FC2ブログ
2019・11
<< 10 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 12 >>
2007/11/20 (Tue) ドウダン


2007_1113days0021.jpg
ドウダンツツジの紅い葉が空に向かって燃える炎のように光っていました。


2007_1113days0018.jpg




2007_1113days0025.jpg
桜の落ち葉を乗せて・・・。



2007_1113days0029.jpg
これはもう、葉というよりも、紅い花。



2007_1113days0031.jpg



2007_1113days0034.jpg


急に寒くなりましたね。
昨日は木枯らし一番だったとか。
寒いのが苦手な夏生まれの私は、すでにもう手も足もひんやりしてしまって困っていますよ。
こんな季節の必需品は、マフラーや帽子や手袋やコートetc・・・。
久々にクローゼットの奥から引っぱり出して、誰よりも早く冬らしい服装になっています。
私は、マフラーも帽子も大好きで、ついつい気に入ったものを見つけると買ってしまうのですが、そのためか、似たようなものがいくつも・・・(´ー`:)。(笑)
こうして一気に並べてみると、自分の趣味が見えたり、買い物のしかたを反省したり・・・。
でも、自分を温めてくれる「かわいらしいもの」がやっぱり大好きです。
寒いのは苦手でも、コートやブーツや、マフラーや帽子を身につけるのは楽しい♪
みなさんも、どうぞ、お身体に気をつけて、風邪など引かないように温かくしてお過ごし下さいね。


さて、明日は、中国から来た「千手観音」という舞台を見に行く予定です。
耳の聞こえないダンサーたちによる、美しい舞台。
ず~っと前にチケットを予約して待ちに待ってきたので、明日の本番をとても楽しみにしています。
「どうぞ、私の心に深く届き、染み渡り、強く揺さぶり、感動できるような舞台でありますように・・・」と、期待しているところです。

うちの先生たちも、そろそろスペインから帰国してくださるようだし、ジャズフェスティバルの舞台や、3月の発表会に向けての練習など、この冬も忙しくも楽しい日々は続きます。

秋の写真を載せ終わらないうちに、冬になってしまいそう・・・。
季節よ、そんなに急いで過ぎて行こうとしないで~~~~~!!
日々の過ぎゆく早さに、少々戸惑いながら、でも、そんな私の戸惑いは置き去りにしてお構いなしに、木々の葉は落ち、日に日に空気は冷たく澄んでいきます。
そして私も、そのスピードに気づかぬうちに押されるように、少しずつ前へ、前へ・・・と進んでいるのでしょう・・・。


 


2007/11/17 (Sat) 秋明菊

2007_1024days0119.jpg


2007_1113days0065.jpg


2007_1024days0121.jpg


2007_1113days0064.jpg


先日、宮城県に、日帰りでフラメンコのミニ公演にいってきました。
一緒に行ったのは、舞踊団のYY、KM、346、KT、ET。

きれいな秋晴れの空のもと、電車の窓から見える秋の終わりの東北の里山の景色が美しく、気付けば言葉少なに、窓の外を見つめていました。
葉を落とした柿の木に、まるで明るいランプのように柿の実がたくさんなっていました。
山は、赤や黄色に美しく色づき、青い空のもと、心をくつろがせるようなのどかな風景が続きます。
強行スケジュールでどこに寄ることもできなかったけれど、旅気分を満喫。
きれいに色づく葉や木々を見つめながら、途中下車して写真を撮ることができないのが残念でした。

カバンの中には、お菓子とお茶と、そして本。
たまたま入れたのが、大好きなヘッセの『車輪の下』。
私の心は、現実の東北の里山の秋の風景と、本の中のドイツの森の中の寄宿舎の少年たちの世界とを行ったり来たり・・・。
でも、どちらもすごく静かで美しく、私の心にぴったりとそぐい、私にとってはとても満たされて、幸福な気持ちになれる時間でした。

舞台では、もちろんみんなパワー全開でしたよ!
楽しい一日となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上に載せた秋明菊の写真は、家の近くとスタジオの近くで撮ったもの。
白い花びらと、中央の黄緑色のマルと、黄色い花粉が美しいですね。

さて、いまちょっと・・・かなり・・・忙しくなっています。
パソコンに落ち着いて向きあうことがなかなかできません。
撮った秋の写真、まだまだたくさんあるのにな~。冬になっちゃうよ~!!
コメントのお返事など、お待たせしてしまって本当にごめんなさい。
いつも見て下さって本当にありがとうございます。
寒くなってきましたが、どうぞ身体に気をつけて、お元気でお過ごし下さいね。


あなたの側にも、小さな白い花が、優しく咲いていますように・・・。



2007/11/12 (Mon) コスモス雑感

2007_1024days0110.jpg
この透きとおるような花びらの美しさがコスモスの魅力ですね。



2007_1024days0106.jpg
一面に咲いて細い茎が風に揺れています。


2007_1024days0112.jpg
やはり白い花に心惹かれます。とてもきれいでかわいい白でした。


2007_1024days0102.jpg


「さまざまのこと思い出す桜かな」
・・・と詠んだのは、誰だったでしょう。芭蕉だったかな?

秋の桜、と書くコスモスも、記憶の中のすべての秋に咲いていて、そっと思い出と絡み合って優しく揺れているように感じます。
どこか、懐かしさを感じさせてくれる花です。

「コスモスの写真を載せてください。」
と、Mちゃんからうれしいリクエストいただきながら、遅くなってしまいました。
あまり上手に撮れませんでした。コスモスはちょっとした風にも優しげに揺れてしまうので、撮るのが難しかったということもあります。
花とも、タイミングや相性、めぐりあわせがあるようで、なかなかコスモスを撮るチャンスに恵まれませんでした。
たいした写真ではないけれど、気に入ってくれるとうれしいな・・・。

さて。コスモスといえば思い出すのは・・・。
「か細さに コスモス手折る ことできず」
これは、高校生だったときに毎日自転車で一緒に下校していたいーちゃんが作った俳句。国語の授業で作って、投票で一位に選ばれました。
すごく上手だなぁと思ったのと、コスモスの花と彼女のイメージがぴったりだったので、今でも忘れられずに心に残っています。
今は二児の幼子の母になっているはずのいーちゃん。すっかり年賀状のやり取りだけになってしまいましたが、コスモスが咲くと、彼女の作った俳句と共に、高校生だった頃の記憶がよみがえります。

それからやはり、コスモス、といえば山口百恵さんのあの名曲、「秋桜」ですね。
(百恵さんというと、反射的に我らが阿木さん宇崎さん・・・と思ってしまいますが、この曲はさだまさしさんの曲だそうですね。)

♪こんな小春日和の穏やかな日は  
あなたの優しさが浸みて来る
明日嫁ぐ私に苦労はしても  
笑い話に時が変えるよ  
心配いらないと笑った

あれこれと思い出をたどったら  
いつの日もひとりではなかったと
今更乍(なが)ら我侭(わがまま)な私に  
唇かんでいます
・・・・
ありがとうの言葉をかみしめながら  
生きてみます私なりに
・・・・

歌詞を一部抜粋してみましたが・・・。
たった数行の短い詩の中に、優しげに揺れる秋桜と、小春日和の中の母と巣立つ娘の姿が浮かび上がり、なんだか涙ぐみたいような思いになります。
小春日和・・・って、優しげな語感の美しい言葉ですね。
二番の歌詞は初めて読みましたが、いい歌詞ですね。
うちの元気で若々しい母の姿とはちょっとタイプの違うけれど、「昔ながらの日本の母親」像には、DNAが反応して、やはり郷愁を覚えます。
(むしろ、祖母を思い出すのかもしれません。)


秋の光はなんだかすこし物寂しくて、そして優しくやわらかくて・・・。
そんな日だまりに揺れているコスモス。

みなさんは、コスモスでどんなことを思い出しますか・・・?



2007/11/08 (Thu) 紅い葉

2007_1024days0035.jpg
私のカメラの限界に挑戦!?
無謀なまでにハナミズキの葉に近寄ってみましたが、なんとか写りました。


2007_1024days0030.jpg
葉の落ちかけた桜の木。
一枚一枚の葉が光を透かし、まるでステンドグラスのよう。


2007_1024days0066.jpg
唐かえで。きれいに紅くなっていました・・・。


2007_1024days0029.jpg
桜の木にびっしりとツタが絡んで、色づいていました。
淡い色彩のグラデーションが光を透かし、きれい。


2007_1024days0068.jpg
秋ですねぇ・・・。 ほうっ・・・と、ため息が出ます。


2007_1024days0072.jpg
花もきれいだけど、秋の主役は色づく葉っぱですね。



この写真すべて、職場をかこむ森で撮りました。
森に囲まれているのです・・・・。
幸せです。
気持ちよく仕事をして、天気がいい日は休憩時間にちょっと外に出れば、美しく色づく木々の中を、落ち葉を踏みしめて歩くことが出来るのです。
静けさの中、鳥のさえずりすら聞こえてきます。
いつも持ち歩いている小さなデジカメを手に、写真を撮りながら、「私はラッキーだなぁ、こんないい環境で仕事が出来て・・・。」と、感謝の気持ちが湧いてきます。

今年は特に、紅葉を美しく感じます。
(去年は、さくらも、ケヤキも、かえでも、みんな茶色っぽくなってしまい、あまりきれいじゃないように感じていました。)
夏の気温との差や、さまざまな気候条件で、紅葉の美しさも年ごとに違います。
今年は、夏が特別暑かったからでしょうか、紅葉が特別に見事ですよ。
みなさんも、どうぞ、時期を逃さずに美しい紅葉を楽しんでくださいね・・・。

紅葉した葉っぱを美しく見るコツは、葉の下に潜り込んで、逆光で見ることです。
そうすると、葉が、光を透かして、ステンドグラスのように美しく見えますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

車を運転して、桜並木やケヤキ並木を通ると、その葉が光を受けて、赤や黄色やオレンジに輝く様に目を奪われます。


季節は毎日移り変わっていくので・・・。
「美しい」と感じた、その日、その瞬間を逃さずに、よ~く見つめたい、そして写真を撮りたいなぁ、と願います。


2007/11/05 (Mon) 天使の仕事

2007_1013days0151.jpg
この花びらのフチに、きれいなバラ色のペンで色をぬったのはだぁれ?
「自然」を創ったものの仕事は、丁寧で繊細で、そして完璧。



2007_1013days0152.jpg
「あなたに喜んでもらいたくて、ここに花を咲かせたよ。
咲いているあいだに、あなたが見つけて見つめてくれて良かった・・・。」
ニッコリ!

花びらを一枚ずつ赤くぬり、一枚ずつやわらかく重ねた天使は、
小さな笑顔のためだけに、一輪の薔薇を咲かせました。


2007_1013days0134.jpg
「これも気に入ってくれるかな・・・?」
白いちいさな一重の薔薇も、ひとつずつそっと咲かせます。



2007_1013days0125.jpg
 夕焼け色、アンズ色、レモンティーの色
暖かい色、おいしい色。
「寒くなってきたね。これを見て温まってね。」


2007_1013days0142.jpg
こんなかわいい花の連なり・・・。
ポンポン、フワフワ、ロイヤルミルクティーの色。
「これ見てあなたが『わぁ♪』って目を丸くしてくれたら、それだけで幸せ。」


2007_1013days0159.jpg
レモン色の光で出来た大きなフワフワの薔薇。
「大好きなあなたのためだけに咲かせたよ・・・。」



美しい花を見ると、「誰かがこれを見て喜んで、笑顔になってくれますように・・・」と、一生懸命手入れをして咲かせた人の、愛情を感じます。
この場合、薔薇を咲かせてみんなを幸福にしてくれた天使の仕事を代行してくれたのは、新宿御苑のスタッフさんでしょうか・・・。


以前、阿木耀子さんが「エンジェルワーク」についてお話ししてくださいました。
「天使がたくさんいて、この世に『美しいもの』を生み出したい、っていつも願っているんだけれど、自分では肉体を持たないから実行することが出来ないの。だから、人間の心に働きかけて、『美しいもの』を生み出す手助けをする・・・。そうやって、気づかぬうちに天使の手助けを受けて生み出された美しい仕事を、『エンジェルワーク』って言うんですって。」


・・・初めてこれを聞いたときは、
「ええ~~??阿木さんって、ロマンティストなのね・・・(´ー`;)ハッハ」
と思ったけれど、あとで何度もこの言葉を思い出し、なるほど、と深く心に感じることが多々ありました。
人知を越えて奇跡のように美しいものが生まれることがある。
真に美しいものが生まれようとするとき、不思議なほどすべてがうまく運んでゆくときがある・・・。
 
美しい芸術作品が生み出されるとき・・・。
それはもう、人間の能力の範疇を越えた奇跡のような輝きを放つことがあります。
絵画然り、文学、音楽、舞踊・・・・。
たとえば紫式部の『源氏物語』。1000年も前に生きた、たった一人の女性の中から、あの曼陀羅のような宇宙的拡がりを持つ物語が生まれたことは奇跡。(いまだに『源氏物語』のスケールを越える文学は日本には誕生していないように感じます。)
バッハの音楽は星々の運行の奏でる階調と調和して響き合い溶け合う。
モネの描き続けた睡蓮の庭のみずみずしさ・・・・。
ガウディの残したあの美しい建物はまるで生命体のように今も息づく・・・。
このように素晴らしい芸術作品を生み出す芸術家の仕事はみんな、阿木さんの言葉を借りれば「エンジェルワーク」かもしれませんね。

そして、マザー・テレサのような愛に満ちた偉大な仕事もまた、そうでしょう。
マザーが、よくご自身を「私は神さまの鉛筆」とおっしゃっていたことを思い出します。


「エンジェルワーク」はきっと大げさなことではなく・・・。
赤ちゃんを産み、そして愛を持って育てるお母さんの日々のいとなみ。
絵本を読む優しい声・・・。
愛する人のために作るあたたかい食事・・・。
友達同士で笑顔で交わすあいさつ・・・。
こんな小さなところにも、天使の働きがあるようです。


新宿御苑の薔薇が美しく咲くまでに・・・そしてそれを見た人の喜びと笑顔のために、その背後にどれほど根気のいる心の込もった仕事があったのでしょう。
そう思うと、それはやはり「エンジェルワーク」なぁ、と感じます。


明日もどこかで誰かの小さな花のような笑顔が、誰かを少し幸せにする・・・。
そして、どこかで、小さな薔薇がまた一輪開くのでしょう。


 



2007/10/24 (Wed) ランタナ

2007_1013days0217.jpg



2007_1013days0238.jpg



2007_1013days0230.jpg



2007_1013days0236.jpg


2007_1013days0228.jpg


この、おもちゃのようにかわいいお花はランタナ。
最近よく見かけます。
中南米原産で、クマツヅラ科の常緑小低木。

つぼみは四角い星のよう。
花が内から外に色を変えながら、まぁるく寄せ集まって咲いています。
本当に、よくまぁ、こんなにもかわいらしく咲けるものだと・・・!!
こんなにかわいい花のかたちや色を創ったのはいったい誰?
何のために?
人を喜ばせるためかしら。
暗い気持ちの日にも、こんなにかわいい花を見たらついつい笑顔になりますよね。
私を幸せな気持ちにしてくれる花のかわいらしさに「感謝!!」です!

上の写真は、ときどき行くおいしい天然酵母のパン屋さんの前で撮りました。
「かわいい!かわいい!!」
と思い夢中で撮っていたら、気付いたら似たような写真ばかり大量に・・・。(笑)
パンの袋を手に持ったまま、写真を撮ることに真剣になって花に顔をくっつけんばかりにしていたら、小さな子供が不思議そうにじっと私を見つめていました・・・。
目があってニッコリ!
実はまだまだランタナ写真はたくさんあるんです。(どんだけ~?)
とりあえず良く撮れたような気がする(?)ものを選んでいくつか載せてみました。

これを見てあなたが、ちょっぴり笑顔になってくれたら、私はと~っても幸せです。



2007/10/19 (Fri) 散歩道

秋の散歩道で出会った花さまざま。
これを見てほっと一息、ついてくれたら嬉しいです・・・。

2007_1013days0272.jpg
朝顔は、夏の花というよりむしろ、この季節によく見かけます。



2007_1013days0274.jpg
ブルーがとてもとても美しかった・・・。


2007_1013days0271.jpg
薄紫の朝顔。透明感は何と言葉にして良いのやら・・・。



2007_1013days0297.jpg
小さな菊がたった一輪。なんだか心惹かれます。



2007_1013days0306.jpg
こちらはにぎやかに、かわいらしく。



2007_1013days0302.jpg
へちまくん。びよ~~~~~ん♪



2007_1013days0317.jpg
紫式部。



2007_1013days0299.jpg
ブルーの花。名前はなあに?


書きそびれてしまっているいくつかの楽しい出来事がありました。

①新宿御苑へのお散歩
…伊勢丹でおいしいお弁当を買って行きました。
色々写真を撮りました。バラがとってもきれいでした。
今度また載せますね。

②あやむちゃんの家で夕食!
…高校からの親友と、そのかわいい二人のちびっ子と、楽しいひととき。
ごちそうさまでした!

③小松原庸子スペイン舞踊団
「第一回 日西フラメンコの祭典~アンダルシアからNIPPONNへ」
を見に行きました…。
イサベル・バジョン、ホアキン・グリロ。
二人とも正直言って、前に見たときの方が良かった。
ホアキンに関しては色々思うところあり。機会があったらまた書きたいです。
小松原舞踊団のみなさまは、モデルのように背も高くお美しく、
私たちの苦手なバタにパリージョを、見事に使いこなしていらっしゃいました。
お・み・ご・と!( ̄ー ̄;)・・・。

④渋谷で映画「幸せのレシピ」
これは以前見た映画「マーサの幸せレシピ」のリメイク。
こちらも充分に良い映画で楽しめました。
舞台がヨーロッパからアメリカに移ったかんじ。
主演のキャサリン・ゼタ・ジョーンズがよかった。
女の子役は「リトル・ミス・サンシャイン」の主演の子。さすがにうまい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このようなわけで(?)、秋を満喫中です。


それではみなさん、どうぞ良い週末をお過ごし下さいね!
私は、練習&さまざま・・・の予定です。

今日もこれから練習に行ってきます!
ではまた。
ヽ( ´ ▽ ` )ノ see you soon♪


2007/10/15 (Mon) 十月桜

2007_1002days0022.jpg
これはなあに?


2007_1002days0015.jpg
これはさくら。
十月桜。
今、まさに咲いています。


2007_1002days0024.jpg
春のさくらのような華やかさはないけれど。
小さな花が秋の空のもとであかちゃんの爪のような花びらを、
楚々として咲かせています。

2007_1002days0028.jpg
十月桜の下には仏さま。
夢見るような優しいお顔で、じっと考えていらっしゃる。


2007_1002days0029.jpg
仏さま、仏さま・・・・。

入院中の小さなヒロ君が、
元気に退院できますように・・・・。
小さな身体で堪え忍ぶのは、とてもとてもかわいそうです。
どうぞ、守ってあげてください。

http://wishuponthemoon.blog62.fc2.com/blog-entry-51.html
↑ヒロ君のママのブログです。

1歳過ぎてまだ間もない、かわいい甥っ子のヒロ君は、10月に入ってから体調が悪く、
一日に多いときは15回もの痙攣を起こしてしまうときもあります。
そのため先週の金曜日からまた入院しています。
どうぞパワーを送って下さいね。




カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mar(マル)

Author:mar(マル)
☆大切なこと
「真・善・美」な道を求めて日々成長すること。

☆好きな言葉
「世界と人生を愛すること 
苦しい時にも愛すること 
太陽の光を感謝して受け取ること 
苦しみの中でも微笑を忘れないこと」
(ヘルマン・ヘッセの言葉) 

☆好きなこと
・空が好き。
・本(古典・純文学系)が好き。
・きれいな音楽が好き。
・いい映画や、美術、旅行も好き。
・木に咲く花が好き。
・花の写真を撮ることが大好き。
・色々考えることが好き。
・文章を書くことも好き。

☆好きな本
・ヘッセ『デミアン』『春の嵐』
・リルケ『若き詩人への手紙』
・高村光太郎『智恵子抄』
・三浦綾子『道ありき』『氷点』『泥流地帯』『塩狩峠』
・倉田百三『出家とその弟子』
・ドストエフスキー『白痴』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』
・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』
・トーマス・マン『トニオ・クレーゲル』
・ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
・サンテグジュペリ『星の王子さま』
などなど。

☆好きな映画

『初恋の来た道』『ポンヌフの恋人』『ローマの休日』『アメリ』『父と暮らせば』『ノッティングヒルの恋人』『ライフイズビューティフル』『ベティーブルー』『存在の耐えられない軽さ』『嵐が丘』『LOVERS』『汚れた血』『イングリッシュペイシェント』『エトワール』『風と共に去りぬ』など

☆好きな音楽

・グレン・グールドの弾くバッハ(特に『ゴールドベルク』)
・マドレデウス

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード