2017・10
<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/26 (Mon) 1111ライブ

*2007年3月24日(土)19:00~、21:00~
*1111(ノヴェンバー・イレブンス)にて。

土曜日の赤坂、1111にてライブを行いました。
始めての完全入れ替え制ということで心配したのです・・・。が、そんな危惧もどこへやら、Ⅰ部もⅡ部もたくさんのお客さんが見て下さって、客席からの熱気を身近に感じながら踊ることができました。本当にありがとうございました。
踊り終えた今、「楽しかったぁ…」という言葉が心の底からじわりと湧き上がってきます。
やはり、一週間前(たった一週間!?もうはるか昔のよう・・・。)の発表会の大舞台で踊ったときとは、舞台の大きさも、客席の近さも、ミュージシャンもすべて違っていて、まったく違う新鮮な緊張感を持って臨むことができました。
今まではオープニングや曲間やフィナーレにちょっと歌って踊って盛り上がって・・・というようなことをしていましたが、今回は「とにかくお互いに充実した一曲ずつをしっかり踊ろう。」と話し合い、一切そのような華やかなことをせずに、重いヌメロ(曲種)のみを、ずっしり並べてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<プログラム>
1、シギリージャ・イ・マルティネーテ(KT、346、mar)
 なんでこんな不思議な取り合わせの三人組でのミニ群舞になったか・・・というと、本当は出演する五人全員で踊るつもりだったのですが、この三人以外は練習時間が落ち着いてとれない、と、単にそのような理由なんです。でも、もう、この三人で踊る、ということはないかもしれないので、楽しかったし良い経験になりました。でも、あのせま~い舞台で三人で完全に一曲踊るのは日々一緒に踊っていたから何とかできたことで、ふつうは無理でしょうね・・・(笑)。

2、ソレア(JJ)
 心の友JJは、様々な事情で今回は出演できないかもしれないというギリギリで、一緒に出られることになり、私は本当~~~~に嬉しかったです。パワフルで、どっしりとしたJJの踊り、爆弾のよう、機関車のよう、野性味があり力強くて色っぽい。見ているとあまりの足の見事な動きっぷりに、うらやましさを越えて思わず笑顔になってしまいます。私と同じ曲を踊ってもこれほど違う魅力的な個性。ずっと一緒に頑張ってきた大切なJJと、こうしてまた一緒の舞台に立てたことが嬉しかった・・・。

3、ティエント(AZ)
 かわいいAZの、「けなげな踊り」(これは、うちのスタジオの仲間コンコンがおっしゃって下さった言葉。まさにその通りだなぁっておもって・・・。)を見ていると、愛おしくなります。踊るたびに良くなっていくので、「これからも、しばらくこのティエントを踊り込んでいったらいいよ。すごく良い振りだし・・・。」と話すと、ちょうど本人もそうしようと思っていたとのこと。忙しい仕事と踊りの狭間で辛いときも多いだろうけれど、これからもぜひ一緒に踊っていきたい、かわいいAZです。

4、ソレア(mar)
 今回、ギターを弾いてくれた「御大・T師匠」の提案で、私はギターとカンテサリーダのあと、完全に音のない無音の中をゆ~・・・・・っくり歩いて、舞台まで出ていくことになりました。たったそれだけのことがすごく大きな挑戦となりました。それこそ何というか・・・能舞台で幕が開き、橋掛かりを渡って舞台に出ていくような・・・。一歩ずつに全神経を研ぎ澄ませて集中してぐぅっっと、水のように重い空気の揺れを静かにかき分けてゆくような意識。そしてだまってただ舞台に立つ。
・・・踊りが始まれば、あとは、見ていただいたとおり・・・・語りすぎるのは止しましょう。
今の自分の精一杯・・・でした。
また踊る機会を与えてもらえたことに心から感謝です。また踊りたい・・・♪

5、カーニャ(KT、346)
 このナイスカップル(死語?)のパレハを、私たちは、別名「徒競走パレハ」と呼んでいました。同じ方向目指してまっしぐらの全力疾走、良い意味でお互いがお互いを刺激しあって、「負けるものか!!」と鼻息荒く踊っている。ほんと、いいカップルです。 なぜか見ていると、二人の日常の関係性がかいま見られて笑ってしまう・・・。御大・Tさんのギターの、出だしの部分の「ジャッ・ジャッ・ジャッ・ジャッ・ジャ~♪」という部分や途中の高い転がるような音での「ティロリロ・ティロリロ・リンロンロ~ン♪」(分かりづらいですね、スミマセン・・・。)っていう部分が、本当に本当に素晴らしくて、「そういうの弾いて下さい!!」といった346もお手柄でした。

6、フィン・デ・フィエスタ
 まずは温かい拍手につつまれてご挨拶。そのあと、346がメンバー紹介。
「今までは、ハイテンション・フラメンコと銘打ってやってきたこのライブ、今回は重くて暗くてスミマセン(笑)!ヘビー・フラメンコのゆうべでした。」
(でも、あとで「やっぱり充分に、ハイテンション・フラメンコだったよ!」と、キリコさんが言ってくれて・・・(´ー`;)ハッハ。いつも熱苦しい私たち。)
そして、楽しいブレリアのひととき。温かいお客さん、素晴らしいミュージシャン(御大Tさん、モレナ西さん)、熱いパルマとハレオで踊っているあいだ私たちを支え励まし続けてくれたクヘイジ、一緒に踊ったメンバー、・・・いい仲間がいるという幸福感の中で舞台を終えることができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<舞台を終えて・・・>

見てくれたみなさん、本当にありがとう!!

スタジオの仲間たちの笑顔、嬉しかったです。みんな、発表会から一週間だというのに、わざわざ足を運んでくれて本当にありがとう。ミセス軍団の麗しいみなさまの粋なハレオには励まされました。コメント送って下さったコンコン。舞踊団の敬愛するKMちゃん、心の友SKちゃん、そして、大好きなトモちゃんも!!名前を挙げきれないくらい大勢の仲間の親しい顔・顔・顔に囲まれて、嬉しかったです。
尊敬する「目利き・はらりん」も忙しい中来てくださいました。
私がまだヘタッピな頃から、ず~っと応援し続けてくださっているI先生、S先生たち。
かわいいお花を届けて下さった素敵なyoshikoさん、この場を通じて知り合えたまだ見ぬ素敵な方々。
阿木さん・宇崎さん、橋爪さん、ふくちゃん、かわいいなべちゃん(ドア係と美味しいチョコをありがとう!)、伊達男アサノさんはじめノヴェンバーのみなさん、ありがとうございました。
そして空、ありがとう!!
・・・あの場に来てくれて、温かい心で舞台を見つめてくれた人すべてに、感謝です。

これにて私の、「曽根崎in堺」「発表会」「1111」と続いた怒濤の3月舞台ラッシュが一段落。
堺で「曽根崎」を公演したのは、はるか、はるか昔のよう・・・・・・・。
充実した濃密な時間が流れていて、忙しかったけれど幸せでした。
今月立て続けに舞台に立たせてもらうことで味わった、様々な思いや経験が、私をまた少し成長させてくれました。(・・・と信じたい。)
心の中で、「どんな時間を過ごしたのか、何を得たのか。」を考察し、総括し、理解するまでには、まだ少しかかるかなぁ・・・かかるだろうなぁ・・・。
でも、なんだか、心に色んな種を、たくさん蒔くことのできた日々でした。
この種の中から、今後どんな芽が出てどんな花を咲かせてくれうるのかを楽しみに、これからのんびり水をやり陽を照らすような日々を過ごしていこうと思います。

とりあえずの予定は・・・、整体、髪を切る、部屋片づけ、コンタクト新調、からスタート。
そして、心の春休み中にやりたいことは、本を読む、映画を見る、音楽を聴く、桜の写真を撮る、美術館に行く、バレエに行く・・・できたら小さな旅をする、です♪
ウキウキウキ・・・♪♪

Σ(・ロ・ノ)丿・・・・!!
フラメンコの練習は・・・!?




・・・しますよ、もちろん(´ー`)ハッハ!

スポンサーサイト

comment

ライブ、お疲れ様でした。

観にいけなくてほんとにほんとに残念でしたが、観たら観たで、またまた長い長い感想文を書いてるだろう自分を想像して、またまた睡眠不足になっていただろうな、などと思ってました。マルさんの文章から、皆さんの素敵な素敵な踊りを想像してまぶたの裏に浮かべてます。

ほんと、駆け足で3月が終わろうとしてますね。充実した月でしたね。お疲れ様でした。暫らく、何も考えずに桜でも鑑賞してくださいな。笑

2007/03/26 22:42 | めめ★ [ 編集 ]

めめ★さま

めめ★さんの感想をうかがえないのはとっても残念ですが、(何しろ、前回のライブの時に書いてくださった、的を射まくった感想の素晴らしさに、みんな大よろこび!!めめ★さんがプリントしてくださったものは、今だ、ヒロ君先生の元から戻ってきません・・・。ヒロ君先生も大爆笑&感心しきりでした。)

いつもめめ★さんのお書きになるもの、本当に楽しみにしているんですよ。ガデスの舞台の感想(どちらも!)も、ヒロ君先生に見せたいなぁと思いながら読んでいました。ぜひ、帰国したらプリントして渡してくださいね~。絶対喜んでまた大爆笑!だと思うなぁ♪
(*`▽´*)

おかげさまで充実した月でした。しばらく春休み~♪のんびりした気持ちでいます。
2007/03/26 23:20 | mar(マル)   [ 編集 ]

このライブの感想はすでに自分の日記に書いたけど、marさんの日記を読んでまた感動が蘇って来ました。

やっぱりオープニングのシギリージャは素敵でしたよ。スローモーションでからみ合う黒い男女がミステリアスで美しかった。予想外の演出に「うわっ。やられた!」って感じでした。
「きっとどちらかがmarさんなんだろうなぁ」と思って見ていたら、次のソロが「ソレア」だったので「この方かも?」と考えているうちに、どんどん引き込まれていってしまいました。(イナバウアーすごかったなぁ)

次の「ティエント」を踊った娘はとっても可愛いくて優雅な雰囲気もあって素敵なのに、曲調に対して衣装が軽すぎるのが残念でした。引き立てる衣装って大事ですね。

そしてmarさんの「ソレア」が始まって「きた~~っ!」って感じ。
黙って立つって本当にかっこいい!存在感が無ければ無理なんだけど、みんなで考えた演出だったんですね。強烈なインパクトで本当に良かったです。
そして悲痛な「孤独」ではなくて、優しさの中で凛と佇む「孤独」を感じました。
自分の世界を表現する。・・・表現するんじゃなくてにじみ出るんだろうなぁ。

「カーニャ」って初めて見ました。勉強不足ですみません。ずっとリズムを追ってたんだけどわかりませんでした。
下世話な事を言うと、「きっと二人は付き合ってるよね!じゃなきゃ無理よねぇ!」なんて女子高ノリの会話で盛り上がってしまい、失礼いたしました。
それほど刺激的で美しい二人でした。きっと先生夫婦の指導だからこそ生まれたペアなんでしょうね。
とても稀少価値のあるお似合いな二人なので、ぜひペアの世界を極めてほしいです!!

「フィン・デ・フィエスタ」でようやく皆さんの眉間のシワもゆるみ、全員が笑顔で踊っていて、見ている私達も楽しかったです。
皆さん満足感達成感が伝わってきました。

私はヘビー系の曲が好きなので、今回の構成/演出はかなりお気に入りです。
今までは曲調がかぶらないように明暗をバランス良く分けたクアドロばかり見て来たので、「これもありだ!」と目からウロコです。
ただし、みんな揃って練習しなければ成し得ない完成度だと思うので、簡単にマネできるようなシロモノではありません。
信頼し合える仲間の存在が大きいですね。
オリジナリティがあって本当にすばらしかった。
一緒に見てたクラスの娘も「誘ってくれてありがとう!良いライヴ見せてもらった~!」と感動していました。

そして、私へのコメントまで書いてくれて恐縮です。
ファンとしてこれからもmarさんの踊りを観て行きたいと思うので、よろしくお願いしますね。

まずは一段落という事で、やりたい事をやっちゃって下さ~い!!!
(それらをこなすのも忙しそうですね・・・)
怒濤の一ヶ月、お疲れさまでした。
2007/03/27 11:10 | yoshiko [ 編集 ]

素敵な素敵な春を過ごされますよう
お祈りしています。

どの体験も、どの体験も
すべて
marさんの踊りを豊かにしてゆくでしょう。
それは、なんと素敵なことでしょう。

関西にお越しの際は
みるくをおもいだしてくださいませ♪
2007/03/27 12:10 | みるく [ 編集 ]

marさんあらためまして、ほんとに楽しいひとときをありがとうございました。発表会は前から観れないから、やっとやっとmarさんの本番が見られて大満足でした。ゆっくり心と体の疲れをいやしてリフレッシュしてくださいね。
2007/03/27 19:18 | たなぼたん [ 編集 ]

ライブ、お疲れ様でした!
とっても大満足な夜でした♪
ソレアもまた、大きな舞台で遠くから見るのとはまた違った印象でとても素敵でした。
登場と退場の時、特に能の雰囲気を感じました。
marさんのブラソ、本当に好きです♪

実は、コンコンさんのお隣(左側)に座ってました♪
もうドまん前で緊張しまくってしまいましたが、とても臨場感のある舞台でした。

またお会いできるのを楽しみにしています♪
2007/03/27 23:00 | KANA [ 編集 ]

☆yoshikoさんへ

コメントをありがとうございます!!
やっとのんびりしたゆったりした心で過ごせることをワクワクしながらいます。
しばしのオフシーズン、心に身体にまた栄養を蓄えていきたいと思っています。
今、窓の外は良く晴れていい天気!!ヽ( ´ ▽ ` )ノ ♪
庭にはしだれ桃が白とピンク、二色の花を咲かせています。大好きなCD(バッハ・ピアノ)を聞きながら、今日は何をして過ごそうかと楽しく考えながら、のんきにPCに向かう、こんな時間が大好きです。
(でも、お休みは、「期限付き」が良いですね、やっぱり。)

さて、あらためて感想をうかがえてとっても嬉しいです。
「シギリージャ」は、あのような狭い場所で三人で踊るのはかなり困難で、一人で踊っていても狭いのにましてや三人・・・。どうなることかと思いましたが、喜んでいただけて良かったです。346君が「僕たちならでは、というものをやりましょう。」と言って、それなら日々一緒に踊っている強みを生かして・・・と、あのような形になりました。
練習は、リハーサル前たったの1回!!それで、すごい勢いでもともと群舞で踊っていたものに手を加えて三人で踊るように構成をしました。(その後リハが3回ありましたけれどね。)
本番では、正直言ってⅠ部では細かな失敗が多かったのです。
「シギリージャ」は歌い手の歌をよく聞きながらその終わりを耳で汲み取ってレマーテを入れたりするので、お互いに息を合わせて「今だ!」と足を打たなくてはならない。でも、やや食い込んで入った方がいいのか、待った方がいいか、歌の伸ばし具合などによって2種類の正解ができてしまうことがある。そこで息が合わなくて、やや乱調になった時がありました。
でも、その、一瞬にかけるリアルな感じがまたライブならではの良さかもしれませんね。

JJのイナバウアーに驚かれたなら、いつかぜひ私たちの師である真由美先生の「反り」を見てみて下さい。これは、イナバウアーを越えてマトリックスの域です!
私の、「無音の中で出ていく」というのは、まずアイデアマンの346が提案してくれ、ギターを弾いてくれた御大T氏が「じゃぁ、サリーダまで演奏してからフェイドアウトしたるわぁ。」とまとめて下さいました。あの曲の流れにはきっと効果的であったように感じています。
そうそう、「カーニャ」のカップルは、本当にカップルなんですよ。やっぱり分かるんですね。(*'ー'*)♪

一緒に来てくださったお友達にもどうぞよろしくお伝え下さいね。
美しい笑顔のすてきなyoshikoさんにお目にかかれて嬉しかったです!ありがとうございました。
2007/03/28 10:20 | mar(マル)   [ 編集 ]

☆みるくさんへ

さまざまな経験によって、心がたくさん動いて、たくさん学んで、また成長することができる。
きっと人生はそういうことの繰り返しなのでしょうね。
傷つくことをおそれて経験を重ねることから逃げたくなるときも、勇気を出して様々な経験を重ねていきたいなぁと思っています。
特に今年は・・・!!頑張りますよ、私。

さて、みるくさんにとっても素敵な素敵な春になりますように!!開きはじめたたくさんの花、あたたかい光、そのようなものにつつまれて日々をお過ごしになれますように・・・。
2007/03/28 10:25 | mar(マル)   [ 編集 ]

☆たなぼたんちゃんへ

たなぼたんちゃんの笑顔とキラキラ☆な目に見つめられて、踊ることができて感謝してます。
来てくれて本当にありがとう!!
私も、発表会ではあわただしくてみんなの本番を見ることができないのが残念だと思っていました。
実はね、発表会の時とは、自分ではぜんぜん違う・・・と思いました。Ⅰ部はついつい会場に満ちたさまざまな熱い空気にあおられて、ついつい熱くなってしまい、反省しました。あのソレアは抑制が命、と思っているので、Ⅱ部の方が良かった・・・かな。(こんなこと言ってゴメン!!わらって許してね。)
でも、まぁ、その場の空気の中で熱くなるのもライブならではの楽しさですね!
2007/03/28 10:34 | mar(マル)   [ 編集 ]

☆KANAさんへ

あれれ!!
我らがジェントルマン、コンコンをご存じなのですね!
あ・・・そっか、発表会を見て下さったからですね。

満足していただけたようで嬉しいです。本当にありがとうございました。
登場とか、退場は、本当にその一曲の印象を決定しますね。ず~っと前に、師匠・真由美先生から「登場しただけで、『もう見たくない!』って思われちゃう踊りもあるんだよ。」というような内容のことをおっしゃっていただき、「そうか、なるほど、達人(?)なら登場しただけで『おぬし、できるな・・・!』という空気を舞台上に作り出せるに違いない。」と思ったことを思い出しました。
ヒターナの小さな女の子でも「いっちょまえ!」な感じで踊りますよね。ああいう、いっちょまえな腹の据わった感じ。いいですよねぇ・・・。
踊る上では、強い心で大きなものに立ち向かわないといけないのですね。勇気をもって、フラメンコと対峙していきたいです。

狭い舞台、狭い会場でのフラメンコは間近で楽しんでいただけるので大きな舞台とは違う魅力がありますよね。
どうぞ、また見にいらして下さいね~♪
(次は声をかけて下さいね!)
2007/03/28 10:42 | mar(マル)   [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/tb.php/99-74d62f54

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。