私は今もまだ、この写真に写っている「キラキラの瞬間」の中に生きているんだ。
それが私の今の現実の日々でありつづけているんだ…。」
そのことがたまらなく嬉しかったのです。
先生たち。
舞踊団の仲間たち。
写真の中のみんな、なんてなんて、いい顔をしてるんだろう。
今日も私は、スタジオに向かい、この生き生きとした仲間たちとともに、『曽根崎』の練習をするんだ。
ああ、嬉しいなぁ………。
って。
そして、栄養ドリンクも買わずに(笑)元気にスタジオに向かい、心からの感謝と喜びを持って、一日練習を頑張りきることができました。

真剣にひたむきにひたすら踊る私たちを、こうして見つめてくれている優しく温かい目がある。
…そのことに泣かされた写真展でした。

新宿に行く機会があったら、ぜひ、ほんの5分、立ち寄ってみて下さいね!!

20070306153813.jpg
スポンサーサイト

comment

・・すてき!そんな感動、味わってみたいなぁ。
「キラキラの瞬間」かぁ・・。未熟な私にはまだ感じられないモノだわ。残念!

基本的には観客は綺麗に着飾って舞台で輝く踊り手の姿しか見る事はできないけれど、美しく踊るその過程に必死の努力があるという事、その姿は見る事出来ないですよね。もちろん本人達も。
それを写真に収めて個展に出すってすごいと思う。
フラメンコを知らない人にも伝わる感動があるはず。
楽しみだわ~。必ず見に行きます。

あ、私も一つあった。プチ「キラキラの瞬間」
今から3年前の事、フラメンコを習って一年後の初めての発表会。
曲目は一年かけて覚えたセビジャーナス。
リハでミスしてすごくブルーな気持ちだったけど、いざ舞台に立つとその緊張感が気持ち良くって楽しく踊れたのがうれしかった。
そしてフィナーレで客席の友達5人の顔を見た瞬間になぜか涙が溢れてきて、自分でびっくり。
私のほんの4~5分の群舞を観る為に時間とお金を使ってわざわざ遠くまで見に来てくれた。
自分の達成感よりも、感謝の気持ちで一杯になっちゃって・・。
「一番すてきだった~!」とまるで親バカよね。
そしてその後も毎年欠かさず発表会に来てくれて、私の成長(ハイハイからようやくニ本足で歩けるようになりました)を見届けてくれる友人達に感謝です。
その時の事を思い出す度に泣いちゃうの。
今も若干ウルってます・・。

marさん、思い出させてくれてありがとう。
だんだん踊りに欲が出て来てしまって、素直な気持ちを忘れかけてたかも。
marさんほどの練習量はこなせないけど(絶対無理!!)、私なりに楽しく踊って行こうと思います。
2007/03/05 20:12 | yoshiko [ 編集 ]

yoshikoさんへ

温かいコメントをありがとうございます!!
写真展を見に行ってくださるとうかがって、とってもとっても嬉しいです。
新宿駅から徒歩15秒ですから、気楽に立ち寄っていただければ・・・と思います。
私はその店で紅茶のケーキが美味しそう!!・・・と思いつつ、前回は食べることができなかったので、次行ったときは食べよう!と、固く心に決めて(?)います。(笑)

普段の私たちは汗まみれ泥まみれ(?)で、とてもお見せできる物ではない・・・のですが、撮影してくださった川島さんの優しいお人柄が、「キラキラな瞬間」をすかざすとらえて、美しい写真に残してくださいました。
舞台上で踊っている写真ではなく、日常や練習を映してくれたというのが何だかまた嬉しいのです。

お友達との素敵なエピソード、うかがえて嬉しいです!!素敵なお話ですね。まさに「キラキラした瞬間」ですよね!
そうやって温かく自分を見つめてくれている人がいることに支えられていること・・・本当に嬉しいですよね。
すごくよく分かります。

私も、踊り続けているとときどき大切なことを忘れてしまうのです・・・・。でも、yoshikoさんのお話のおかげで、私がまだ下手な頃から踊りを応援してくれている人々の顔を思い浮かべました。本当に有り難いと心から思いました。

そういう優しさに支えられながら、私もまた楽しく元気に踊っていこうと思っています!!
お互い、「キラキラな瞬間」を重ねていきましょうねぇ♪
2007/03/06 14:44 | mar(マル) [ 編集 ]

はじめまして。
川島君のことをたまたまブログに書いたついでにネットサーフィンしていて辿り着きました。あらためてゆっくり読ませていただきますが、別の記事に静岡県湖西市とあったような?私、そこに住んでます。
2007/03/13 21:25 | paix [ 編集 ]

paixさんへ
川島さんのお友達なのですね!!ようこそお越し下さいました。大歓迎です。
そして、コメントをありがとうございました。
川島さんには、もうずっと舞台写真を撮っていただいてきています。川島さんは新婚旅行すらも「曽根崎心中スペイン公演」に同行・・・というルートを選んで下さったのでした。
あの優しい川島さんの中に、写真に対する強い情熱があることを感じます。そして、こうして私たちを見つめてくださっていることに、感謝しています。

湖西市は、昨年3月、知的障害を持つ子供たちと一緒にフラメンコの公演をするということで訪れました。
鷲津駅の前のコブシの花がきれいに咲いていました。
それ以来、大切な友達の住む特別な場所になりましたよ。
川島さんに、湖西市…不思議な御縁ですね。
2007/03/16 14:33 | mar(マル) [ 編集 ]

そのお写真の数々、写真集にして出版なさるご予定は無いのでしょうか。。。?
ぜひ、拝見したいです。
2007/03/17 14:16 | みるく [ 編集 ]

みるくさんへ

本当にそうですね。私も、写真をぜひ手元に置きたいなぁ・・・。そしていつか、子供が生まれたり、果てには孫が生まれたりした日には、それを見せてあげたいなぁ・・・。

舞台の写真もとても美しく、すごい早さで踊る踊り手たちをものすごいタイミングで撮ってくださっていますが、今回のように練習風景や日常の様子はなかなか写真で見る機会はないので、それをむしろ新鮮に感じましたよ。
いつか、見ていただける機会がありますように…。
2007/03/18 16:23 | mar(マル) [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/89-a4e4c3d8

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。