2017・11
<< 10 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/23 (Fri) まことの花

「花のある踊り手」とは、どんな人のこと?そもそも「花」ってなぁに?

●世阿弥の『風姿花伝』

フラメンコの発表会に行く日の朝、電車の中で世阿弥『風姿花伝』を読んでいました。
118zeami.gif世阿弥『風姿花伝』

たいてい舞台の日の朝は、私の芸術上のバイブルである、リルケ『若き詩人への手紙』を読むことにしているのだけれど、この日は、能の美学である「幽玄」を感じたいという思いがあり、このようなチョイスとなりました。
その中に多用されている「花」という言葉の核心をつかみたかったのです。

「花」
って・・・何だろう。
世阿弥も言葉を尽くしさまざまに書いてはいるけれど、決定打として言い切れてはいないようです。言葉には、し尽くせないのが「花」であり、それでも芸事に置いて最も大事なのはやはり「花」。
・「誠の花は、咲く道理も、散る道理も、心のままなるべし」
・「工夫と達者とを極めたらん為手をば、花を極めたるとや申すべき。」
・「花と、面白きと、珍しきと、これ三つは同じ心なり。」
・「能も、住するところ(ひとつのところにとどまること)なきを、先づ花と知るべし。」
・「因果の花を知る事、極めなるべし。一切、みな因果なり。」
・「秘する花を知ること。秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず。」

・「花は心、種は態(わざ)」
何とも深遠な言葉です。
今の私には、実感として感じられる部分もあり、これからまだ心の中に「?」を残し、追求していきたい部分もあり・・・。

そして「時分の花」のこと。
「時分の花」とは、24,5歳ごろに一瞬咲かせる花で、「年の盛りと、見る人の一瞬の心の珍しさ」によって咲くものであって、それは「まことの花」ではない。それなのにすっかり極めたつもりになってしまうことはあさましい。「時分の花」を「まことの花」だと勘違いして慢心することが、「まことの花」からより一層遠ざかる心であるから、ますます気を引き締めて稽古しなくてはならない・・・、などという部分は本当に面白いと思います。
「時分の花」も、「花」は「花」ですから、美しいし見応えはあるでしょう。
でも「真の目利きは見分くべし」とあります。
本当に芸術を見る目のある人から見れば、「時分の花」なのか、「まことの花」なのかが分かる・・・ということ。うぬぼれによって成長を止めるようなことなく、謙虚に学び続ける姿勢が大事なのでしょう。

34,5歳は「盛りの極め」である、とあります。
でも、「もしこの時分に、天下の許されも不足に、名望も思ふほどもなくば、いかなる上手なりとも、未だ、誠の花を極めぬ為手(して)」であると、グサッと来るような、芸術家にとっては残酷で恐ろしい言葉も書いてあります。
さらに、「この比は過ぎし方も覚え、また、行く先の手立てをも覚る時分なり」・・・つまり「この頃は、五里霧中で暗中模索的にたどってきた経過の意義が自覚されてきて、また、今後の進むべき方向も見通しがついてくる時期である。」ということ。
若さの勢いと容姿の華やかさで一瞬咲かせた「時分の花」の時期を過ぎ、まさにこの頃が、「まことの花」を獲得できるかどうかの重要な境目なのでしょう。この時「まことの花」を咲かせることができれば、年を重ねても「老い木になるまで、花は散らで残りしなり。」と書いてあります。
(具体的な年齢については、600年前に書かれた芸術書ですから、今とは少しずらして考えても良いかもしれませんね。)

繰り返し読むうちに、すべてを理解できたとはとても言えないまでも、心に響いてくるのは、ひたすら稽古をすることの重要さです。
人間としての品位を保ち、よく学び、稽古を重ねること・・・世阿弥は繰り返しそのことの大切さを説いています。それがやっぱり、「まことの花」を咲かせるための道・・・。

特に私が好きなのは、この本の中に書かれた漢詩です。

心地に諸々の種を含む
(しんじにもろもろのたねをふくむ)
普き雨に悉く皆萌す
(あまねきあめにことごとくみなきざす)
頓に花の情を悟り已はりぬれば
(とんにはなのこころをさとりをはりぬれば)
菩提の果自づから成ず」
(ぼだいのかおのづからせいず)

心に、身体に、たくさんの種を蒔く。
めぐみの雨によって、小さな芽が萌えいづる。
そして、花が咲く。
そのはてには、実がなる。
そんな風に在れたら、どんなにいいでしょう。


さて。
私にとって「真の目利き」だと感じさせてくれるのは、舞踊団のアドヴァイザーである、はらりん。ご自身も能を学び、芸術について、人間について、温かくまた鋭い見識を持っていらっしゃるすぐれた真の知識人です。
その尊敬するはらりんが、発表会の私のソロに対する感想を送って下さいました。
(はらりん、本当にありがとうございました!!)
実はこれを待っていた・・・。そしてとても嬉しかった。
・・・ので、「未来の私のために」ここに記載しておきたいと思います。
そして、またあらたな気持ちで、「まことの花」をもとめて、頑張っていこうと思います。

*はらりんからのメール
「さて、発表会大変お疲れさまでした。
君のソレア、とても良かったと思います。
一言で言えば「今日この時、このタイミングと場を得て踊られる必然性」を感じさせてくれるソレアでした。
また高いモチベーションの元に踊られた一曲でもありました。
極めてシンプルに抑制的に踊られていたと思います。
しかし、君の身体は十分に良く君の「心」に応えていました。
それが表現となってしっかりと表されていた事が、大変に印象に残りました。
踊りはこのように、よく必然性を持って踊られるのが理想だと思います。
それを成し遂げ、また感じさせてくれた事、見事だと思います。
勿論これが終着点ではありません。
体調にくれぐれも気をつけながら、また一歩一歩自分の道を踏みしめていって下さい。
ゆっくり、丁寧にね!」

*おまけ 
ずっと応援して下さっている優しいりょうちゃんからのメール

「ソレアでは、以前とは異なる印象を強烈に受けました。
華やかで躍動的な動きから外側に向けて発せられるエネルギーをこれまでmarの踊りに感じてきました。
今回はそういう動きを封印したことで、内側に溜め込まれて重厚感を増していくエネルギーを怖いほどに感じました。
どちらも「迫力ある踊り」なのに、受ける印象は全く違いました。
marの表現の幅の広さを目の当たりにし、これからもずっと観続けていきたいと思わずにはいられませんでした。」

スポンサーサイト

comment

marさんの踊りはいつも感心させられます。
表現する者としての心の奥底にあるものが見えるのです。
MALENAは今ある自分しか表現できていませんが
もっと深いところを抉り出せたらいいなぁ~
2007/03/23 19:57 | MALENA [ 編集 ]

とても感慨深い日記で、思わず引き込まれちゃいました。

時分の花。

胸が痛くなる思いになりました。

そんな思いになれたということは、少しは成長したのでしょうか...。が、しかし。人間としての品位も、学習も稽古も、まだまだ足りません...。

「心に、身に、たくさんの種を蒔く。めぐみの雨によって小さな芽がいづる。そして、花が咲く。そのはてに、実がなる。」

ステキな言葉ですね。あたしもどんどん蒔いていきたいです。まずは明日。marさんのステージで。また新たな種を蒔きにいきます!
2007/03/23 21:07 | エロミ [ 編集 ]

風姿花伝・・私も以前読みました。

そしてぐさぐさぐさぁっと色々刺さったのを覚えています(汗)
それでもたまに読み返してみたくなります。
やっぱり、時代が変わってもこういったことというのはあまり変わらないんですね~。

2007/03/23 22:58 | KANA [ 編集 ]

突然でうsが、私は「日本人で良かった」と思う事が多いです。

風姿花伝は読んでいませんが、marさんの説明から感じたのは、理想の年の重ね方っていつの時代も変わらないのだな、という事。

600年も前から、人は美しさを求め、表現する技を持ち、常に技を磨き、挫折して、悟り、本物の輝きを放つ・・という精神を受け継いできたのですね。
お茶の世界も通じるかしら。
どんなに時代が変わっても不変なものだ。

そして「細やかな情緒」や「もののあわれ」を感じ、自然の中に人生を重ねたりする美しい感性は日本人しか持ち合わせてないらしい。

marさんは純粋な日本人ですね。
そして「ソレア」はとてもすばらしく、心から感動しました。
お誘いありがとうございました。
2007/03/25 11:06 | yoshiko [ 編集 ]

うーーーん、と思わずうなってしまいました。
こんなふうに『風姿花伝』をわが身に引きつけて読んでいる人に初めて出逢ったからです。

実は、ぼくも『風姿花伝』には特別の愛着があります。
最初に知ったのは、大学時代でしたが(レポートの課題として読まされた)、それ以来生きる指針になったと言ってよいでしょう。特に、第1章「年来稽古条々」は、能楽論として優れているのは当然でしょうが、教育論・人生論として読んでも傑出していると思います。

ですから、高校の教室でごく一部を扱ったこともあるし、一般の方を対象にした講座でも何度か取り上げた経験があります。
その中で面白かったのは、最初に赴任した埼玉の春日部高校で校舎を取り壊し新築する際に行なわれた「再現授業」でした。

このイベントは、20年ぐらい前に卒業した生徒たちが、思い出の旧教室で思い出の先生に高校時代と同じ授業をやってもらおうと企画したものでした。
それに呼ばれて、ぼくは『風姿花伝』について語ったわけです(ついでに言えば、この模様はNHKの早朝のローカル番組〔道傳アナウンサー担当〕で取り上げられ数秒間ぼくの映像も流れたのだそうですが、肝心の本人は知らずに見ていないのです。ちょっとザンネン)。

この時には教え子たちは、口をそろえて今度はよく分かったと言い合い、しばらくの間「花」が合言葉のようになったようでした。

さて、『風姿花伝』の中で、ぼくが一番大事にしていることばは次の部分です。

「わが位のほどをよくよく心得ぬれば、そのほどの花は、一期失せず。位より上の上手と思へば、もとありつる位の花も失するなり。よくよく心得べし。」

「わが身を知る」ということを言っているのですが、大事なことだと思いませんか?

とりあえず『風姿花伝』についてはこれまで。

『若き詩人への手紙』もいいですねぇ。
この本は角川文庫版がぼくのお気に入りです。
2007/03/25 12:03 | ♪あし♪ [ 編集 ]

MALENAちゃんへ

コメント本当にありがとう・・・!!!
そんな風にいってくれて感激しています。
( ̄― ̄°)ぐすっ
いつもいつも本当に優しくて、ダイダイダイ好き~!
MALENAちゃんにも、確固とした個性を感じるよ。自分は世界に一人だから、自分と同じように踊ることはほかの誰にもできない・・・。
世界に一人のMALENAちゃんの踊り、これからも楽しみにしているからね!!
2007/03/26 16:11 | mar(マル)   [ 編集 ]

エロミさんへ

最近感じたことですが、
「ず~~~~~っと前に蒔いて、蒔いたことすら忘れてしまっていたような小さな種から、ひょこっとかわいい芽が出ることがあるなぁ。」
って。
自分でも気付かないあいだに、土や、雨や、日の光などさまざまな要素が働いてくれて、そんな不思議が起こるんでしょうね。
だから、すぐに結果が出なくても、小さな種を蒔き続けることは決して無駄ではないんだろうと。そんな風に思えるようになりました。
人生って、不思議につながっていますね。
そして、自分では気付かなくても、自分を温かい目で見てくれている人がいる、ということも、忘れずにいたいなぁって思っています。

ライブを見に来て下さって本当にありがとう!!次にお会いできる日を楽しみにしていますね!
2007/03/26 16:15 | mar(マル)   [ 編集 ]

KANAさんへ

ライブを見に来て下さって本当にありがとうございました。確か遠くから来てくださったような・・・お帰りは大丈夫でしたか?お目にかかりたかったです。次はぜひ、声をかけて下さいね。

『風姿花伝』がグサッと刺さる・・・そんな感性と知性をお持ちなKANAさん、本当に素敵ですね。
私も、これからも読み返しながらまた理解しきれなかった「?」を、自分自身に問いつつ、「まことの花」を求めて頑張っていきたいと思います。
2007/03/26 16:18 | mar(マル)   [ 編集 ]

yoshikoさんへ

先日はきれいなお花、感激しました。バラとスイートピーとレースフラワーの柔らかい白に緑が映えて、とってもきれいでした。
本当にありがとうございました!!
yoshikoさんのお書きになる文章とyoshikoさんご本人がぴったりと一致しましたよ!美しくて笑顔がきれいで、イメージ通りでした。

年を重ねるごとに、やはり自分自身、日本で生まれ育ったことの運命の不思議を、感謝の気持ちでうけとめることがふえるようになりました。
桜の季節は特にそれを強く感じますね。
日本の古典文学に触れたときも、それを原文で読めること(日本語ができること)を嬉しく思います。
スペインで驚いたのは、白黒とにかくはっきり言うことを求められる厳しい(と私には感じられた)率直さでした。でも、それも、スペインの水と大地と食料と歴史などがはぐくんだ人間性。
それに対し、日本人の(欠点ともいわれるけれど)良いところだと思う点の一つに、曖昧さ、というか、相手に逃げ場を与える緩やかさ、婉曲の優しさがあります。
食事に誘われたときに「行きたくない!」ではなく、日本人は「ちょっと用があって・・・ごめんなさい。」と言う。昔はそういう遠回しなのが嫌だと思っていましたが、最近は、言外の気持ちをお互い読みとりあえる優しさだと思うようになりました。

自分の生まれる時代や国や地域や季節や両親、何一つ選ぶことができずに生まれてきましたが、でも、それらを好きになり、それこそが私のオリジナルアイテムだと思って、最大限生かしていきたいです。

そして、いつかは、ムイフラメンコでありつつ、『風姿花伝』を原文で読める日本人である私ならではの踊りを踊れるようになっていきたいなぁ・・・。
2007/03/26 16:35 | mar(マル)   [ 編集 ]

♪あし♪さんへ

♪あし♪さんの『風姿花伝』の授業、私もぜひとも受けたかったです。テレビでも放映されたなんて、素晴らしいですね!
いろいろと教えていただきたいことだらけです。

「我が身に引きつけて」読んでいる、・・・と感じていただけたのは本当に嬉しいことです。私にとって、文学とは、良くも悪くもずっとそのようなものでした。
遠い研究対象で、脳の表面をかするようなものではなく、具体的な心の食べ物であり、咀嚼し、体内に取り入れ、私はそれによって自分自身の血や肉をつくっていると、そう感じています。
だから、本当に良いもの(文学)だけを食べたいと願っています。

『風姿花伝』は芸能について書かれた書でしたから、まさに踊りの道を悩みながらも歩んでいる私にとっては、「実用書」となってくれました。直接的、具体的に指針を示してくれる本です。

♪あし♪さんの引用して下さった部分も本当に心に響く、痛い一文です。以前、森鴎外の『高瀬舟』を読んだときに、「知足」・・・つまり足るを知る、満足するということを知る、という言葉と出会い、驚いたことがありました。それは、いつも「もっと、高く、もっと、遠く、もっと、もっと」と、求め続けてしまう私には無い発想だったから・・・。
我が身の分を知る、ということ。
きっと、より満足ができる人生を生きることができる道であるように感じます。やはり、一番いけないのは自分を過大評価し、慢心することですね。
等身大の自分自身を正しく認識して、自分の足許を見つめ、謙虚に稽古を重ねる、そういう風にしてしか、「まことの花」を咲かせることはできないのでしょうね。

そうそう、『風姿花伝』の中の「物まね」の部分もとても面白く読みました。「物狂」が最も面白い芸能である、「狂うところを花にあてて、心を入れて狂えば、感も面白き見所も、定めてあるべし」・・・とか、「神を演じるには鬼の風情で」・・・とか、具体的かつ、的確で、なるほど!!とうならされます。

これからも繰り返し読んで、美味しく食べて(笑)、心に身体に栄養を蓄えていきたいです。どうぞ、いい本があれば教えて下さいね。
2007/03/26 16:54 | mar(マル)   [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/98-fa82504c

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。